秘密保護法

2017年5月 9日 (火)

2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWAに700名が参加

護憲の願いを目一杯持ち寄って開かれた「2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWA」が晴天の憲法記念日である5月3日、旭川市中心街で集会とデモが行われ、立場や所属の違いを超えて市民700名が参加しました。

C8p0beaumaq8w_i

トーヨーホテルで開かれた集会では主催4団体(あさひかわ9条の会、あさひかわ東地区9条の会、あさひかわ西地域9条の会、A.F.M.A.)を代表して弁護士の菅沼和歌子さん(あさひかわ9条の会代表委員)が挨拶。ついで西地域9条の会、東地区9条の会、A.F.M.A.からそれぞれ決意表明が行われました。

決意表明のうち、A.F.M.A.代表YUMAさんのスピーチをご本人の了解を得て以下にご紹介します。

++++++++++++++++++++

憲法集会にご参加のみなさん、こんにちは。AFMAのYUMAと申します。
えー。たぶん、私の事を見たことある人は、ほとんどいないと思いますが、昨年の秋から縁があって旭川に参りました。新参者ですので、こんな大きな集会でAFMAの代表としてお話させていただくのは、大変恐縮しますが、どうか聞いていただければと思います。共謀罪が成立したら、こうした集会も制限されるんでしょうか?

私はいま、病院で事務職員として働いています。日々、窓口で患者さんと接していると、厳しい生活実態を目の当たりにする機会が多くあります。みなさんは、生活が苦しいと何のお金を節約しますか?どんなにお金がなくても住む場所と食事は最低限無いと生きていけないと思います。衣・食・住をギリギリまで切り詰めても、生活が苦しい人は、最終的に保険料が払えなくて保険証を取り上げられます。結果、体調は悪いけど、お金がないからギリギリまで我慢した結果、動けなくなって、病院に救急車で運ばれてくる方を私は何度も見てきました。また、全国ではその結果、治療が間に合わず、亡くなった患者さんもたくさんいます。

憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。病気や怪我をしたら、病院で治療するのが当たり前ですよね。でも、それすら満足に受けられない今の現実があります。

自民党の改憲案を見ると、まず「自助」=自分の事は国に頼らず自分で賄う。いわゆる自己責任です。次に「共助」=「自助」でできないことは、家族や近所の人で助け合う。それでもだめなら「公助」=「自助」「共助」ではやっていけない人に限って、限定して公的支援を行う。介護の世界では、いま、これがどんどん進められようとしていて、要支援1・2という比較的介護度の低い人達の、支援と利用料負担をターゲットにした、大幅な給付削減・負担増案の検討は現在進行形で進んでいます。

そもそも、自助とか、自己責任とか言う前に、軍事費を下げて、医療や介護、保育や教育などの私たちの生活に直結するものにお金使うべきじゃないでしょうか。2017年度予算でも軍事費、過去最高っていわれています。みんなの暮らしに税金つかえ!って思います。

まぁ、そうはいっても、正直、買い物通りで署名集めたり、デモを行っていると、心が折れることも多いです。あー、街中を歩いている人、全然話聞いてくれないな、そもそも関東に比べて歩いている人少ないなって思います。一方で生活は苦しいし、難しいことはわからないし。自分一人の力で何ができるんだろう、何か変わるのかなって不安になることは多いです。でも、声をあげないと、今よりもっともっと生きづらい世の中にされてしまう。僕が大事にしたい、「憲法25条」も「公益及び公の秩序」が「人権」よりも優先される世の中になってしまう。平和が大事なのに「9条」が変えられてしまう。そんなのいやです。だから、この集会に参加しています。しかも、僕は一人じゃありません。AFMAの仲間がいます。

昨年の9月19日、駅前でAFMAの戦争法反対のデモが行われました。ちょうど、僕は旭川に来たばかりで、買い物通りでやっていた、食べマルシェに遊びに行ってました。そこで、デモ行進をみて、旭川でも「戦争反対」と声をあげている仲間がいると知って参加したのがきっかけです。私自身、一昨年の戦争法案に反対する国会前行動には何度も参加してきましたし、同じ思いをもった人達と旭川でも出会えたことをとても嬉しく思いました。AFMAに限らず、北海道で活動している皆さんを尊敬するのは、あの真冬のマイナス気温の中で、雪にまみれて署名や宣伝行動を行う、その熱意です。生まれて今まで、雪国で冬を迎えた事が無い僕には驚愕の事実でした。

