国防軍反対

2017年5月 9日 (火)

2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWAに700名が参加

護憲の願いを目一杯持ち寄って開かれた「2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWA」が晴天の憲法記念日である5月3日、旭川市中心街で集会とデモが行われ、立場や所属の違いを超えて市民700名が参加しました。

C8p0beaumaq8w_i

トーヨーホテルで開かれた集会では主催4団体(あさひかわ9条の会、あさひかわ東地区9条の会、あさひかわ西地域9条の会、A.F.M.A.)を代表して弁護士の菅沼和歌子さん(あさひかわ9条の会代表委員)が挨拶。ついで西地域9条の会、東地区9条の会、A.F.M.A.からそれぞれ決意表明が行われました。

決意表明のうち、A.F.M.A.代表YUMAさんのスピーチをご本人の了解を得て以下にご紹介します。

++++++++++++++++++++

憲法集会にご参加のみなさん、こんにちは。AFMAのYUMAと申します。
えー。たぶん、私の事を見たことある人は、ほとんどいないと思いますが、昨年の秋から縁があって旭川に参りました。新参者ですので、こんな大きな集会でAFMAの代表としてお話させていただくのは、大変恐縮しますが、どうか聞いていただければと思います。共謀罪が成立したら、こうした集会も制限されるんでしょうか?

私はいま、病院で事務職員として働いています。日々、窓口で患者さんと接していると、厳しい生活実態を目の当たりにする機会が多くあります。みなさんは、生活が苦しいと何のお金を節約しますか?どんなにお金がなくても住む場所と食事は最低限無いと生きていけないと思います。衣・食・住をギリギリまで切り詰めても、生活が苦しい人は、最終的に保険料が払えなくて保険証を取り上げられます。結果、体調は悪いけど、お金がないからギリギリまで我慢した結果、動けなくなって、病院に救急車で運ばれてくる方を私は何度も見てきました。また、全国ではその結果、治療が間に合わず、亡くなった患者さんもたくさんいます。

憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。病気や怪我をしたら、病院で治療するのが当たり前ですよね。でも、それすら満足に受けられない今の現実があります。

自民党の改憲案を見ると、まず「自助」=自分の事は国に頼らず自分で賄う。いわゆる自己責任です。次に「共助」=「自助」でできないことは、家族や近所の人で助け合う。それでもだめなら「公助」=「自助」「共助」ではやっていけない人に限って、限定して公的支援を行う。介護の世界では、いま、これがどんどん進められようとしていて、要支援1・2という比較的介護度の低い人達の、支援と利用料負担をターゲットにした、大幅な給付削減・負担増案の検討は現在進行形で進んでいます。

そもそも、自助とか、自己責任とか言う前に、軍事費を下げて、医療や介護、保育や教育などの私たちの生活に直結するものにお金使うべきじゃないでしょうか。2017年度予算でも軍事費、過去最高っていわれています。みんなの暮らしに税金つかえ!って思います。

まぁ、そうはいっても、正直、買い物通りで署名集めたり、デモを行っていると、心が折れることも多いです。あー、街中を歩いている人、全然話聞いてくれないな、そもそも関東に比べて歩いている人少ないなって思います。一方で生活は苦しいし、難しいことはわからないし。自分一人の力で何ができるんだろう、何か変わるのかなって不安になることは多いです。でも、声をあげないと、今よりもっともっと生きづらい世の中にされてしまう。僕が大事にしたい、「憲法25条」も「公益及び公の秩序」が「人権」よりも優先される世の中になってしまう。平和が大事なのに「9条」が変えられてしまう。そんなのいやです。だから、この集会に参加しています。しかも、僕は一人じゃありません。AFMAの仲間がいます。

