署名・アンケート活動

2017年5月24日 (水)

2017年5月18日など 「共謀罪法案」に反対し旭川市中心部で市民立つ!

安保法制に反対する旭川の若者グループ「A.F.M.A.」や「9・19を忘れない市民有志」、ほか市民らは、「共謀罪」法案に反対する街頭行動を5月18・19日の両日に緊急提起。

1494818179377

A.F.M.A.が呼びかけた18日の行動にはおよそ50名が参加。

1495612678476

Dsc_2387

Dsc_2393

署名活動も行われ、高校生らが立ち止まり説明を聞き、署名していました。

Dsc_2383

翌19日の「市民有志」呼びかけ街頭行動には60名が参加。両日ともA.F.M.A.ドラム隊が出動し、市民に呼びかけコール&ドラムで声をあげました。

1495614486195



旭川弁護士会や地域9条の会も積極的に行動

5月8日付で「いわゆる共謀罪(テロ等準備罪)の新設に反対する会長声明」を発表した旭川弁護士会は21日、独自に街頭行動を行い弁護士らがマイクを握りました。

18581740_1311449142310152_685754943

1495614460143


また、衆院本会議での採決が強行された23日夜、「あさひかわ東地区9条の会」が「共謀罪」問題の勉強会を開催するとともに、「あさひかわ西地域9条の会」が呼びかけ旭川市一条平和通で抗議の緊急街頭行動が行われました。

201705249

このほかにも、一条通病院などを運営する道北勤労者医療協会の職員有志は「共謀罪」反対をアピールするため16日以降昼休みに短時間、病院近くの路上で「共謀罪反対」のぼり旗を掲げ、肉声で訴えました。

201705

これらの他にも、旭川・上川地域で「共謀罪」法案反対の声が広がっています。北海道新聞も大きく報道しましたが、生活図画事件の当事者・菱谷良一さんら戦前の治安維持法弾圧被害者の方々が「監視社会を復活させるな」と声をあげられています。


テロ対策とは名ばかりで監視社会を作る「共謀罪」(テロ等準備罪)法案は衆院通過しましたが、参院で徹底審議の上、国民多数の声を反映し否決・廃案となるよう、旭川平和委員会も市民の行動に連帯し積極的に参加して行きます。

|

2015年7月28日 (火)

7月26日「いらんしょ!戦争法案」街頭行動vol.4@旭川駅前

7月26日(日)午後1時から、旭川駅前(宮下通・買物公園、西武B館前)で6月以来4回目となる「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い40名がそれぞれの思いを胸に歩道に立ちました。

この行動は2013年11月、秘密保護法の国会審議中に「秘密保護法は『いらんしょ!』(いらないよ!)」という緊急行動として呼びかけられ、集会ではなく一人ひとりが自覚的に歩道に立ち、通行人にアピールする場として提唱されました。以後、少ないときで月1回、多いときは月4-5回行われ、参加者も多いときで100名以上が行動しました。集団的自衛権行使の閣議決定が問題になった時期は「いらんしょ!集団的自衛権」として呼びかけ、今年6月から「いらんしょ!戦争法案」街頭行動として取り組まれています。

26日は時折激しく雨が降るなか、遠くは東京や群馬から仕事・旅行でたまたま通りがかった人、帯広からこの行動に参加すべく駆けつけた人など多彩な飛び入り参加があり、リレートークでマイクを握り、スピーチしました。

Img_9102

「せんそうやめて」と念仏者9条の会作成ポスターを掲げる女性や、親子で参加した男性ら。

Img_9111

「また戦場に?」と、二度と看護師を従軍させない決意を込めてプラカードを掲げる元看護師さん。

Img_9114

思い思いのデコレーションを作って駆けつけてくれた人たち。

Img_9112

若者はプラカードを高く掲げて「雨にも負けず」と強くアピール!!!

Img_9130

群馬から飛び入り参加してくださった旅行中の男性。隣で見守るのは深川から駆けつけてくれた無所属市議会議員さん(新党大地推薦)の佐々木さん。スピーチでは佐々木深川市議も「自衛隊員の命を守れ」と熱く訴えてくださいました。

Img_9138

「本当なら今頃、国会前行動に参加していたはず」という男性は仕事のため急きょ旭川に来なければならなかったとか。すると駅前で何かやってる、と声かけてくれて、そのまま飛び入りでスピーチ。感謝です。

Img_9141

行動では8月15日に超党派で行われる「絶対に戦争をさせない道北集会&デモ」の若者向けフライヤーなどを配りました。

Green_bear004_002

安保関連法案に不安を感じている多くの市民が「廃案」の一点で参加してもらえるよう、旭川平和委員会としても心から呼びかけます。1000人以上の参加で成功させ、道北・旭川から安倍政権に「安保法案NO」の意思表示を示しましょう。

|

7月21日、上川神社祭露店営業でにぎわう銀座通商店街で「安保法案反対」広がる

旭川共同行動実行委員会は21日、上川神社例大祭の露店営業でにぎわう旭川市大成地区銀座通商店街で戦争法案反対レッドアクションを行いました。

Img_9065

シール投票を呼びかけると、露店の店主や買い物中の親子連れ、若者など次々に立ち止まり、声をかわしながらシール投票に応じていました。

Img_9056

Img_9088

最終的に、「海外で戦争をする国」の是非を問うシール投票には69名が応じ、反対62名、賛成3名、わからない4名と圧倒的に反対。

Img_9090

「戦争法案」そのものの是非を問うシール投票は、60名全員が反対に投票しました。

Img_9092

|

2015年7月16日 (木)