ご存じの方も多いと思いますがAFMAは「Anti-Fascism Movement in旭川」。ファシズムに反対する旭川の集団、という意味でして、多くの国民の思いを無視して、戦争法を強行採決し、共謀罪を強行採決しようとし、憲法改悪を押し通そうとする、今の安倍政権は本当にファシズムのカタマリですよね。断固反対します。

ここにお集まりのみなさんは、さまざまな思いをもって参加されていると思いますが、「戦争反対」「憲法守れ」の思いでは、一点共闘していると思います。同じ思いの方と同じ時間を共有できる事に励まされます。そして、今日は全国で同じような思いで集会やデモを行っている仲間がいます。そのたくさんの方の存在に勇気づけられます。同時多発的に、全国各地で、行動し続ける事は大きな意味があると思います。僕は一人じゃない、私達は一人じゃない。僕達一人一人の力は「微力だけど無力ではない」。そう信じています。共にがんばりましょう。ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

Dsc_2273

会場は各9条の会など関連団体のメンバーの他、一般参加の方々(全市配布のフリーペーパーに大きな告知広告が掲載された)や、市内高校放送部の取材もあり、熱気にあふれていました。

集会後、便宜的に全体を3グループに分けデモ行進し、旭川市中心部でアピールしました。A.F.M.A.の若者や一般参加者は第3グループ。サウンドトラックを先頭にデモ行進しました。

Dsc_2288

Dsc_2284

Dsc_2292

Dsc_2304

Dsc_2317

デモは10代・20代・30代と重層的なトラック上のコールメンバーの声にこたえ、デモ隊列から、時折沿道からも声があがり、注目を受けました。旭川平和委員会は集会・デモの趣旨を全面支持し、個々の会員が参加者として、また要員として集会・デモの成功のため尽力しました。

集会とデモの様子は「北海道新聞」「赤旗」で報道されました。

1494319642313
●「北海道新聞」旭川上川のページ 5月4日付

20170509
●「赤旗」北海道東北のページ 5月9日付

|

2017年4月 1日 (土)

2017年2月26日、学習講演会「軍学共同って何だ?」に市民40余名。

2017年2月26日、北海道旭川市で学習講演会「軍学共同って何だ?」が開催され、市民や研究者ら40余名が参加しました。主催は旭川平和委員会などでつくる実行委員会。

Img_5933

旭川平和委員会では以前から「軍学共同」を問題視していましたが、2017年度予算要求で大学・研究者が防衛省の助成金を受けれる「安全保障技術研究推進制度」が前年度比18倍の110億円計上されていることを報道で知り、旭川平和委員会1月例会で「軍学共同」ミニ学習会を開催。「北海道の大学で何が起きているか現状を広く知らせよう」と学習講演会開催を決め実行委員会を立ち上げました。

Img_5940
〔講師の山形定さん〕

学習講演会では北大大学院工学研究院助教の山形定さんが90分間講演しました。山形氏は防衛省「安全保障技術研究推進制度」の特徴と問題点を紹介しながら北大や室工大など北海道での実情を紹介。防衛省の背後に「軍事ビジネス」とも呼ばれる防衛産業が利益拡大を狙って動いていること、「ディアルユース」(軍民両用性)の名の下に軍事研究へのハードルが下がっていることなどを詳しく述べ、それらの動きに対し北大職組や室工大教員有志の取り組みを紹介しました。山形氏は「大学など教育・研究機関に注目してほしい」と、市民と大学人の連携なしには解決できないことを強調しました。講演後、「重工業系の会社に勤める息子が軍事部門に異動になり心配している」(男性)、「デュアルユースの軍事と民生の区別をどう考えるか」(研究者)など活発な質疑応答がなされました。

Img_5948

学習講演会の最後に、旭川平和委員会は今後も「軍学共同」の中止と大学予算抜本増を求め、学習と行動を続けていくと決意表明しました。

会場では「軍学共同反対連絡会」が呼びかけた緊急署名の集約も行い、翌日、同連絡会に送付しました。

Img_5947

|

2017年4月1~2日、「自衛隊員・家族のための一斉相談」実施中!

