新聞報道

2017年4月12日 (水)

[報道] 2017年3月、第2師団で不祥事報道2件

陸自隊員2人を懲戒免職 隊員の親睦会費など横領
北海道新聞 03/07 05:00
 【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は6日、第2特科連隊(旭川)所属の男性3等陸曹(33)と、同連隊所属の男性陸曹長(50)をそれぞれ 懲戒免職 処分にしたと発表した。
 同師団によると3等陸曹は隊員の親睦会費などの会計係だった2015年9月~16年9月、約20回にわたり計約36万円を横領し、飲食代などに使ったという。
 また、陸曹長は昨年5~8月に隊員有志から集めた飲み物代の購入費のうち、4回にわたり計3万4千円を横領し遊興費に充てたという。
 いずれも警務隊が業務上横領の疑いで旭川地検に書類送検したが、昨年12月に起訴猶予処分となった。3等陸曹と陸曹長は、既に全額を弁済している。

++++++++++

現金盗んだ隊員 懲戒免職
 【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は27日、同僚隊員から現金を盗んだとして、第25普通科連隊(オホーツク管内遠軽町)所属の男性陸士長(23)を同日付で 懲戒免職 処分にしたと発表した。
 同師団によると、陸士長は旭川駐屯地内で自動車運転の教習を受けていた昨年9月と11月の2回、同僚隊員2人の財布から現金計5万円を盗み、遊興費などに使ったという。現金がなくなったことに気付いた隊員が上司に相談し、発覚。陸士長はその後、全額を弁済した。
 警務隊は1月18日、窃盗の疑いで旭川地検に書類送検し、同24日に 不起訴処分 となった。

|

[報道] 陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求

陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求
北海道新聞 04/12 17:00
 【旭川】陸上自衛隊第2師団第2特科連隊(旭川)所属の男性2等陸曹=当時(40)=が訓練中に心停止となり、その後死亡したのは国が 安全配慮義務 を怠ったためとして、死亡した男性の遺族が、国に約1億750万円の損害賠償などを求める訴訟を旭川地裁に起こした。
 訴状によると、男性は2011年1月8日、旭川市内の近文台演習場でスキー機動訓練を実施中、急性心筋梗塞を起こし、搬送先の病院で4日後に死亡した。訓練は氷点下10度の気温の中、6キロの距離を約1時間で移動する内容で、死亡したのは強度の身体的負荷が原因としている。提訴は2月20日付。
 遺族は公務災害の認定を求めていたが、15年に「非該当」とされた。
 防衛省は「現役隊員が亡くなったのは誠に遺憾。訴訟は継続中で回答は差し控える」としている。

|