昨年の9月19日、駅前でAFMAの戦争法反対のデモが行われました。ちょうど、僕は旭川に来たばかりで、買い物通りでやっていた、食べマルシェに遊びに行ってました。そこで、デモ行進をみて、旭川でも「戦争反対」と声をあげている仲間がいると知って参加したのがきっかけです。私自身、一昨年の戦争法案に反対する国会前行動には何度も参加してきましたし、同じ思いをもった人達と旭川でも出会えたことをとても嬉しく思いました。AFMAに限らず、北海道で活動している皆さんを尊敬するのは、あの真冬のマイナス気温の中で、雪にまみれて署名や宣伝行動を行う、その熱意です。生まれて今まで、雪国で冬を迎えた事が無い僕には驚愕の事実でした。

ご存じの方も多いと思いますがAFMAは「Anti-Fascism Movement in旭川」。ファシズムに反対する旭川の集団、という意味でして、多くの国民の思いを無視して、戦争法を強行採決し、共謀罪を強行採決しようとし、憲法改悪を押し通そうとする、今の安倍政権は本当にファシズムのカタマリですよね。断固反対します。

ここにお集まりのみなさんは、さまざまな思いをもって参加されていると思いますが、「戦争反対」「憲法守れ」の思いでは、一点共闘していると思います。同じ思いの方と同じ時間を共有できる事に励まされます。そして、今日は全国で同じような思いで集会やデモを行っている仲間がいます。そのたくさんの方の存在に勇気づけられます。同時多発的に、全国各地で、行動し続ける事は大きな意味があると思います。僕は一人じゃない、私達は一人じゃない。僕達一人一人の力は「微力だけど無力ではない」。そう信じています。共にがんばりましょう。ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

Dsc_2273

会場は各9条の会など関連団体のメンバーの他、一般参加の方々(全市配布のフリーペーパーに大きな告知広告が掲載された)や、市内高校放送部の取材もあり、熱気にあふれていました。

集会後、便宜的に全体を3グループに分けデモ行進し、旭川市中心部でアピールしました。A.F.M.A.の若者や一般参加者は第3グループ。サウンドトラックを先頭にデモ行進しました。

Dsc_2288

Dsc_2284

Dsc_2292

Dsc_2304

Dsc_2317

デモは10代・20代・30代と重層的なトラック上のコールメンバーの声にこたえ、デモ隊列から、時折沿道からも声があがり、注目を受けました。旭川平和委員会は集会・デモの趣旨を全面支持し、個々の会員が参加者として、また要員として集会・デモの成功のため尽力しました。

集会とデモの様子は「北海道新聞」「赤旗」で報道されました。

1494319642313
●「北海道新聞」旭川上川のページ 5月4日付

20170509
●「赤旗」北海道東北のページ 5月9日付

|

2016年8月15日 (月)

2016年8月15日 終戦記念日宣伝、いわゆる「赤紙配布」

終戦記念日の15日、旭川市2条買物公園では平和・労働団体などによる終戦記念日街宣、いわゆる「赤紙配布」宣伝が行われました。主催は旭川労働組合総連合・原水爆禁止道北協議会・旭川平和委員会。このほか、新日本婦人の会、道北勤医協などから参加があり、あわせて25名が参加しました。

Dsc_1354

宣伝では5名がリレートークしました。

Dsc_1360

旭労連の平山沙織さんは牧師であった祖父の戦争体験を紹介し、自身が引き継いだ「二度と戦争を起こしてはならない」との強い思いを訴えました。道北原水協の石川厚子さん(旭川市議)は南スーダン派遣中の自衛隊をとりまく危険性と自民党改憲草案の中身を紹介。平和憲法を守ろうと呼びかけました。

Dsc_1352

道行く市民や観光客は次々と「赤紙」を受け取り、読んでいました。外国人3人組に声をかけ簡単に説明して「赤紙」を渡すと、受け取った女性が「赤紙」を上に掲げる一幕も。通行中の乗用車が路肩に停まり、運転席から「1枚ちょうだい」と呼び止められました。

|

2015年7月16日 (木)

2015年7月12日、「いらんしょ!戦争法案」街頭行動@旭川駅前!

