戦争法制

2017年6月27日 (火)

2017年6月18日陸自第2師団創立67周年等記念行事:見たまま聞いたまま

2017年6月18日に旭川駐屯地で行われた「第2師団創立67周年、旭川駐屯地開設65周年記念行事」を見に行きました。見たまま聞いたままを書きます。

Img_0307
旭川駐屯地正門

Img_0310

Img_0313
模擬店コーナー

例年、模擬店コーナーのメイン通路を挟んで両脇に並んでいた模擬店が、今年は片側のみ。半減しているように思います。部隊ごとに出店していたので、今年は出店しない部隊が多くある、ということでしょうか?理由は不明。縮小傾向?

Img_0869
自衛隊PRコーナー

子ども達向けのPRコーナーは拡大傾向。とにかくどのテントでも何かもらえる、撮影できる。

Img_0870

Img_0871

Img_0872

テントの奥のほうでは中高生?くらいの子ども達が弁当食べながらVTRを見ていました。

Img_0874

子ども連れで歩いていると、すかさず広報官が勧誘の声かけてくる。

観閲式

Img_0323
観閲式

隊員1200名が整列し、観閲式が始まる。観覧席には来賓がズラリ。アナウンスを聞いた範囲では、

●自民党・自民会派
今津寛衆院議員(道比例)、佐藤正久参院議員(元自衛官)、宇都隆史参院議員(元自衛官)、鈴木貴子衆院議員(道比例、新党大地)

●民進党
佐々木隆博衆院議員(道6区)

…が出席。ウェブ上にはこんな書き込みも(↓)。

201706182

上記の他、道議会議員多数。地元旭川市選出道議では6人中5人(共産党真下道議を除く5名出席)が出席者としてアナウンス。市町村長では西川将人・旭川市長はじめ周辺自治体首長が出席。来賓を代表して西川市長が挨拶していました。

観閲式での第2師団長式辞では、屯田兵以来の歴史を、第七師団→警察予備隊→第2師団と紹介し、「北の守り」を強調。具体例に挙げるのはここでも災害救助。旧陸軍と自衛隊は組織の連続性は無い、というのが公式見解のはずですが、北鎮記念館の展示もそうですが、こうやってあらゆる場面で「北鎮魂の継承」を強調。いかがなものかと。災害派遣での活躍は大いに歓迎すべきところですが、海外派兵を隠すかのように災害任務押し出しは、誤魔化しのようにも聞こえます。どんなときでも1時間以内に出動する、という「1時間」が印象的でした。

西川旭川市長の挨拶でも、災害派遣への期待と、留守家族支援が強調されましたが、旭川市が旭川駐屯地と結んでいる留守家族支援協定では海外任務も対象としていることにより、やはり着々と海外派遣への準備が進んでいることを意識せざるを得ません。

F-15J飛行展示、観閲行進

Img_0353

Img_0367

千歳・第2航空団のF-15J戦闘機2機が住宅密集地のど真ん中にある旭川駐屯地上空をフライパス。

Img_0422

車両の行進に先立ち、新隊員たちが小銃を持ち行進。以前は無かった印象ですが、ここ最近始まったのでしょうか。

Img_0443

これも以前は無かったと思いますが、車両側面に説明表示が貼られ、親切。ミリタリーマニアには不評の様子。

Img_0456

導入以来、毎年10式戦車を見れるが、やはり行進時の「日章旗」掲揚は旧軍を想起させる。自衛隊旗として「日章旗」を使うことはやめるべき。

Img_0459

回転翼航空機は8機が投入された。

訓練展示(模擬戦闘)

