被災地支援・生活再建

2015年5月19日 (火)

2015年5月16日、原発ゼロをめざす旭川連絡会が年次総会・記念講演

5月16日(土)、原発ゼロをめざす旭川連絡会総会と記念講演が行われ、泊原発廃炉訴訟弁護団事務局長の菅澤紀生弁護士が「全国の原発訴訟と泊原発訴訟」と題し講演くださいました。

2015516

記念講演後に開かれた年次総会で、2014年活動総括が確認されました。「原発のない北海道を」署名は2014年度中に9514筆集約し、連絡会発足の2012年以来累計で36900筆の「原発ゼロ」署名を集約。北海道原発連を通じて5月中に北海道庁に提出されます。総会では引き続きコープさっぽろ店舗前署名行動を行うことなどを軸に「原発のない北海道を」署名の集約をすすめ、道民世論の力で泊原発の再稼動阻止、廃炉をめざす等、2015年活動方針を決めました。共同代表は全員が再任され、事務局も確認されました。

|

2015年3月11日 (水)

3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故から4年。原発ゼロ求め街頭署名行動

震災・原発事故から4年がたちました。原発ゼロをめざす旭川連絡会では福島第一原発事故の教訓を生かし、泊原発再稼動に反対し廃炉を求め、3月11日昼に街頭署名行動を行いました。

Img_7904

Img_7902

Img_7908
■シール投票の結果
脱原発の佐藤のりゆきさん 65票
国におまかせ、高橋知事 12票
わからない 5票

311

行動参加は17名。30分と短い行動でしたが55名の市民から署名が寄せられました。

|

2015年2月26日 (木)

旭川市と陸上自衛隊旭川駐屯地の留守家族支援協定全文を入手

2月19日に締結された旭川市と陸上自衛隊旭川駐屯地との留守家族支援協定。全文コピーを頂きましたのでご紹介したいと思います。

_p1

_p2

_p3

一読しておわかりと思いますが、本文はある一字を除き全て災害派遣を念頭においたもの。支援の具体的内容をみればごく簡単なものになっており、わざわざ協定を結ばないと対応できないものなのか?と思うほどに。

しかしながら、表題の通り「大規模災害時等における~」の「等」、ここに海外任務を含むのだ、というのが旭川市および陸自旭川駐屯地の解釈。いかがなものか。

この件、下記の通り2月23日付「あさひかわ新聞」でも報じられました。

20150223

なお毎回のことながらご意見はメールでお願いします。
peace_asahikawa@yahoo.co.jp

|

2013年10月28日 (月)

2013年9月14日、「食べマルシェ」見たまま聞いたまま

旭川「食べマルシェ」、行ってきました。
あれこれ楽しかったですし、買物もしました。

それらはまた別のところで。
で、これが噂の「自衛隊PRブース」。

Img_5640

食べマルシェ実行委員会の事務局長(元市の幹部)が散々と「非常時の食の実情を市民にしっていただくよい機会」と強調しておられましたが…え?…これが?

Img_5638

Img_5639

まだ駐屯地公開のときのほうが種類も多かったし、試食もできたし、よくわかりましたよ。もうなんか、申し訳ない程度置きました、ってかんじじゃないですか。
説明の自衛官にいろいろ聞きましたが、とても口数すくなく、あれこれ語りかけてようやく何点か聞けました。まとめると「自衛隊むけに味付けはしょっぱくなっている」「ごはんは温めるのですが、普段は何人分もまとめてあたためる機械があるのでそれをつかっている」と、非常時をイメージできるような説明はまったく得られませんでした。コレハナニゴト?
結局、自衛隊の隊員募集PRとしての準備しかしていないのでは?と思いつつ、募集パンフレットコーナーの防衛事務官らしき人に置いてあるプリントについて聞いても「自分はよくわからないのですが…」と残念な印象。
少なくとも旭川市や食べマルシェ実行委員会は、これまで言ってきたこととの整合性を説明していただきたいですし、来年はこれを前例にせず「食べマルシェ」の趣旨を生かして対応してほしいと思います。

|

2013年9月6日、旭川「食べマルシェ」自衛隊PRブース設置反対で申し入れ

「食べマルシェ」は今年4回目を迎える「食」のイベントで旭川市と旭川商工会議所などが実行委員会をつくり開催。会長は旭川市長、実行委員長を商工会議所会頭が務めるイベントで事務局は市の外郭団体に置かれています。今年の食べマルシェに自衛隊PRブースが設置されることが2日に判明し、急きょ要請を行いました。

