脱原発

2017年5月 9日 (火)

2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWAに700名が参加

護憲の願いを目一杯持ち寄って開かれた「2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWA」が晴天の憲法記念日である5月3日、旭川市中心街で集会とデモが行われ、立場や所属の違いを超えて市民700名が参加しました。

C8p0beaumaq8w_i

トーヨーホテルで開かれた集会では主催4団体(あさひかわ9条の会、あさひかわ東地区9条の会、あさひかわ西地域9条の会、A.F.M.A.)を代表して弁護士の菅沼和歌子さん(あさひかわ9条の会代表委員)が挨拶。ついで西地域9条の会、東地区9条の会、A.F.M.A.からそれぞれ決意表明が行われました。

決意表明のうち、A.F.M.A.代表YUMAさんのスピーチをご本人の了解を得て以下にご紹介します。

++++++++++++++++++++

憲法集会にご参加のみなさん、こんにちは。AFMAのYUMAと申します。
えー。たぶん、私の事を見たことある人は、ほとんどいないと思いますが、昨年の秋から縁があって旭川に参りました。新参者ですので、こんな大きな集会でAFMAの代表としてお話させていただくのは、大変恐縮しますが、どうか聞いていただければと思います。共謀罪が成立したら、こうした集会も制限されるんでしょうか?

私はいま、病院で事務職員として働いています。日々、窓口で患者さんと接していると、厳しい生活実態を目の当たりにする機会が多くあります。みなさんは、生活が苦しいと何のお金を節約しますか?どんなにお金がなくても住む場所と食事は最低限無いと生きていけないと思います。衣・食・住をギリギリまで切り詰めても、生活が苦しい人は、最終的に保険料が払えなくて保険証を取り上げられます。結果、体調は悪いけど、お金がないからギリギリまで我慢した結果、動けなくなって、病院に救急車で運ばれてくる方を私は何度も見てきました。また、全国ではその結果、治療が間に合わず、亡くなった患者さんもたくさんいます。

憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。病気や怪我をしたら、病院で治療するのが当たり前ですよね。でも、それすら満足に受けられない今の現実があります。

自民党の改憲案を見ると、まず「自助」=自分の事は国に頼らず自分で賄う。いわゆる自己責任です。次に「共助」=「自助」でできないことは、家族や近所の人で助け合う。それでもだめなら「公助」=「自助」「共助」ではやっていけない人に限って、限定して公的支援を行う。介護の世界では、いま、これがどんどん進められようとしていて、要支援1・2という比較的介護度の低い人達の、支援と利用料負担をターゲットにした、大幅な給付削減・負担増案の検討は現在進行形で進んでいます。

そもそも、自助とか、自己責任とか言う前に、軍事費を下げて、医療や介護、保育や教育などの私たちの生活に直結するものにお金使うべきじゃないでしょうか。2017年度予算でも軍事費、過去最高っていわれています。みんなの暮らしに税金つかえ!って思います。

まぁ、そうはいっても、正直、買い物通りで署名集めたり、デモを行っていると、心が折れることも多いです。あー、街中を歩いている人、全然話聞いてくれないな、そもそも関東に比べて歩いている人少ないなって思います。一方で生活は苦しいし、難しいことはわからないし。自分一人の力で何ができるんだろう、何か変わるのかなって不安になることは多いです。でも、声をあげないと、今よりもっともっと生きづらい世の中にされてしまう。僕が大事にしたい、「憲法25条」も「公益及び公の秩序」が「人権」よりも優先される世の中になってしまう。平和が大事なのに「9条」が変えられてしまう。そんなのいやです。だから、この集会に参加しています。しかも、僕は一人じゃありません。AFMAの仲間がいます。