訓練展示は例年通りの設定で行われましたが、例年と異なったのはドローンの投入でしょうか。

Img_0621

観客からどよめきが上がったドローン登場。


Img_0509

リペリング降下。

Img_0665

99式155ミリ自走榴弾砲が空包射撃。観客のすぐ前に居る車両は空包射撃せず「ふり」だけで、奥の木の陰に居る車両が空包射撃する。どういう配慮かは不明。

Img_0728

走りながら空包射撃する10式戦車。

Img_0770

機関銃を空包射撃しながら突っ込んでくる装輪装甲車。

Img_0811

戦車と「歩兵」の連携。

装備品展示

Img_0830

Img_0834

10式戦車はロープが張ってあり、他の車両と異なり展示が規制されていました。

Img_0836

10式戦車の履帯(無限軌道)のゴムパッド。

Img_0841

車体は三菱重工製、砲塔は日本製鋼所製。第2師団が部隊実験しているC4Iシステムを標準装備。1両9・5億円。

Img_0850

一方、90式戦車では子ども撮影会。

Img_0849

74式戦車を間近で見れる機会も少ないのか。

Img_0846

こうやって戦車3世代そろっているのを見れる駐屯地開放も珍しいのでしょう、きっと。

一方、装備品展示コーナーの片隅では例年、小銃と機関銃の展示が行われ、数年前まで子どもら触り放題でしたが、この間、銃刀法抵触することが告発され、触れぬように規制されていました。いよいよ今年は…

Img_0866

小銃と機関銃の展示自体が無くなりました。また、C4ISR関係の装備品も展示されていなかったと思います。展示内容の微妙な変化が気になります。

勝手に騒音ランキング

以下は、見に行ったメンバーのまったくの主観でお届けする騒音ランキング。元々、当会が第2師団長に宛てて送った要望書では、住宅密集地で小中高校や福祉施設・病院等に隣接する旭川駐屯地で空砲射撃や飛行訓練は止めるべき、と問題提起してきました。実際に体験した上で、改めてご紹介。

●騒音うるさいランキング 第1位
Img_0816
155ミリ自走榴弾砲の空包射撃

体感では、やはりダントツでこれが一番うるさい。しかも「ズドン」と身体に響く。

●騒音うるさいランキング 第2位
Img_0479
ヘリ低空飛行

真上を飛ばれる不安もそうですが、低空度合いもあり、やはり騒音大きい。

●騒音うるさいランキング 第3位
Img_0367_2
F-15J戦闘機

高度と速度の関係でしょうか、フライパスするだけ、というのもあり第3位。ただし上空を飛ばれる不安感ではダントツ1位だと感じます。

●騒音うるさいランキング 第4位
Img_0728_2
戦車砲の空砲射撃

74式戦車はやはりそこそこの大きさでしたが、10式などは「パスッ」と小さめ。消音装置とか付いているのかと思うほど。

●騒音うるさいランキング 第5位
Img_0778
機関銃の空砲射撃

以上見てきたように、やはり空砲射撃と飛行展示をやめれば、相当騒音を軽減できると思います。「実力」をこういう形で誇示するのではなく、記念行事のあり方も、憲法に立ち返りそもそものところから再検討すべき時に来ているのではないか、と思います。そもそも、住宅密集地にいつまでも駐屯地を置いておくことこそ再検討していただきたい。

Dbrphgeuwaaxzhj

なお、6月9日付で送付した第2師団長宛「要望書」への回答は、6月27日現在、未だ届いていません。

ご意見、ご感想、「この記載は事実と違う」などのご指摘等は peace_asahikawa@yahoo.co.jp までメールでお寄せください。





|

2017年5月25日 (木)

2017年 陸上自衛隊第2師団創立記念行事(6/18)にF-15Jイーグル来るとの報。市街地上空飛ぶな反対!

5月16日に陸上自衛隊第2師団公式サイトが更新され、今年6月18日に予定されている同師団創立67周年記念行事の要項が公開されました。

20170618

ポスターに大きく描かれているように、今年もF-15Jの飛行展示が予定されているとの事。ここ最近、旭川上空をF-15Jがフライパスするのは、記憶と記録に間違いがなければ、

2004年 旭川航空祭
2012年 第2師団創立62周年記念行事

の2回。2015年にも計画されていましたが天候不良で中止になっています。

20170618f15j

過去、F-15J飛行展示が計画された折、私ども旭川平和委員会は第2師団長宛に何度も申し入れを行いましたが、住宅密集地上空を低空でフライパスするという飛行展示は行うべきでない、ということを改めて申し上げたい。