要請には旭川平和委員会から守屋会長、由井事務局長が参加。情報提供いただいた旭川市議の石川厚子議員にも同席いただきました。旭川食べマルシェ実行委員会の藤田敏男事務局長(旭川地場産業振興センター専務理事)と旭川市経済観光部の那須秀昭次長ら4名が応対しました。

Img_5486

石川市議が旭川市経済観光部から取り寄せた資料によれば今年2月に自衛隊から問い合わせがあり、5月に「食に関する自衛隊の活動PRをテントブースで行いたい」と正式に申し入れがありました。自衛隊が提出した企画書では「自衛隊携行糧食等の展示」「東日本大震災での給食・給水支援の写真展示」「募集パンフレット等の設置」の3点を行うとのこと。要請の際に「災害時の非常食の現実を知ることは理あり」(藤田氏)とするも「実際に試食は行わない」との説明に、「試食もなく非常食の現実を知ることになるのか」(石川市議)との質問には曖昧な回答しかありませんでした。

要請では①ブースそのものを中止すること、②中止できないとしても募集パンフレットは置かないこと、③来年以降自衛隊のブース出店を認めないこと、の3点を求めました。今回のブース出店は自衛隊旭川地方協力本部募集課広報班が主体となっていることを指摘し「災害時、というならなぜ消防を含めることなく自衛隊のみなのか?」「災害時の食の啓発というならなぜ9月1日に消防と連携して行わないのか?」(由井)と質問すると「東日本大震災でも自衛隊は備蓄していた非常食を大量に広範囲に届けた。自衛隊だからできること」(藤田氏)と自衛隊を特別視する一方、9月1日に旭川市で行った防災訓練の状況については同席の4名全員が把握しておらず「同じ9月の取り組みでもあり今後の課題にさせていただきたい」と述べるに留まりました。

|

2013年6月12日 (水)

6月9日、第2師団創立63周年記念行事(旭川駐屯地開放)見たまま、聞いたまま

2013年6月9日、旭川駐屯地において陸上自衛隊第2師団創立63周年・旭川駐屯地開設61周年記念行事(駐屯地開放)が行われました。例年同様、見に行ってきましたので、あまり手を加えず「見たまま、聞いたまま」を写真で紹介して行きたいと思います。

Img_4785

晴天のなか、駐屯地前の国道40号線には入場しようとする長蛇の車列。しかしながら、来場者の言葉を借りれば「ブルーインパルスが来たとき程ではない」と。これは筆者も同感。車こそ多かったものの、なかでの来場者人数の感触は例年通りと思いました。

Img_4794

観閲行進が始まるのを待つ99式自走155mm榴弾砲。

Img_4795

家族に連れて来てもらった子どもたちは、直射日光があたる暑い中、一心不乱にDS(携帯ゲーム機)やってました。こういう姿は小学生以上の大きい子たち限定でしたが。たくましいというか、なんというか。

ところで余談になりますが、観閲行進のあと、「日の丸」が退場したあとに旭川市のゆるキャラ「あさっぴー」がパレードしました。

「あさっぴー」のパレードをYouTubeでみる

人が集まるところに「あさっぴー」を出かけさせることは現場が旭川駐屯地であっても百歩譲ってヨシとして、軍用ジープに乗って観閲行進同様に旭川市の旗たててパレードするのはやりすぎではないでしょうか。しかも、中の人は自衛隊員だそうです。「あさっぴー」の着ぐるみ貸し出し基準はどうなっているのでしょう?