昨年の9月19日、駅前でAFMAの戦争法反対のデモが行われました。ちょうど、僕は旭川に来たばかりで、買い物通りでやっていた、食べマルシェに遊びに行ってました。そこで、デモ行進をみて、旭川でも「戦争反対」と声をあげている仲間がいると知って参加したのがきっかけです。私自身、一昨年の戦争法案に反対する国会前行動には何度も参加してきましたし、同じ思いをもった人達と旭川でも出会えたことをとても嬉しく思いました。AFMAに限らず、北海道で活動している皆さんを尊敬するのは、あの真冬のマイナス気温の中で、雪にまみれて署名や宣伝行動を行う、その熱意です。生まれて今まで、雪国で冬を迎えた事が無い僕には驚愕の事実でした。

ご存じの方も多いと思いますがAFMAは「Anti-Fascism Movement in旭川」。ファシズムに反対する旭川の集団、という意味でして、多くの国民の思いを無視して、戦争法を強行採決し、共謀罪を強行採決しようとし、憲法改悪を押し通そうとする、今の安倍政権は本当にファシズムのカタマリですよね。断固反対します。

ここにお集まりのみなさんは、さまざまな思いをもって参加されていると思いますが、「戦争反対」「憲法守れ」の思いでは、一点共闘していると思います。同じ思いの方と同じ時間を共有できる事に励まされます。そして、今日は全国で同じような思いで集会やデモを行っている仲間がいます。そのたくさんの方の存在に勇気づけられます。同時多発的に、全国各地で、行動し続ける事は大きな意味があると思います。僕は一人じゃない、私達は一人じゃない。僕達一人一人の力は「微力だけど無力ではない」。そう信じています。共にがんばりましょう。ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

Dsc_2273

会場は各9条の会など関連団体のメンバーの他、一般参加の方々(全市配布のフリーペーパーに大きな告知広告が掲載された)や、市内高校放送部の取材もあり、熱気にあふれていました。

集会後、便宜的に全体を3グループに分けデモ行進し、旭川市中心部でアピールしました。A.F.M.A.の若者や一般参加者は第3グループ。サウンドトラックを先頭にデモ行進しました。

Dsc_2288

Dsc_2284

Dsc_2292

Dsc_2304

Dsc_2317

デモは10代・20代・30代と重層的なトラック上のコールメンバーの声にこたえ、デモ隊列から、時折沿道からも声があがり、注目を受けました。旭川平和委員会は集会・デモの趣旨を全面支持し、個々の会員が参加者として、また要員として集会・デモの成功のため尽力しました。

集会とデモの様子は「北海道新聞」「赤旗」で報道されました。

1494319642313
●「北海道新聞」旭川上川のページ 5月4日付

20170509
●「赤旗」北海道東北のページ 5月9日付

|

2016年8月16日 (火)

2016年8月15日 平和祈祷会でスピーチ

8月15日の夜、日本基督教団が呼びかけ旭川市内および上川管内のキリスト教会などが共同で開催している「平和祈祷会」にお招きいただき、パネリストの一人として当会事務局長が12分間のスピーチと、全体ディスカッションでの質疑応答に参加しました。

Image2

会場の日本基督教団旭川豊岡教会には47名が集まりました。
第1部で賛美歌や牧師さんのお話などがあり、第2部で4名のパネリストが平和について12分スピーチ。質疑応答の後、第3部でお祈りをして閉会、という流れ。

パネリストの一人目はA.F.M.A.メンバーのあみさん。91歳の祖母から聞いた戦争の話。A.F.M.A.との出会いや、活動を通じて今まで出会ったことのない人たちとの交流を通じての自らの成長。その原点でもある教会での活動。印象的だったのは「みんな自分らしく。幸せを叫べる世の中に」と願い、そのために様々ぶつかる事があっても「(自分に)何ができるか、祈って、答えを求めたい」との決意。一直線に前を見てすすもう、という若者らしいスピーチでした。

二人目に当会・由井事務局長がスピーチ。平和委員会の活動を通じて出会った現元自衛官の方々との交流を通じて学んだことや支えることができた内容なども紹介し、「まじめな自衛官の方々の声を受け止め、一緒に考えることのできる活動が基地の町に必要」と呼びかけました。