ところで、旭川駐屯地開放の際に通常行われているスケジュール以外の「目玉」を持ってくる例がここ10年多くなっていることを、一方で自衛官募集への応募率低下へのテコ入れかのように思えてなりません。以下は手元のメモをもとに列記(間違い、欠落があればご指摘ください)。

2016年 ブルーインパルス飛行展示
2015年 F-15J飛行展示→天候不良で中止
2014年 通常
2013年 通常
2012年 空挺降下・F-15J飛行展示
2011年 中止
2010年 ブルーインパルス飛行展示
2009年 空挺降下→天候不良で中止
2008年 通常

中止となった2011年を除き過去8回中5回は「目玉」が計画されています。住宅密集地上空を低空でジェット機が飛ぶ飛行展示も3回。それを「見たい」とする市民やマニアの方々はよいでしょうが、当該地域は住宅街のど真ん中。真上を飛ぶジェット機の姿や騒音に不安を覚える市民もまた多くいるのです。もちろん墜落・部品落下事故等の危険もあります。

私どもは今回も、F-15J飛行展示および訓練展示での空包射撃訓練・ヘリ低空飛行の中止を求めます。

なお、開催要項は次のとおり。詳細は第2師団公式サイトをご覧ください。

20170618_2

みなさんのご意見をお聞かせください。
ご意見・ご質問等はメールでお願いします。

|

2017年5月 9日 (火)

2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWAに700名が参加

護憲の願いを目一杯持ち寄って開かれた「2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWA」が晴天の憲法記念日である5月3日、旭川市中心街で集会とデモが行われ、立場や所属の違いを超えて市民700名が参加しました。

C8p0beaumaq8w_i

トーヨーホテルで開かれた集会では主催4団体(あさひかわ9条の会、あさひかわ東地区9条の会、あさひかわ西地域9条の会、A.F.M.A.)を代表して弁護士の菅沼和歌子さん(あさひかわ9条の会代表委員)が挨拶。ついで西地域9条の会、東地区9条の会、A.F.M.A.からそれぞれ決意表明が行われました。

決意表明のうち、A.F.M.A.代表YUMAさんのスピーチをご本人の了解を得て以下にご紹介します。

++++++++++++++++++++

憲法集会にご参加のみなさん、こんにちは。AFMAのYUMAと申します。
えー。たぶん、私の事を見たことある人は、ほとんどいないと思いますが、昨年の秋から縁があって旭川に参りました。新参者ですので、こんな大きな集会でAFMAの代表としてお話させていただくのは、大変恐縮しますが、どうか聞いていただければと思います。共謀罪が成立したら、こうした集会も制限されるんでしょうか?

私はいま、病院で事務職員として働いています。日々、窓口で患者さんと接していると、厳しい生活実態を目の当たりにする機会が多くあります。みなさんは、生活が苦しいと何のお金を節約しますか?どんなにお金がなくても住む場所と食事は最低限無いと生きていけないと思います。衣・食・住をギリギリまで切り詰めても、生活が苦しい人は、最終的に保険料が払えなくて保険証を取り上げられます。結果、体調は悪いけど、お金がないからギリギリまで我慢した結果、動けなくなって、病院に救急車で運ばれてくる方を私は何度も見てきました。また、全国ではその結果、治療が間に合わず、亡くなった患者さんもたくさんいます。

憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。病気や怪我をしたら、病院で治療するのが当たり前ですよね。でも、それすら満足に受けられない今の現実があります。

自民党の改憲案を見ると、まず「自助」=自分の事は国に頼らず自分で賄う。いわゆる自己責任です。次に「共助」=「自助」でできないことは、家族や近所の人で助け合う。それでもだめなら「公助」=「自助」「共助」ではやっていけない人に限って、限定して公的支援を行う。介護の世界では、いま、これがどんどん進められようとしていて、要支援1・2という比較的介護度の低い人達の、支援と利用料負担をターゲットにした、大幅な給付削減・負担増案の検討は現在進行形で進んでいます。

そもそも、自助とか、自己責任とか言う前に、軍事費を下げて、医療や介護、保育や教育などの私たちの生活に直結するものにお金使うべきじゃないでしょうか。2017年度予算でも軍事費、過去最高っていわれています。みんなの暮らしに税金つかえ!って思います。