Img_4816

訓練展示(いわゆる模擬戦闘)が終わった後、撤収する隊員。なんというか、こういう姿はのんびりさを感じてしまいます。

Img_4819

装備品展示コーナーの90式戦車(うしろから)。ミリタリーマニアな方々に囲まれていました。

Img_4825

退役する車両の前で記念撮影、だそうです。

Img_4852

さて問題の「武器操作体験」の「中止」が守られているかどうか、についてはきちんと中止されていました。練馬駐屯地の写真よりエリアは小規模ですが、ロープで囲まれて触らないよう隊員がいました。

Img_4847

これを昨年までは自由に子どもたちがさわって構えていた、と思うと、本当にぞっとします。コメントに「重さを体験させるべき」という趣旨の発言をいただきましたが、何でも体験させないと危険性を理解させられないわけではないと思います。しかも、この場で持たせて構えさせても周囲の大人からは武器に対して肯定的な発言しかかけられません。憲法の視点を学ぶ場こそ、未来の担い手=子どもたちには必要と思います。

Img_4867

この間、自衛隊広報の全国傾向ではありますが装備品展示でもスペースの多くを震災支援時に活用した装備展示に割いていました。上は「除染車3形(B)」というもの。

Img_4873

こういうものや…

Img_4878

自衛隊の線量計も展示されていました。

Img_4885

昨年は落下傘試着体験コーナーがありましたが、今年は防弾チョッキ試着コーナーでした。こういうものは列ができています。一番の長蛇は携行糧食の試食コーナーでしたが。

Img_4888

ヘリの体験搭乗には人が集まっていました。旭川駐屯地に所属していない戦闘ヘリも飛来してきていました。帯広駐屯地からでしょうか?

Img_4901

真新しい師団司令部庁舎。昨年の駐屯地開放のとき完成直後でした。まだ全然新品です。今年は(去年はわかりません)1階部分を開放していました。トイレと自動販売機の利用のため、でしょうか。

Img_4906

普段、なかなか入れない場所ですね。

Img_4890

以前から気になっていましたが、平成23年度の復興予算を使っての庁舎建設現場がこちら。庁舎だけで38億円です。平日は大きなクレーン車が4輌、国道からも見えます。

Img_4891

その現場であることの証に、施工は受注した五洋建設さんです。

Img_4899

現在、基礎工事をしているようです。

Img_4912

子どもむけ広報コーナーでは、お馴染み自衛官なりきり写真撮影コーナー。

Img_4910

南極の氷さわってみようコーナーには暑いことも手伝って子どもたちが群がっていました。

Img_4911

サンダーバードファンとしては、自衛隊とサンダーバードのコラボは、全く許しがたし。サンダーバードを汚さないでほしい!ブルーレイ売るためとはいえ、権利保有者は魂売るべからず。しかも便乗して「世界が自衛隊を求めている」とは何事ですか!海外派遣、でる気満々ということですか。

Img_4913

相変わらず曹友会による子どもたち対策はしっかりなされています。こちら、ふわふわドーム。

Img_4914

ストラックアウトには少年たちが群がっています。

Img_4915

今年はじめて見かけました「金魚すくい」。これは元自衛官、旭川市議会防衛懇話会事務局長の佐藤さだお市議の影響でしょうか。金魚すくい全道大会が道路向かいの北海道護国神社を会場に行われるそうなのです。自衛隊駐屯地開放と護国神社が、金魚すくいを橋渡しにつながっている現場です。複雑な胸中です。

Img_4934

音楽演奏ステージでは各駐屯地の太鼓演奏のあと、旭川農業高校吹奏楽部が登壇。名探偵コナンのテーマ等、演奏しましたが、コナン君を演奏したのは防衛省全面協力の劇場版コナンは関係ないですよね…。この後、第2音楽隊が演奏し、さらに合同演奏をしたそうです(暑くて途中で帰りました)。

Img_4939

出店でなかなか興味深い広島焼きの店を発見。こういうのはアイデア満載で普通に面白いです。長蛇の列でなかったら一枚買って帰ろうかと思ったくらい。

Img_4941

しかし、子どもたちに人気なのはオモチャくじ引き。あちこちでオモチャの鉄砲もった子どもを見かけました。なんというか。

Img_4942

景品も最新鋭。ヒトマル式戦車がありました。駐屯地開放は子どもたちに何を伝えようというのでしょうか。全体として「武器、かっこいい」「災害派遣、だいじ」に尽きるような気がしています。そう単純ではないと思うのです。もっと日本国憲法の平和主義の考え方をこういう機会に伝える努力をすべきではないでしょうか。

ちいさい子どもたちは正直です。訓練展示の最中、周りの未就学児たちは「あれ火が出てるの?」「本当に撃ってるの?」「こわい、こわいよう」「ねえ、帰ろう、帰ろうよ」「(出口を指差して)あっち行く、あっち行くの!」と素直な反応。それを親が「かっこいいねえ」「大きい音したねえ」と肯定的に声かけるものですから、子どもたちは何年も経るうちにだんだんと耐性を身につけ、そのうち親の仕事だと理解し、「将来は自衛隊へ」となり「担い手育成完了」なのでしょうか。