2017年4月1~2日の2日間、「自衛隊員・家族のための一斉相談」が行われています。主催は自衛隊南スーダンPKO派遣差止訴訟弁護団。自衛官の人権弁護団・北海道が協力しています。ぜひこの機会に不安を抱えておられる関係のみなさんは一言ご相談してはいかがでしょうか?FAXやEメールでも受け付けているそうです。詳細は下記参照ください。

17504917_1494904393867148_215245595

|

2015年3月24日 (火)

イラク開戦から12年、「中東の今と憲法の未来を考える」を開催

旭川平和委員会は22日、イラク戦争開戦12年を忘れない取り組みとして「中東の今と憲法の未来を考える」と題した学習交流会を開催し、市民35名が参加しました。

Img_7912
学習交流会では最初、大阪に本部があるNGO「イラクの子どもを救う会」(西谷文和代表)が2015年1月に作成したDVD「シリア内戦 イスラム国の正体を暴く」を視聴し、中東で今起きている問題の根源に、2003年アメリカが一方的に行ったイラク戦争があることを学びました。

Img_7917
■講演する畑地弁護士
次いで畑地雅之弁護士(自由法曹団、明日の自由を守る若手弁護士の会)が「自衛隊を海外で戦争できるようにする『安保法制=戦争法制』大解明」と題して講演。安倍政権がたくらむ戦争立法について深めました。
参加した女性は「このような中身をもっと多くの人に知ってもらいたい」「(学習を)戦争反対の力にしていきたい」と感想を述べていました。

この取り組みは直前の北海道新聞旭川・上川版で紹介され、掲載記事の切抜きを手に足を運んだ方も多くいました。

20150321

|

2014年1月31日 (金)

2014年1月26日 「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.7を行いました

1月26日は学習交流会「秘密保護法等から安倍政権の『戦争する国づくり』を読み解く!」に先立つ午前中、2013年11月から続けている「いらんしょ秘密保護法」街頭行動の第7回目を実施し、秘密保護法撤廃署名への賛同を呼びかけ署名集約しました。

Img_6208

行動に参加した26歳男性は「自分より年下の学生さんが話を聞いて署名してくれた。青年層での広がりを感じる」と述べていました。

次回、「いらんしょ秘密保護法」街頭行動は旭川冬まつり期間中の2月9日(日)に実施予定です。

|

2014年1月26日 「秘密保護法等から安倍政権の『戦争する国づくり』を読み解く!」に50名

2014年1月26日、旭川市内で「秘密保護法等から安倍政権の『戦争する国づくり』を読み解く」と題して学習交流会が開かれ50名が参加しました。主催は昨年11月以降旭川市内で秘密保護法反対の街頭行動を呼びかけた「『いらんしょ秘密保護法』呼びかけ隊」(旭川平和委員会も参加)。

Img_6216
学習交流会では「明日の自由を守る若手弁護士の会」共同代表の神保大地弁護士(さっぽろ法律事務所)が講演し、昨年一年間の安倍政権がすすめた「戦争準備」の数々を具体的に振り返りつつ、自民党が通常国会に提出しようと準備している「国家安全保障基本法案」の危険性を学びました。

Img_6221

神保氏は国家安全保障基本法案について「これが通れば自民党改憲草案が通ったのと同じ」といよいよ「軍事国家化」が完成させられることを指摘。一方、改憲派も含む「96条の会」発足や「女性手帳」撤回、秘密保護法めぐる市民運動の全国的な広がりなど様々な運動の成果をあげていることも指摘し「ネットも活かし広げ続けよう」と呼びかけました。

主催者を代表して挨拶した由井・旭川平和委員会事務局長は、「24日に『秘密法に反対する全国ネットワーク』が32団体で結成され旭川の呼びかけ隊も参加しました。秘密保護法撤廃署名を広げるとともに、今日参加した一人ひとりが『国家安全保障基本法』の危険性を広げる『語り部』になりましょう」と行動提起し閉会しました。

|

2014年1月13日 (月)

2014年1月12日 第6回国防軍反対サウンドデモ@旭川に吹雪のなか35名

連日の大雪に見舞われた北海道旭川市で1月12日、昨年3月から隔月で取り組んでいる「国防軍反対サウンドデモ@旭川」を行い、女性たちを中心に35名が参加しました。昨年来6回目。今年最初のデモ。参加者は「国防軍反対」「秘密保護法なくせ」とアピールしました。

Img_6110
前日から時折強く吹き付ける吹雪に、実行委員会でも「人が集まらないのでは」と懸念。当日も朝から「今日はデモをやるのか」と問い合わせの電話が続きましたが、「改憲勢力の動きは大雪でも吹雪でも待ってくれない。警報が出ない限りデモをしよう」と呼びかけました。

Img_6112

新婦人旭川支部(帰山育子支部長)ではFAXニュースも出して参加を呼びかけていただいたようで、出発前集会のリレートークでは「ずっと参加しようと気になっていたけれど、今回初めて参加しました」という女性たちが多数集まりました。

Img_6158
デモは旭川市役所前広場を出発後、雪で狭まった車道をゆっくり進み約40分後に旭川市一条平和通で流れ解散しました。

|

2013年12月28日 (土)