まぁ、そうはいっても、正直、買い物通りで署名集めたり、デモを行っていると、心が折れることも多いです。あー、街中を歩いている人、全然話聞いてくれないな、そもそも関東に比べて歩いている人少ないなって思います。一方で生活は苦しいし、難しいことはわからないし。自分一人の力で何ができるんだろう、何か変わるのかなって不安になることは多いです。でも、声をあげないと、今よりもっともっと生きづらい世の中にされてしまう。僕が大事にしたい、「憲法25条」も「公益及び公の秩序」が「人権」よりも優先される世の中になってしまう。平和が大事なのに「9条」が変えられてしまう。そんなのいやです。だから、この集会に参加しています。しかも、僕は一人じゃありません。AFMAの仲間がいます。

昨年の9月19日、駅前でAFMAの戦争法反対のデモが行われました。ちょうど、僕は旭川に来たばかりで、買い物通りでやっていた、食べマルシェに遊びに行ってました。そこで、デモ行進をみて、旭川でも「戦争反対」と声をあげている仲間がいると知って参加したのがきっかけです。私自身、一昨年の戦争法案に反対する国会前行動には何度も参加してきましたし、同じ思いをもった人達と旭川でも出会えたことをとても嬉しく思いました。AFMAに限らず、北海道で活動している皆さんを尊敬するのは、あの真冬のマイナス気温の中で、雪にまみれて署名や宣伝行動を行う、その熱意です。生まれて今まで、雪国で冬を迎えた事が無い僕には驚愕の事実でした。

ご存じの方も多いと思いますがAFMAは「Anti-Fascism Movement in旭川」。ファシズムに反対する旭川の集団、という意味でして、多くの国民の思いを無視して、戦争法を強行採決し、共謀罪を強行採決しようとし、憲法改悪を押し通そうとする、今の安倍政権は本当にファシズムのカタマリですよね。断固反対します。

ここにお集まりのみなさんは、さまざまな思いをもって参加されていると思いますが、「戦争反対」「憲法守れ」の思いでは、一点共闘していると思います。同じ思いの方と同じ時間を共有できる事に励まされます。そして、今日は全国で同じような思いで集会やデモを行っている仲間がいます。そのたくさんの方の存在に勇気づけられます。同時多発的に、全国各地で、行動し続ける事は大きな意味があると思います。僕は一人じゃない、私達は一人じゃない。僕達一人一人の力は「微力だけど無力ではない」。そう信じています。共にがんばりましょう。ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

Dsc_2273

会場は各9条の会など関連団体のメンバーの他、一般参加の方々(全市配布のフリーペーパーに大きな告知広告が掲載された)や、市内高校放送部の取材もあり、熱気にあふれていました。

集会後、便宜的に全体を3グループに分けデモ行進し、旭川市中心部でアピールしました。A.F.M.A.の若者や一般参加者は第3グループ。サウンドトラックを先頭にデモ行進しました。

Dsc_2288

Dsc_2284

Dsc_2292

Dsc_2304

Dsc_2317

デモは10代・20代・30代と重層的なトラック上のコールメンバーの声にこたえ、デモ隊列から、時折沿道からも声があがり、注目を受けました。旭川平和委員会は集会・デモの趣旨を全面支持し、個々の会員が参加者として、また要員として集会・デモの成功のため尽力しました。

集会とデモの様子は「北海道新聞」「赤旗」で報道されました。

1494319642313
●「北海道新聞」旭川上川のページ 5月4日付

20170509
●「赤旗」北海道東北のページ 5月9日付

|

2017年4月29日 (土)

【告知】5月27日(土)南スーダンPKO「日報」問題でA.F.M.A.が講演会開催

安保法制に反対する活動を続ける旭川の若者グループA.F.M.A.(アフマ)が、2017年5月27日(土)夜にジャーナリストで『平和新聞』編集長の布施祐仁さんを講師に招き、自衛隊南スーダンPKO「日報」問題を巡る一連の問題を解明する講演会を開催します。