対立することではなく、対話して通じ合うことこそ子どもたちには伝えてほしい。

| | コメント (0)

2013年4月20日 (土)

3月10日、震災から2年、「脱原発・泊原発再稼動を許さない!旭川市民集会」

東日本大震災・福島第一原発事故から2年となる3月10日、旭川市では「3.10脱原発・泊原発再稼動を許さない!旭川市民集会」が大雪のなか開かれ50名が参加しました。1年前に結成された「原発ゼロをめざす旭川連絡会」主催。

Img_4246

集会では同連絡会代表幹事の一人で、「核廃棄施設誘致に反対する道北連絡協議会」代表委員の鷲見悟さんが「深地層研究センターは今」と題して50分間講演しました。

鷲見さんは、震災直後に農民組合として取り組んだ牧草ロールの支援物資を送る活動を現在も続けていることや、そもそも幌延町に核廃棄施設を誘致しようと話が持ち上がってからの経緯も含めて簡潔に報告。今年2月6日にメタンガス噴出、翌7日に地下水増水のトラブルが起きても原子力研究開発機構や道・町当局からの報告が無く、14日のNHKニュースではじめて報道された件を「内部告発があった」と紹介。すでに立坑内の機材等は引き上げられていること、いまだに大量の地下水が漏れているなか原子力機構幹部からは「いざとなれば立坑を(地下水で)埋めればよい」などの税金無駄遣いも甚だしい発言が飛び出していることを「無責任だ」と厳しく指摘しました。このようななか、農家の若者を中心に抗議の声があがり「原子力機構の庁舎前で最北の金曜日行動が続けられている」と鷲見さん。「多くて6名、少ないときは1名でも無言で看板もって立っている」というこの行動に、町の未来を担う若者達の思いが込められています。

集会は最後に「集会アピール」を全会一致で採択して閉会しました。

| | コメント (0)

2012年12月29日 (土)

復興予算「流用」問題⑤/旭川市議会が復興予算の使い方見直し求める意見書を全会一致で採択

12月26日、旭川市議会は本会議を開き「復興予算の使い方を見直し、被災地の防災・減災、被災者及び被災中小企業への支援強化を求める意見書」を全会一致で可決しました。

意見書では、この間の「復興予算の流用」を指摘し「全国防災対策費」などとして「東日本大震災にかかわりのない公共事業や大企業の立地支援に補助金」を注いでいることを指摘。「国民を監視する自衛隊の情報保全隊のデジタルカメラの購入費用」や「北海道や長野県の自衛隊駐屯地の浴場」建て替え費用にも「便乗」して流用されていることを明言しています。

これらの結果、「本当に予算を必要とする被災企業が線引きではじかれる」事態になっているとし、これら「国民不在のやり方を反省し」「被災者と被災地に直接役立つ復興予算へ転換」すべきと述べています。
この意見書が自衛隊OB議員も含む全会一致で可決されたことは、とても重いことです。2013年予算編成が始まっていますが、これら「流用」を許した「復興の基本方針」を修正し、庶民増税で捻出する復興予算は真に被災者・被災地・被災企業の再建に役立つ内容となるよう、大きく手直しされるべきです。また、その予算執行にあたっても責任ある運用をチェックすべきです。
以下は意見書全文です。
20121226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

復興予算「流用」問題④/北海道新聞が報じる「復興予算/道内陸自に101億円」

この間、問題提起してきています復興予算の被災地以外、とりわけ自衛隊への「流用」問題について、北海道新聞が「復興予算/道内陸自に101億円」と12月26日付全道版で報じました。金額こそ5億円分、道新記事のほうが多いですが、内容は過日11月28日付当ブログ記事で報じている内容と同様となっています。

Img_20121226

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

復興予算「流用」問題③/旭川地方協力本部庁舎の解体工事

震災関連予算を使っての旭川地方協力本部庁舎の解体→新設工事は進んでいます。

Sn3d0012
一時、屋上まで白いカバーに覆われていたのですが外壁にアスベストが使われていたということで、除去作業が行われていました。
Sn3d0014
途中経過の報告まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)