三人目は美深の酪農家の女性。原発事故を機に「おかしい」と疑問を持ったことを自分なりに調べ、周りにも知らせながら活動してきたと紹介。「一人の母親として安倍政権の国づくりは怖い」「自民党改憲草案はおかしい」と指摘。経済効率ばかりが優先される世の中を子どもの世代に渡したくない、と行動しているそうです。でも小さな町では発言しづらいこともある、と。自分の言動が誤って他者に伝わったり曲解されてしまい怖いとも思う、と。欧米では家族間で議論することもしばしばで、それでも「意見が違うだけ」と尾をひかない。日本では意見が違えば人格自体否定されるよう、だと。まず家庭のなかから、と子どもと向き合うことに頑張っている素敵なお母さんでした。

最後に日本聖公会旭川聖マルコ教会の広谷牧師さん。被爆者の平均年齢が80歳を超え、戦争体験にも共通することですが「記憶の継承」が課題だと指摘。高橋哲也さんが紹介している英語圏で活発になりつつある「ポストメモリー」という動きが大事ではないか、と発言されました。若い世代が戦争体験者から聞き取りや映像を通じてなど記憶を受け止め、伝える。ポストメモリー自体が今後10年20年、100年と続き、しっかり取り組まれれば、よりはっきりとした輪郭の記憶が継承できるのではないか、と指摘されました。

その後、質疑応答で3人の方が質問され、交流がなされました。

宗教者の方々が継続して取り組まれているこれらの取り組みは貴重な活動蓄積と交流になっていて、今回のように私ども平和委員会やA.F.M.A.など他者の取り組みに学ぼうとされる姿勢は尊敬の一言です。

なお上記パネリストのスピーチ概要は参加した由井事務局長の個人メモによるもので、省略の仕方や受け止め方によるニュアンスの違い、発言者の意図と異なる表現もあるかもしれません。あくまでメモとして紹介させていただきますので、その旨ご了解ください。

|

2016年1月17日 (日)

2015年12月19日 トーク&ライブイベントにライブハウス満杯の110名

毎月19日行動の3回目は、「We will never forget 9.19 Extra」としてライブハウス「モスキート」を借りて、『経済的徴兵制』の著作がある平和新聞編集長の布施祐仁さんと、トンコリ奏者のOKIさんを招き、トーク&ライブイベントとして開催。高い入場料にもかかわらず、会場満杯の110名が参加しました。

Culmzkruyae4cem

Culmzkjuwaabtkv

イベントは、布施さんに経済的徴兵制の現状を、OKIさんに脱原発ソングなど社会的メッセージを込めた楽曲を発信している思いをお聞きするトークパートと、OKIさんのライブパートの2部構成で準備しました。

Img_9716

イベント冒頭、挨拶するA.F.M.A.コアメンバー。最初にA.F.M.A.の活動を紹介する動画視聴とスピーチがありました。

Img_9725

トークパートがスタート。

Img_9726

経済的徴兵制のリアルを語る布施祐仁さん。
近著の『経済的徴兵制』(集英社新書)では北海道の取材も行い、自衛官募集活動の現場に鋭く切り込みました。

Img_9737

トーク終了後の休憩時間で、サインセール。
準備した『経済的徴兵制』は完売しました。

Dsc_0446

ライブパートではOKIさんの素晴らしいトンコリの音色に歌声が披露され、会場はテンションMAXに盛り上がりました。

Cwol_jnu4aapjhs

イベントの様子は新聞各社が報じました。上は北海道新聞12月20日付旭川上川のページ。

151222_1231_001

こちらは12月22日付赤旗北海道・東北のページ。

|

2015年5月19日 (火)

2015年5月16日、原発ゼロをめざす旭川連絡会が年次総会・記念講演

5月16日(土)、原発ゼロをめざす旭川連絡会総会と記念講演が行われ、泊原発廃炉訴訟弁護団事務局長の菅澤紀生弁護士が「全国の原発訴訟と泊原発訴訟」と題し講演くださいました。