晴天に恵まれた7月12日、旭川駅前(宮下平和通・買物公園、旭川西武B館前)で6月以降3回目となる「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い、旭川市内だけでなく、滝川市・深川市・東川町や遠くは関東圏からも含め44名が行動に参加しました。

Img_8942

行動ではリレートークを行いながら、「戦争をさせない全国署名2015版」への署名を呼びかけ、同時に「海外で戦争する国」の是非を問うシール投票を実施。また戦争法案について解説した「戦争をさせない1000人委員会」と「自由法曹団」作成のリーフをそれぞれ配布しました。

Img_8891

署名には道行く市民が次々と立ち止まり、快く協力してくれました。

Img_8904

若い女性も、

Img_8924

若い男性も、次々と。署名は1時間の行動で138筆集約することができました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

Img_8907

シール投票にも親子連れ、家族一緒に…と次々立ち止まり、意思表示してくれました。

Img_8909

子どもさんもしっかりと自分の意思をシールに託しました。

Img_8916

年配の男性も。

Img_8945

1時間のシール投票の結果、合計で103名が投票に応じ、反対がやはり圧倒的で87名、賛成は3名、「わからない」が13名でした。投票にご協力くださったみなさん、ありがとうございました。

Img_8926

前日の11日に札幌で6000人の大集会とデモを成功させた弁護士会から畑地弁護士が参加いただき、リレートークで訴えていただきました。Tシャツの背中に描かれた「わたしたちは戦わない」「NO WAR」が印象的です。

Img_8919

隣接する深川市から飛び入り参加いただいた無所属市議の佐々木一夫さん。「自衛官の命を守れ」と熱く熱く力強く訴えてくださいました。

Img_8922

澤地久枝さんが「18日午後1時に全国で『アベ政治を許さない』のプラカードを掲げましょう」と呼びかけている行動を先取りして、同プラカを掲げ声いっぱい呼びかけてくれたみなさん。

20150714

この日の行動は北海道新聞の取材をうけ、14日付朝刊、旭川上川のページで紹介いただきました。紹介します。

今後も「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を続け、街頭で市民のみなさんに呼びかけ、一緒に戦争法案廃案させる世論を広げたいと考えています。

|

2015年6月 2日 (火)

6月21日に上富良野町内で市中軍事パレード計画されていること判明

上富良野町の「広報かみふらの」5月25日号によれば、6月21日に計画されている陸上自衛隊上富良野駐屯地創立60周年記念行事の関連行事として同日午後2時から「市中観閲行進」が行われ、10式戦車・90式戦車・74式戦車や203ミリ自走榴弾砲など戦闘車両を中心に上富良野町役場裏玄関前に観閲台を設置し、一般町道・道道を使用し市中軍事パレードを行う計画であることが判明しました。

広報かみふらの5月25日号

Photo

|

2015年5月 3日 (日)

憲法記念日、「NO WAR!集団的自衛権行使反対!デモ行進」に党派超え500名

2015年5月3日、憲法記念日に文字通り党派を超えて平和憲法を守ろうと旭川で集会とデモ行進が行われました。主催は「あさひかわ9条の会」。主催者の呼びかけに26団体(地域9条の会13団体、ほか市民団体13団体)が賛同し、広く市民に呼びかけました。私ども旭川平和委員会も賛同団体に加わり、参加しました。

20150503_20150423
4月23日には北海道新聞旭川版で参加呼びかけが告知されました。記事にもあるとおり、過去最多の団体が賛同して、文字通り党派・無党派の垣根を超えて開催されました。貴重な前進だと思います。

■集団的自衛権行使反対!緊急道北集会■

午後1時30分からトーヨーホテルで同集会が開かれました。あさひかわ西地域9条の会の平山事務局長の司会ではじまった集会では、主催者を代表して吉田勝弘氏が挨拶。経過報告をあさひかわ9条の会藤田事務局長が行いました。その後、集会決議を採択など行い、午後2時にホテル前からデモ行進が出発しました。