2013年12月23日「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.6に40名

秘密保護法の集いを開催した23日、集い終了直後に一条平和通まで移動し「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.6を行いました。2013年最後の行動になります。

Img_6049

街頭行動は「集い」から引き続き参加した人も含め40名がプラカードをもち、市民にアピールしました。秘密保護法廃止を求める署名行動も行い、30分ながら64筆が寄せられました。

Img_6051

Img_6056
署名もチラシの受け取りも、高校生や学生など若い人々の反応がとてもよく、自らのこととして考えているようでした。日本の未来を守る署名です。多くの若い人々と一緒に取り組みたいと思います。

今回(第6回)から呼びかけが 「いらんしょ秘密保護法」呼びかけ隊 に変更になりました。これまで旭川平和委員会と「あさひかわ西地域9条の会」の共同呼びかけで取り組んできましたが、法廃止までやりぬく考えから有志の個人や諸団体も大きく一緒に取り組めるグループ形成しようと変更しました。

新年の2014年は、1月26日(日)に「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.7を予定しています。

|

2013年12月23日「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」に125名参加

秘密保護法の撤廃を実現しようと旭川平和委員会は12月23日、「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」を旭川市内で開催し、会場いっぱいの125名が参加しました。

20131225

この集会は当会が公開例会として準備したもの。当初50名の会場を確保しましたが、北海道新聞でも告知記事を掲載いただき、参加問い合わせが相次いだのをうけ、急きょ100名規模の会場に変更。さらにイスを追加しました。

Img_6031

集会では最初に、旭川弁護士会所属で「明日の自由を守る若手弁護士の会」メンバーでもある畑地雅之弁護士が「秘密保護法で市民生活はどうなる?」と題して講演。4党合意による「修正」内容や実際の法運用の問題点、市民運動がどう抗ってゆくかなどについて訴えました。

Img_6023

次に北海道新聞旭川報道部の楢木野寛記者と旭川市在住の菱谷良一さん(92)が「『生活図画事件』から考える治安維持法と秘密保護法」と題して対談しました。菱谷さんは旭川師範学校(現・北海道教育大旭川校)在学中の1941年9月、美術部で絵を描いただけの理由で治安維持法違反容疑で逮捕され、執行猶予付有罪判決を受けました。後に「生活図画事件」と呼ばれる弾圧事件です。

Img_6046

秘密保護法関連の取材を通じてこの事件を知った楢木野記者が事件のあらましや当時の思いなどを聞き、学生寮で突然逮捕され氷点下30度を超える真冬の監獄で辛い思いをされた92歳の菱谷さんが、若い者を同じ目にあわせてはいけないとお話くださった姿に感動しました。感謝の思いでいっぱいです。

|

2013年12月18日 (水)

秘密保護法案の廃案めざす取り組み「いらんしょ秘密保護法」vol.1~vol.5まで

12月6日、国民半数を超える反対世論のなか「秘密保護法案」は参院本会議で可決、13日に施行されました。私たちは旭川発の「秘密保護法案」反対の取り組み、「いらんしょ秘密保護法」を5回に渡り実施し、反対世論を広げてきました。

私たちはこれからも諦めず、施行させない取り組み、撤廃(廃止法成立、等)めざす取り組みを進めますが、ここで一度、旭川での「いらんしょ秘密保護法」の活動を簡単にまとめます。

■11月23日「いらんしょ秘密保護法」vol.1

11月23日、旭川市中心部の「平和通・買物公園」で「いらんしょ秘密保護法」街頭アピール行動が取り組まれ市民40名が参加しました。参加者は「秘密保護法案反対」のプラカードを掲げ、寒いなか1時間思い思いに声をあげました。

20131124
この行動は3日前に旭川平和委員会とあさひかわ西地域9条の会が急きょ呼びかけたもの。「メディアは『週明けにも衆院通過か?』などと報じ市民は『もう通ってしまう』と考えている。反対世論が一気に広がれば絶対阻止できる。これまで私たちの声が届かなかった人々が一緒に反対してくれる必要があります。そのためには街頭にでなければ、と思った」と旭川平和委員会の由井事務局長。
手書きでプラカードつくってきた人、隣の人と声をあわせて「秘密保護法案に反対です」と歌う女性たち、プラカードを顔の高さに掲げて黙々と道行く買い物客に掲げる青年。参加した一人ひとりが「何としても廃案に」と行動しました。
激しく雨が降るなかでしたが傘をさしながらチラシも配布。平和委員会のマンガビラと反対署名用紙を表裏に印刷したチラシ210枚を配りきりました。連日の報道のせいか、子ども連れの若いママさんや中学・高校生がたくさん受け取りました。