2015516

記念講演後に開かれた年次総会で、2014年活動総括が確認されました。「原発のない北海道を」署名は2014年度中に9514筆集約し、連絡会発足の2012年以来累計で36900筆の「原発ゼロ」署名を集約。北海道原発連を通じて5月中に北海道庁に提出されます。総会では引き続きコープさっぽろ店舗前署名行動を行うことなどを軸に「原発のない北海道を」署名の集約をすすめ、道民世論の力で泊原発の再稼動阻止、廃炉をめざす等、2015年活動方針を決めました。共同代表は全員が再任され、事務局も確認されました。

|

2015年5月9日、旭川で核兵器廃絶国民平和大行進

毎年、北は礼文島、南は沖縄から出発し広島・長崎に向かう国民平和大行進が行われています。全国各地を多くの幹線コース、網の目コースが網羅し、自治体を訪問しながら行進が行われています。

5月始めに礼文島を出発した行進が9日、旭川に入りました。今年も「旭川平和行進」として花咲運動公園を出発、旭川市役所前広場まで平和行進が行われ、80名が参加しました。

Photo
(写真提供:あさひかわ西地域9条の会)

実行委員会に加わる旭川平和委員会からも複数のメンバーが参加しました。

Photo_2
(写真提供:あさひかわ西地域9条の会)

行進は陸上自衛隊旭川駐屯地前を通過。写真向こう側に見えるレンガ造りの建物は自衛隊資料館の北鎮記念館。核兵器廃絶のみならず、戦争立法反対も呼びかけました。

行進後は旭川市中心部で「核兵器全面禁止のアピール」賛同署名を呼びかけ、短時間ながら65名から署名が寄せられました。

行進が行われた9日前後に上川管内7自治体を「通し行進者」や道北原水協役員らが訪問し申し入れ・懇談が行われました。

|

2015年3月11日 (水)

3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故から4年。原発ゼロ求め街頭署名行動

震災・原発事故から4年がたちました。原発ゼロをめざす旭川連絡会では福島第一原発事故の教訓を生かし、泊原発再稼動に反対し廃炉を求め、3月11日昼に街頭署名行動を行いました。

Img_7904

Img_7902

Img_7908
■シール投票の結果
脱原発の佐藤のりゆきさん 65票
国におまかせ、高橋知事 12票
わからない 5票

311

行動参加は17名。30分と短い行動でしたが55名の市民から署名が寄せられました。

|

2015年2月23日 (月)

2015年2月21日、「3・1ビキニデー旭川集会」に30余名

1954年3月1日にマーシャル諸島・ビキニ環礁で行われたアメリカの水爆実験で放射性降下物を浴び被災した第五福竜丸はじめ日本漁船や現地住民の被害を明らかにし、二度と繰り返さず核兵器廃絶・被災者支援をすすめる「3・1ビキニデー」の旭川集会が21日、旭川市内で開かれ30余名が集まりました。

Sn3d0088

集会では第五福竜丸展示館主任学芸員の安田和也さんが「核なき世界へ~第五福竜丸は航海中」と題して講演されました。2時間近い講演のなか、ビキニ事件の全体像を明らかにした安田さんは「北海道とビキニ事件」として、北海道との関わりを紹介され会場の参加者から驚きの声があがりました。

講演後、今年5月にニューヨーク・国連本部で行われるNPT再検討会議への要請団の一員として渡米予定の久保田イク子さんが挨拶。

Sn3d0089

久保田さんは核兵器廃絶を求める国際署名の力が世論を形成しているとし、署名呼びかけを広げようと訴えました。また渡航費等の寄付も呼びかけました。

|

2015年2月16日 (月)