7月15日、「安保法案」衆院委強行採決抗議!旭川中心街緊急街頭行動

戦争法案の衆院特別委員会での強行採決が行われた15日午後5時から、旭川市一条平和通・西武前で旭川共同行動実行委員会が呼びかけて緊急レッドアクション(街頭行動)が行われ、150名以上が参加しました。

Img_8972

新日本婦人の会の女性たちを中心に、旭川民主商工会、道北勤医協、旭労連など多くの団体・個人が集まりました。行動では駆けつけた真下紀子道議会議員(共産)がコールするなか、「戦争反対」の声が響きました。

Img_8984

アッシュ前には「戦争法ダメヨ」の大看板が出され、通行人の目にとまっていました。これは目立つ、よい宣伝と思います。

Img_8992

署名には若者が次々と立ち止まり、協力してくれました。

Img_8979

学校帰りの高校生がたくさん署名してくれたのが印象的です。写真のかたではありませんが、ある高校生に「強行採決されたこと、知ってる?」と聞くと、「知っています。今日先生に言われました。先生は『君たちが戦争に行くことのないように、自分でよく考えなさい』と。だから私は署名します」と署名に名前を書きました。それだけでなく、「ラインでこのことをみんなに知らせます」とも。

Img_8968

少し離れた旭川駅前では別働隊となる旭川民商のみなさんが、イオン駅前店に出入りする市民にむけて街頭アピールを行っていました。

Img_8993

午後5時半からは「あさひかわ9条の会」「旭川平和フォーラム」などでつくる「戦争をさせない総がかり行動・旭川」も合流し、同じ場所で連帯して行動を行いました。宣伝カーからは若者代表して27歳男性(写真右端)が訴え、旭川弁護士会から憲法委員会委員長の畑地雅之弁護士(写真左端)がマイクを握りました。

「戦争をさせない総がかり行動・旭川」の街頭宣伝は16・17日も行われ、いづれも午後5時半から一条平和通旧エクス前で開催されます。両日とも、旭川共同行動実行委員会からも弁士がマイクを握り、協力して市民に呼びかけるそうです。

|

2015年7月12日、「いらんしょ!戦争法案」街頭行動@旭川駅前!

晴天に恵まれた7月12日、旭川駅前(宮下平和通・買物公園、旭川西武B館前)で6月以降3回目となる「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い、旭川市内だけでなく、滝川市・深川市・東川町や遠くは関東圏からも含め44名が行動に参加しました。

Img_8942

行動ではリレートークを行いながら、「戦争をさせない全国署名2015版」への署名を呼びかけ、同時に「海外で戦争する国」の是非を問うシール投票を実施。また戦争法案について解説した「戦争をさせない1000人委員会」と「自由法曹団」作成のリーフをそれぞれ配布しました。

Img_8891

署名には道行く市民が次々と立ち止まり、快く協力してくれました。

Img_8904

若い女性も、

Img_8924

若い男性も、次々と。署名は1時間の行動で138筆集約することができました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

Img_8907

シール投票にも親子連れ、家族一緒に…と次々立ち止まり、意思表示してくれました。

Img_8909

子どもさんもしっかりと自分の意思をシールに託しました。

Img_8916

年配の男性も。

Img_8945

1時間のシール投票の結果、合計で103名が投票に応じ、反対がやはり圧倒的で87名、賛成は3名、「わからない」が13名でした。投票にご協力くださったみなさん、ありがとうございました。

Img_8926

前日の11日に札幌で6000人の大集会とデモを成功させた弁護士会から畑地弁護士が参加いただき、リレートークで訴えていただきました。Tシャツの背中に描かれた「わたしたちは戦わない」「NO WAR」が印象的です。

Img_8919

隣接する深川市から飛び入り参加いただいた無所属市議の佐々木一夫さん。「自衛官の命を守れ」と熱く熱く力強く訴えてくださいました。

Img_8922

澤地久枝さんが「18日午後1時に全国で『アベ政治を許さない』のプラカードを掲げましょう」と呼びかけている行動を先取りして、同プラカを掲げ声いっぱい呼びかけてくれたみなさん。

20150714

この日の行動は北海道新聞の取材をうけ、14日付朝刊、旭川上川のページで紹介いただきました。紹介します。

今後も「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を続け、街頭で市民のみなさんに呼びかけ、一緒に戦争法案廃案させる世論を広げたいと考えています。

|

2015年6月30日 (火)

6月27日の「いらんしょ!戦争法案」街頭行動が紙面で紹介されました

6月30日付の日刊「しんぶん赤旗」北海道・東北のページで紹介いただきました。

20150630vol2

|

2015年6月22日 (月)