■NO WAR!集団的自衛権行使反対!デモ行進■

ホテル前をスタートしたデモ行進には市民500名が参加。

Img_7977
先頭の横断幕掲げるのはあさひかわ9条の会代表委員のかたがた。

Img_7981
あさひかわ西地域9条の会の目立つデコレーションも登場。

Img_7922
あさひかわ西地域9条の会のピンクののぼり旗が目立ちます。

Img_7935
素敵な手書きプラカードをもち参加した青年や、春光台9条の会のみなさん。

Img_7946
新日本婦人の会旭川支部のみなさんもたくさん参加。

Img_7950
福祉保育労の保育園ではたらく労働者のかたがた。

Img_7986
あさひかわ東地区9条の会のみなさんも。

Img_7930
先日の旭川市議選で再選された平和新聞読者・石川厚子市議会議員(共産)も参加。

Img_7973_2
同じく初当選した真嶋隆英市議会議員(共産)。真嶋さんは元旭川・上川社会保障推進協議会事務局長で、原発ゼロをめざす旭川連絡会の事務局としてともに活動していました。

Img_7998
市内の高校放送部の生徒さんが取材に来てくれました。

上記のほか、幾つもの地域9条の会や市民・労働団体から参加があり、トーヨーホテルから一条平和通まで長い隊列をつくりながらデモ行進しました。あさひかわ9条の会の運営委員・事務局のみなさんなどが多数、デモ警備として事故など無いよう奮闘されました。

今後も国会の状況をみながら適宜、デモ行進を呼びかけていくとのこと。旭川平和委員会も幅広い市民の協力共同のため力を尽くしたいと考えています。

|

2015年1月17日 (土)

「第9回国防軍反対サウンドデモ@旭川」を「しんぶん赤旗」が報道

先日ご報告した9回目の「国防軍反対サウンドデモ@旭川」の様子を、1月16日付「しんぶん赤旗」北海道・東北のページにて詳報いただきましたのでご紹介します。

920150116

|

2014年1月31日 (金)

2014年1月26日 「秘密保護法等から安倍政権の『戦争する国づくり』を読み解く!」に50名

2014年1月26日、旭川市内で「秘密保護法等から安倍政権の『戦争する国づくり』を読み解く」と題して学習交流会が開かれ50名が参加しました。主催は昨年11月以降旭川市内で秘密保護法反対の街頭行動を呼びかけた「『いらんしょ秘密保護法』呼びかけ隊」(旭川平和委員会も参加)。

Img_6216
学習交流会では「明日の自由を守る若手弁護士の会」共同代表の神保大地弁護士(さっぽろ法律事務所)が講演し、昨年一年間の安倍政権がすすめた「戦争準備」の数々を具体的に振り返りつつ、自民党が通常国会に提出しようと準備している「国家安全保障基本法案」の危険性を学びました。

Img_6221

神保氏は国家安全保障基本法案について「これが通れば自民党改憲草案が通ったのと同じ」といよいよ「軍事国家化」が完成させられることを指摘。一方、改憲派も含む「96条の会」発足や「女性手帳」撤回、秘密保護法めぐる市民運動の全国的な広がりなど様々な運動の成果をあげていることも指摘し「ネットも活かし広げ続けよう」と呼びかけました。

主催者を代表して挨拶した由井・旭川平和委員会事務局長は、「24日に『秘密法に反対する全国ネットワーク』が32団体で結成され旭川の呼びかけ隊も参加しました。秘密保護法撤廃署名を広げるとともに、今日参加した一人ひとりが『国家安全保障基本法』の危険性を広げる『語り部』になりましょう」と行動提起し閉会しました。

|

2014年1月13日 (月)