2015年2月6日、原発再稼動反対、泊原発廃炉願う旭川「金曜広場」に参加

厳冬期の2月6日、旭川冬まつりがスタートした夜に旭川市中心街4条買物公園で行われた旭川「金曜広場」に参加してきました。これは原発再稼動反対、原発廃炉を求める官邸前行動に呼応した街頭行動で、ずっと続いています。脱原発を願って呼びかけ、地道に続けてこられた有志のみなさんの行動で続いています。筆者自身、参加は久々で、この間続けられてきたみなさんに心から敬意を表します。

Sn3d0081

行動は毎回、午後6時~7時半まで。自分の思いを表現したプラカードや「のぼり旗」など持ち寄って静かに立ちます。あくまで、個々人の思いで立ち、アピールします。旭川の行動はビラを配布したり、道行く市民にマイクで訴えたりはしません。ですが、静かに主張を掲げ、見てもらいます。

Sn3d0079

参加は20名程度、でしょうか。この日ちょうど、国政調査のため旭川に来ていた当選ほやほやの畠山和也衆院議員(共産、北海道比例)が飛び入り参加。畠山さんは札幌・道庁前の金曜行動にもずっと参加している人で、聞くところによれば「道庁前行動に国会議員はたくさん来てくれるが、道庁前行動の参加者から国会議員になったのは畠山さんが初めてだ」と言われているとか。

Sn3d0076

真ん中(向かって右手)が畠山衆院議員、右端が同行された真下紀子道議会議員(共産、旭川市)。左端は同じく同行された能登谷繁旭川市議(共産)。

Sn3d0083

その後、顔見知りの女性たちと立ち話をしながらアピールを続けました。一緒にたっていた女性の「のぼり旗」がなかなか素敵なことに気付きました。カトリック正義と平和協議会の「いますぐ原発の廃止を!」旗。同じデザインのプラカードも掲げていました。以前、カトリックの神父さんのお話を聞く機会がありましたが、地球を破壊する原発はなくさなくてはいけない、との話に心熱くしました。「原発なくそう」の一点で、保革をこえた、宗派をこえた、大切な共同が地道につくられつつありました。

Sn3d0082

雪だるまが見守るなか、行動が続けられています。
また近々参加したいと思います。

|

2013年10月28日 (月)

2013年10月19日、今年最後のコープさっぽろ店舗前原発ゼロ署名行動

原発ゼロをめざす旭川連絡会は10月19日、コープさっぽろ忠和店前で「原発のない北海道を」全道100万人署名行動に取り組み6団体7名が参加し1時間で74名から署名が寄せられました。

Img_5681

連絡会が旭川市内で取り組む「原発のない北海道を」署名の生協店舗前での行動は今年2年目。

4月の東光店を皮切りに月1回行動し、この日の忠和店で旭川市内店舗を一巡しました。7店舗の行動に、のべ100名が参加。店舗前だけで合計958筆を集約しました。連絡会が旭川市内で集約をめざしている3万署名からすれば進捗率55%。

Img_5689

雪深い冬にむけて、学習と交流を思い切って重視し身近な口コミ署名を広げたいですし、署名つきハガキビラが届いたので活用して呼びかけを広げたいです。

Img_5665

コープさっぽろ忠和店の駐車場のナナカマドは赤い実をたくさんつけ、いよいよ秋から冬へと季節が移り変わる気配です。

|

2013年10月27日 (日)

2013年7月27日、コープさっぽろ永山シーナ店前で原発ゼロ北海道署名呼びかけ

原発ゼロをめざす旭川連絡会はコープさっぽろ永山シーナ店前で1時間署名行動をしました。行動には7団体から11名が参加。元北電社員の水島さんも署名板をもち署名協力を呼びかけました(写真下、左側の男性)。

Img_5322

署名呼びかけに最初はピンときていなかったような若い女性も、新婦人から参加したOさんの説明をしっかり聞き、納得したかのように署名していってくれました(写真下)。

Img_5324

署名は1時間で121筆が寄せられました。

|