1492951043623
▲講演会のフライヤー

講演会では昨年防衛省に対し「日報」の開示を求め情報公開請求を行った布施さんが、当事者として、また自衛隊取材の先頭を歩むジャーナリストとして「南スーダンPKO」について、「日報」で明らかになったこと、「日報」を機に露呈された防衛省の諸問題等々について詳しくお話します。

C74uiexqaebsl3
▲布施祐仁さん

講演会の開催要項は次のとおり。
+++++
演題 「日報」はどうして隠された?~検証!南スーダンPKO派遣・隠された「日報」の真実~
日時 5月27日(土)午後6時開場、午後6時30分開演
場所 旭川市ときわ市民ホール4階多目的ホール
講師 布施祐仁さん(ジャーナリスト・「平和新聞」編集長)
入場 資料代500円
主催 A.F.M.A.
+++++
なお、集会を妨害する目的での参加はお断りとのこと。
現元自衛官やご家族のみなさんが関心を持って参加くださるのは大歓迎とのことです。
お誘いあわせの上、ぜひ参加ください。

|

2017年4月22日 (土)

2017年4月19日 辺野古新基地反対・沖縄と旭川連帯する街頭スタンディング

4月19日夜、小雨降る北海道旭川市中心街で「辺野古新基地建設反対・沖縄と旭川を結ぶ街頭スタンディング」が行われ、市民40名が参加しました。

Imgp4296

呼びかけたのはレッドアクション旭川と「9・19を忘れない」街頭スタンディング有志、安保法制反対若者グループA.F.M.A.など。平和委員会の会員や平和新聞読者も主催側に加わり、積極的に参加しました。行動では5名がリレートークしました。

Imgp4348

A.F.M.A.の瀬尾雅博さんは沖縄民謡『てぃんさぐぬ花』のR&BアレンジをBGMに流しながらスピーチ。瀬尾さんは「16年前、初めてこの曲を知りこの歌詞に感銘を受けた頃の私は、その時はまだ、沖縄が抱えている戦後の問題・米軍の基地の問題についてはほぼ無関心」だったと振り返りました。その後「この曲を始めとする様々な沖縄の音楽に触れていく中で、沖縄の歴史を知ることなくして沖縄の音楽は語れないと言うことを知」った瀬尾さんは一昨年、戦争法案が国会で審議されるなか街頭で声をあげ続けました。「沖縄の問題は…旭川のような大きな駐屯地のある北海道の街とも同じこと」だと、同世代に「無関心はやめよう」と呼びかけました。瀬尾さんはスピーチの最後に、5月27日に平和新聞の布施祐仁編集長を旭川に招き南スーダンPKO自衛隊派遣問題で学習講演会を行う予定であることを紹介し、幅広い参加を呼びかけました。

|

2017年4月 1日 (土)

2017年4月1~2日、「自衛隊員・家族のための一斉相談」実施中!

2017年4月1~2日の2日間、「自衛隊員・家族のための一斉相談」が行われています。主催は自衛隊南スーダンPKO派遣差止訴訟弁護団。自衛官の人権弁護団・北海道が協力しています。ぜひこの機会に不安を抱えておられる関係のみなさんは一言ご相談してはいかがでしょうか?FAXやEメールでも受け付けているそうです。詳細は下記参照ください。

17504917_1494904393867148_215245595

|

2016年8月16日 (火)

2016年8月15日 平和祈祷会でスピーチ

8月15日の夜、日本基督教団が呼びかけ旭川市内および上川管内のキリスト教会などが共同で開催している「平和祈祷会」にお招きいただき、パネリストの一人として当会事務局長が12分間のスピーチと、全体ディスカッションでの質疑応答に参加しました。

Image2

会場の日本基督教団旭川豊岡教会には47名が集まりました。
第1部で賛美歌や牧師さんのお話などがあり、第2部で4名のパネリストが平和について12分スピーチ。質疑応答の後、第3部でお祈りをして閉会、という流れ。