2014年1月12日 第6回国防軍反対サウンドデモ@旭川に吹雪のなか35名

連日の大雪に見舞われた北海道旭川市で1月12日、昨年3月から隔月で取り組んでいる「国防軍反対サウンドデモ@旭川」を行い、女性たちを中心に35名が参加しました。昨年来6回目。今年最初のデモ。参加者は「国防軍反対」「秘密保護法なくせ」とアピールしました。

Img_6110
前日から時折強く吹き付ける吹雪に、実行委員会でも「人が集まらないのでは」と懸念。当日も朝から「今日はデモをやるのか」と問い合わせの電話が続きましたが、「改憲勢力の動きは大雪でも吹雪でも待ってくれない。警報が出ない限りデモをしよう」と呼びかけました。

Img_6112

新婦人旭川支部(帰山育子支部長)ではFAXニュースも出して参加を呼びかけていただいたようで、出発前集会のリレートークでは「ずっと参加しようと気になっていたけれど、今回初めて参加しました」という女性たちが多数集まりました。

Img_6158
デモは旭川市役所前広場を出発後、雪で狭まった車道をゆっくり進み約40分後に旭川市一条平和通で流れ解散しました。

|

2013年12月28日 (土)

2013年12月23日「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.6に40名

秘密保護法の集いを開催した23日、集い終了直後に一条平和通まで移動し「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.6を行いました。2013年最後の行動になります。

Img_6049

街頭行動は「集い」から引き続き参加した人も含め40名がプラカードをもち、市民にアピールしました。秘密保護法廃止を求める署名行動も行い、30分ながら64筆が寄せられました。

Img_6051

Img_6056
署名もチラシの受け取りも、高校生や学生など若い人々の反応がとてもよく、自らのこととして考えているようでした。日本の未来を守る署名です。多くの若い人々と一緒に取り組みたいと思います。

今回(第6回)から呼びかけが 「いらんしょ秘密保護法」呼びかけ隊 に変更になりました。これまで旭川平和委員会と「あさひかわ西地域9条の会」の共同呼びかけで取り組んできましたが、法廃止までやりぬく考えから有志の個人や諸団体も大きく一緒に取り組めるグループ形成しようと変更しました。

新年の2014年は、1月26日(日)に「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.7を予定しています。

|

2013年12月23日「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」に125名参加

秘密保護法の撤廃を実現しようと旭川平和委員会は12月23日、「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」を旭川市内で開催し、会場いっぱいの125名が参加しました。

20131225

この集会は当会が公開例会として準備したもの。当初50名の会場を確保しましたが、北海道新聞でも告知記事を掲載いただき、参加問い合わせが相次いだのをうけ、急きょ100名規模の会場に変更。さらにイスを追加しました。

Img_6031

集会では最初に、旭川弁護士会所属で「明日の自由を守る若手弁護士の会」メンバーでもある畑地雅之弁護士が「秘密保護法で市民生活はどうなる?」と題して講演。4党合意による「修正」内容や実際の法運用の問題点、市民運動がどう抗ってゆくかなどについて訴えました。

Img_6023

次に北海道新聞旭川報道部の楢木野寛記者と旭川市在住の菱谷良一さん(92)が「『生活図画事件』から考える治安維持法と秘密保護法」と題して対談しました。菱谷さんは旭川師範学校(現・北海道教育大旭川校)在学中の1941年9月、美術部で絵を描いただけの理由で治安維持法違反容疑で逮捕され、執行猶予付有罪判決を受けました。後に「生活図画事件」と呼ばれる弾圧事件です。

Img_6046

秘密保護法関連の取材を通じてこの事件を知った楢木野記者が事件のあらましや当時の思いなどを聞き、学生寮で突然逮捕され氷点下30度を超える真冬の監獄で辛い思いをされた92歳の菱谷さんが、若い者を同じ目にあわせてはいけないとお話くださった姿に感動しました。感謝の思いでいっぱいです。

|