6月13日、「いらんしょ!戦争法案」街頭行動@旭川市一条西武前

あさひかわ西地域9条の会や旭川平和委員会が呼びかけ発足した「いらんしょ!」実行委員会主催の「いらんしょ!戦争法案」街頭行動vol.1が旭川市中心部、一条平和通・買物公園の西武前で行われ、時折激しく雨が降るなか1時間、行動しました。

Img_8787
シール投票に応じ反対票を投じた若者

Img_8791
署名も呼びかけ、説明をよく聞いてくれました。
署名用紙は「戦争をさせない1000人委員会」2015年版。

Img_8794
聞いて考え、悩んで、署名する。
そんな姿が多く見られました。

Img_8798
1時間で44名がシール投票に応じ、賛成1、わからない8、反対35という結果に。
署名は53名が書いてくれました。

同じ時間、同じ場所で「道北平和フォーラム」さんが同趣旨の街頭行動を計画されていることが直前にわかりました。共同開催を呼びかけましたが、調整する時間がなく、「いらんしょ!…」行動がアッシュ前から西武前へ移動し、同じ署名用紙を使うことで実質的な共同行動になるよう、私たちとしては位置づけました。

Img_8773
道北平和フォーラムの行動に参加したみなさん

当日、行動の合間に挨拶しに行くと激励を頂き、「互いにがんばろう」とエール交換することができました。今後、同じ時間・場所になったときは、一緒にやりたいですね。

当日の様子を、「北海道新聞」と「しんぶん赤旗」が取材し、紙面で紹介いただきました。

20150618
北海道新聞夕刊6月18日付

20150616
日刊赤旗6月16日付

「いらんしょ!戦争法案」街頭行動は今後も定期的に実施する予定です。戦争法案を廃案にするため、がんばって、力あわせて、戦争への流れを止めましょう。


|

2015年5月30日 (土)

旭川弁護士会の街頭署名・宣伝行動を「赤旗」も報道

当ブログ既報の旭川弁護士会「安保法制改定案反対声明」と街頭署名・宣伝行動ですが、「赤旗」紙も報道しました。ご紹介します。

20150529

|

2015年5月28日 (木)

旭川弁護士会が「安保法制改定案反対」声明発表し、街頭署名・宣伝を行う

旭川弁護士会が2015年5月27日、「安全保障法制改定法案に反対する声明」を金昌宏会長名で発表しました。

20150527

声明では、同弁護士会が安倍政権スタート以来、「一貫して、立憲主義を擁護する立場から、憲法96条改正、特定秘密保護法の制定、及び、集団的自衛権の行使容認の方針に対して反対」してきたと述べた上で、「安全保障法制改定法案」が「憲法9条に抵触するもの」であり、「恒久平和主義、平和国家としての国の在り方を根底から覆す」と指摘しています。そして集団的自衛権行使容認を立法・解釈で強行する同法案に対し、「立憲主義を擁護する立場からは断じて容認することはできない」と明白に述べています。

旭川弁護士会はこの声明を踏まえ、さっそく同日午後3時に旭川市一条平和通・買物公園で街頭署名・宣伝行動を行いました。

Img_8213

行動には弁護士6名と事務所員・声明に賛同する市民らあわせて10名が参加。弁護士らが交代でマイクを握り市民に呼びかけつつ、日弁連作成のチラシと声明文を配布しました。写真は呼びかける金昌宏・旭川弁護士会会長。

Img_8214

署名を呼びかけると、市民が次々に足を止め協力してくれました。約90分の行動で100名以上の市民から署名が寄せられました。

20150528

声明と街頭署名・宣伝行動については、5月28日付北海道新聞・旭川上川のページで紹介されています。

旭川弁護士会は今後も街頭署名・宣伝行動を続ける予定とのことで、次回は5月31日(日)午後3時から同じ場所で予定しているそうです。

|

2015年5月19日 (火)

2015年5月9日、旭川で核兵器廃絶国民平和大行進

毎年、北は礼文島、南は沖縄から出発し広島・長崎に向かう国民平和大行進が行われています。全国各地を多くの幹線コース、網の目コースが網羅し、自治体を訪問しながら行進が行われています。

5月始めに礼文島を出発した行進が9日、旭川に入りました。今年も「旭川平和行進」として花咲運動公園を出発、旭川市役所前広場まで平和行進が行われ、80名が参加しました。

Photo
(写真提供:あさひかわ西地域9条の会)

実行委員会に加わる旭川平和委員会からも複数のメンバーが参加しました。

Photo_2
(写真提供:あさひかわ西地域9条の会)

行進は陸上自衛隊旭川駐屯地前を通過。写真向こう側に見えるレンガ造りの建物は自衛隊資料館の北鎮記念館。核兵器廃絶のみならず、戦争立法反対も呼びかけました。

行進後は旭川市中心部で「核兵器全面禁止のアピール」賛同署名を呼びかけ、短時間ながら65名から署名が寄せられました。

行進が行われた9日前後に上川管内7自治体を「通し行進者」や道北原水協役員らが訪問し申し入れ・懇談が行われました。

|