パネリストの一人目はA.F.M.A.メンバーのあみさん。91歳の祖母から聞いた戦争の話。A.F.M.A.との出会いや、活動を通じて今まで出会ったことのない人たちとの交流を通じての自らの成長。その原点でもある教会での活動。印象的だったのは「みんな自分らしく。幸せを叫べる世の中に」と願い、そのために様々ぶつかる事があっても「(自分に)何ができるか、祈って、答えを求めたい」との決意。一直線に前を見てすすもう、という若者らしいスピーチでした。

二人目に当会・由井事務局長がスピーチ。平和委員会の活動を通じて出会った現元自衛官の方々との交流を通じて学んだことや支えることができた内容なども紹介し、「まじめな自衛官の方々の声を受け止め、一緒に考えることのできる活動が基地の町に必要」と呼びかけました。

三人目は美深の酪農家の女性。原発事故を機に「おかしい」と疑問を持ったことを自分なりに調べ、周りにも知らせながら活動してきたと紹介。「一人の母親として安倍政権の国づくりは怖い」「自民党改憲草案はおかしい」と指摘。経済効率ばかりが優先される世の中を子どもの世代に渡したくない、と行動しているそうです。でも小さな町では発言しづらいこともある、と。自分の言動が誤って他者に伝わったり曲解されてしまい怖いとも思う、と。欧米では家族間で議論することもしばしばで、それでも「意見が違うだけ」と尾をひかない。日本では意見が違えば人格自体否定されるよう、だと。まず家庭のなかから、と子どもと向き合うことに頑張っている素敵なお母さんでした。

最後に日本聖公会旭川聖マルコ教会の広谷牧師さん。被爆者の平均年齢が80歳を超え、戦争体験にも共通することですが「記憶の継承」が課題だと指摘。高橋哲也さんが紹介している英語圏で活発になりつつある「ポストメモリー」という動きが大事ではないか、と発言されました。若い世代が戦争体験者から聞き取りや映像を通じてなど記憶を受け止め、伝える。ポストメモリー自体が今後10年20年、100年と続き、しっかり取り組まれれば、よりはっきりとした輪郭の記憶が継承できるのではないか、と指摘されました。

その後、質疑応答で3人の方が質問され、交流がなされました。

宗教者の方々が継続して取り組まれているこれらの取り組みは貴重な活動蓄積と交流になっていて、今回のように私ども平和委員会やA.F.M.A.など他者の取り組みに学ぼうとされる姿勢は尊敬の一言です。

なお上記パネリストのスピーチ概要は参加した由井事務局長の個人メモによるもので、省略の仕方や受け止め方によるニュアンスの違い、発言者の意図と異なる表現もあるかもしれません。あくまでメモとして紹介させていただきますので、その旨ご了解ください。

|

2016年8月11日 (木)

2016年6月19日 旭川A.F.M.A.が戦争法反対サウンドデモ

戦争法廃止、安倍政権打倒を訴える旭川の若者グループ「A.F.M.A.」が6月19日、戦争法が成立強行された19日にちなみ戦争法反対、選挙に行こうと訴えるサウンドデモを行い、市民ら170名が参加しました。

Ck3ux2xveaajrjt

旭川市役所前広場に集合した若者・市民を前に、A.F.M.A.のベホミンさんが司会で出発前集会スタート。

Dsc_1209

A.F.M.A.のセオさんが主催者を代表してスピーチ。

Afma2016061910
〈提供:稲垣克彦〉

次いで、同じくA.F.M.A.のあみさんがスピーチ。18歳となり、はじめての選挙を前に平穏な日常の大切さを呼びかけました。

Dsc_1211

ゲストスピーカーとして、講演のため来旭していたジャーナリストの布施祐仁さん(平和新聞編集長)が南スーダン派遣問題などもからめて戦争法の危険性をアピール。

Dsc_1212

デモは、A.F.M.A.が新たに購入した機材を載せたサウンドトラックを先頭に出発。

Dsc_1203

旭川市役所前広場を出発したデモは、サウンドトラックのコールを先頭に7条緑道~昭和通へ。

Afma2016061919
〈提供:稲垣克彦〉

Afma2016061931
〈提供:稲垣克彦〉

昭和通7条~4条まではドラム隊が登場。

Afma2016061941
〈提供:稲垣克彦〉

Afma2016061942
〈提供:稲垣克彦〉

昭和通4条からゴールの1条平和通まで、DJセオのコールにみんなで応え、戦争法廃止、参院選で政治を変えようとアピールしました。

Afma2016061968
〈提供:稲垣克彦〉

デモの様子は、翌日の北海道新聞旭川上川のページで紹介されました。

Clzifpvusaephr4

また、25日付「赤旗」北海道・東北のページでも紹介されました。

Clvopzyukaafrz7

|

2016年1月21日 (木)