■12月1日「いらんしょ秘密保護法」vol.2

秘密保護法案を廃案にしようと旭川市中心部の買物公園で1日、「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.2が取り組まれ市民ら105名が参加しました。この行動は旭川平和委員会とあさひかわ西地域9条の会が呼びかけたもので、11月23日に続いて2回目となります。

120120131129
様々なメディアで告知があったため、行動には「新聞をみて、いてもたってもいられず参加した」とか「インターネットを見て」「テレビで知って」など手作りのプラカードを掲げる「初参加」の市民が多く見られました。遠くは札幌や深川から参加した人もいました。

Img_5875

リレートークでは「祖父が治安維持法で逮捕され拷問をうけた。そんな社会にしてはいけない」「子どもたちに自由に物言える世の中を残したい」など廃案願う思いが交流され、道行く買い物客らは聞いては立ち止まり反対署名を書いていました。署名は1時間で234名からが寄せられ、用意した600枚のチラシは全て配りました。

■12月4日「いらんしょ秘密保護法」vol.3

12月4日夜、旭川市一条平和通・買物公園で「いらんしょ秘密保護法」行動の第3弾が行われ、市民60名が参加しました。この日は、初めて日が暮れてからの行動ということで呼びかけた旭川平和委員会、あさひかわ西地域9条の会が雪の上に火を灯したローソクを並べると、学校帰りの女子高生らが写真に収めていました。

Vol320131205
リレートークでは参加したほぼ全員が発言しました。20代の男性は「人間は動物じゃない。話し合って決めて欲しい。今のやり方は話し合いもしていない」と述べました。この男性は5日、札幌で行われるデモに参加すると決意表明しました。同法案の廃案求める会長声明を発表した旭川弁護士会所属の畑地雅之弁護士はこの法案の危険性について「逮捕だけじゃなく、家宅捜索も日常のなかでは脅威です。そそのかした、うっかり話したという教唆や過失も処罰されます」と訴えました。鷹栖町から参加した男性はギターを弾きながら替え歌「ひみつのアベちゃん」を歌い、拍手が広がりました。

Img_5919

■12月6日午後6時「いらんしょ秘密保護法」vol.4

参院特別委員会の強行採決に抗議して、急きょ決めてメールやツイッター・FBのみで呼びかけて行動・アピールしました。「あさひかわ9条の会」が一緒に行動してくれました。

Img_5961
〈写真〉あさひかわ9条の会宣伝カーから訴え

Img_5968
〈写真〉宣伝カーが去った後も拡声器でアピール

この日の行動も含めた一連の行動が北海道新聞旭川版でも大々的に取り上げていただき、インタビューをうけた当会の由井事務局長のコメントを掲載していただきました。

20131207

秘密保護法自体は通ってしまったものの、反対の国民世論の広がり、安倍内閣不支持の高まり、諦めず廃止めざす国民の意識の変化等、大切な前向きの変化がありました。


■12月8日「いらんしょ秘密保護法」vol.5

旭川市中心街・一条平和通で12月8日、旭川平和委員会・あさひかわ西地域9条の会が呼びかけて「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.5が取り組まれ50名が参加しました。

Img_5989
「秘密保護法案を廃案に」と11月23日から4回の街頭行動を続けてきましたが、同法成立翌朝の7日午前から「抗議行動はいつ行うのか」と問い合わせが続出。そこで急きょ8日午前の行動を決めました。

行動は同日付北海道新聞でも告知され、記事を見て多くの市民が集まりました。
当麻町から0歳と2歳の二人の子どもと一緒に参加した若い女性は「この子たちが大きくなったとき、戦争に行かねばならない世の中にしたくなくて参加した」と訴えました。
「終戦のとき13歳だった」という81歳の男性は8日が太平洋戦争開戦の日だと述べつつ「戦争で多くの兵士や市民が死んだ。兵士の多くは餓死だった。そういう時代を二度と繰り返してはいけない」と自らの戦争体験も踏まえてアピールしました。
学校の課題で中心街活性化のアンケート活動に取り組んでいた市内の高校生二人は「これ秘密保護法反対の活動ですよね」と飛び入り参加。「僕たちも秘密保護法には反対しています」とマイクを握りました。

■そして今後…

引き続き、「いらんしょ秘密保護法」街頭行動を続けるとともに、国防軍反対サウンドデモ@旭川でも「秘密保護法」廃止を全面に押し出してアピールします。また、国会審議で「修正」された秘密保護法をよく学びなおす学習・交流活動もすすめる所存です。

諦めず、廃止めざして声をひろげましょう。
願いの一致点で幅広く手を結びましょう。

|