2016年1月19日 安保法制に反対するA.F.M.A.街宣に50名

安保法制に反対する毎月19日行動を続けている旭川の若者グループ「A.F.M.A.」による定例街宣が1月19日、旭川市中心部、一条平和通・買物公園で行われ、市民50名が参加しました。A.F.M.A.としては2016年はじめての街宣です。

街宣は午後6時30分にスタート。A.F.M.A.メンバーのほか、呼びかけに応えて若者ら4組5名が次々とマイクを握りました。スピーチがはじまると道行く人々が足を止め、特に高校生が何人も立ち止まってスピーチを聞いたり、手を振ったり、注目していました。

Imgp9157

Imgp9182

Imgp9189

Imgp9210

スピーチの最後に、行動カンパも呼びかけ。市民の「安保法制廃止したい」の思いで支えられるA.F.M.A.の活動です。

Imgp9219

全国的には大雪が降った日でしたが、旭川は雪も降らず、寒さも氷点下2-3℃程度と気候も悪くなく、たくさんの人が立ち止まってスピーチを聞いていました。聴衆が歩道をふさがないように、と、A.F.M.A.は自主的に交通整理員を配置し、歩道に滞留しないよう誘導していました。

Imgp9223

街宣は7時まで。最後にドラム&コールでアピールしました。この日のコーラーはセオさん。

Imgp9233

Imgp9231

次回は2月19日(金)午後6時30分から、同じく旭川市一条平和通・買物公園で街宣を行います。ぜひ参加ください。

余談ながら、翌日の2月20日は戦争反対、庶民搾取反対貫き特高警察に虐殺されたプロレタリア作家・小林多喜二没後83年。3日後の2月22日はナチスの戦争政策に反対し非暴力抵抗運動を行い逮捕・処刑されたショル兄妹ら3名の没後73年。ファシズムに抗し命を奪われた先人の活動は、安保法制に反対し続ける私たち今を生きる世代を励まし続けています。

|

2016年1月17日 (日)

2015年12月19日 トーク&ライブイベントにライブハウス満杯の110名

毎月19日行動の3回目は、「We will never forget 9.19 Extra」としてライブハウス「モスキート」を借りて、『経済的徴兵制』の著作がある平和新聞編集長の布施祐仁さんと、トンコリ奏者のOKIさんを招き、トーク&ライブイベントとして開催。高い入場料にもかかわらず、会場満杯の110名が参加しました。

Culmzkruyae4cem

Culmzkjuwaabtkv

イベントは、布施さんに経済的徴兵制の現状を、OKIさんに脱原発ソングなど社会的メッセージを込めた楽曲を発信している思いをお聞きするトークパートと、OKIさんのライブパートの2部構成で準備しました。

Img_9716

イベント冒頭、挨拶するA.F.M.A.コアメンバー。最初にA.F.M.A.の活動を紹介する動画視聴とスピーチがありました。

Img_9725

トークパートがスタート。

Img_9726

経済的徴兵制のリアルを語る布施祐仁さん。
近著の『経済的徴兵制』(集英社新書)では北海道の取材も行い、自衛官募集活動の現場に鋭く切り込みました。

Img_9737

トーク終了後の休憩時間で、サインセール。
準備した『経済的徴兵制』は完売しました。

Dsc_0446

ライブパートではOKIさんの素晴らしいトンコリの音色に歌声が披露され、会場はテンションMAXに盛り上がりました。

Cwol_jnu4aapjhs

イベントの様子は新聞各社が報じました。上は北海道新聞12月20日付旭川上川のページ。

151222_1231_001

こちらは12月22日付赤旗北海道・東北のページ。

|