治安維持法

2013年4月20日 (土)

2月22日、70年目の命日に映画『白バラの祈り』上映会

旭川平和委員会は22日、打倒ヒトラー・戦争反対を訴え1943年に非暴力抵抗運動を行った「白バラ抵抗運動」の若者達を史実に基づき描いた映画『白バラの祈り~ゾフィー・ショル、最後の日々』の上映を行いました。

Img_4111

22日は主人公ゾフィー・ショルら3名がナチズム裁判で死刑宣告をうけ処刑されてからちょうど70年の命日にあたります。「憲法を変えて国防軍をつくる」と安倍政権が公言しているなか、「再び戦争をする暗黒社会に戻してはならない」と自主上映を決めました。上映会は午前と夜間の2回行われ、100名の市民が足を運びました。

映画は2005年のドイツ映画で、2006年から日本でも劇場公開されました。反ナチスのビラを大学構内で配布し秘密警察に逮捕されたゾフィーらが取り調べの過程でユダヤ人虐殺や戦争の誤りを正面から論じ、取調官が良心の呵責に苦しむ姿が印象的です。「国防軍反対サウンドデモ」を前に、声をあげていくことの大切さを伝えようと企画しました。北海道新聞でも報道され、若者も含む市民が駆けつけました。

ある参加者は「この日本でも絶対に起きないとはいえない時代になってきている」とし、「改めて憲法改正の問題など、よく考え、伝えていかなければ」と感想を述べています。

| | コメント (0)

2010年8月20日 (金)

反戦川柳作家・鶴彬の生涯描く映画、9/14旭川で初上映

Photo
つる あきら
鶴  彬

戦前活動した川柳作家です。
川柳といえば、サラリーマン川柳とかピリッと風刺をきかせた印象です。
鶴彬は侵略戦争を止めたい気持ち、庶民の生活を貧困から抜け出させて、みんなが平凡に生活できるようにしたいという理想を秘め、その思いを表現するために反戦川柳、プロレタリア川柳を詠みました。

暴風と海の恋を見ましたか

初期にはこのような情景的な川柳を詠んだそうですが、戦争が本格化してくると川柳の印象も一変します。

万歳とあげて行った手を大陸へおいて来た
高梁の実りへ戦車と靴の鋲
屍のゐないニュース映画で勇ましい
手と足をもいだ丸太にしてかへし

最後の「手と足を…」は鶴の代表作の一つとされ、当時、一家の大黒柱が戦争に奪われ、残された者たちの生活が成り立たない様を表現して反戦を訴えました。 しかし現在、鶴彬の名はあまり知られていません。若く強い意志があったため、悪法「治安維持法」違反で逮捕・投獄され、ついに勾留されたまま29歳の若さで亡くなります。

その鶴彬の早熟な才能を、作家の田辺聖子や佐高信など多くの人が評価しはじめています。そんな中、鶴彬生誕100年を記念して、「遠き落日」などで知られる映画監督・神山征二郎さんがこのドキュメンタリー映画「鶴彬 こころの軌跡」を作りました。

Photo_2

Photo_3

一見の価値ある作品です。道内では札幌に続き旭川が2ヵ所目の上映となります。多くの来場を呼びかけます。

と き 9月14日(火)
    ①10時30分~12時
    ②14時~15時30分
    ③18時30分~20時

ところ 旭川市民文化会館 小ホール
    旭川市7条通9丁目、旭川市役所隣

鑑賞券 大人前売 1000円(当日1200円)
    学生前売  800円(当日1000円)
    ※学生は中・高・大まで。小学生以下無料。

販売所 鑑賞券は旭川市内富貴堂各店、こども富貴堂で取扱中。
    また、以下の場所でも販売中。
    ・旭川市民劇場
    ・新日本婦人の会旭川支部
    ・各地域9条の会事務局
    ・道北勤医協友の会連合会
    ・旭川川柳社
    ・旭川労働組合総連合
    ・旭川平和委員会

主 催 映画「鶴彬 こころの軌跡」旭川上映実行委員会
    電話090-8372-3286

後 援 旭川市教育委員会、旭川文化団体協議会

小説 鶴彬―暁を抱いて 小説 鶴彬―暁を抱いて

著者:吉橋 通夫
販売元:新日本出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

反戦川柳作家 鶴彬 反戦川柳作家 鶴彬

著者:深井 一郎
販売元:日本機関紙出版センター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ストレート−蟻食いを噛み殺したまま死んだ蟻・鶴彬−
配信元:電子書店パピレス
提供:@niftyコンテンツ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

集会告知:3・15大弾圧事件80周年記念集会

2008年3月15日の夜、旭川市内で「3・15大弾圧事件80周年記念集会」が開かれ、映画「蟹工船」が上映されます。

3・15大弾圧」とは、1928年3月15日未明に共産党、労農党をはじめとして進歩的労働者・農民など1600余名が検挙され、言語に絶する拷問を加えられた治安維持法違反事件のことです。2月例会報告でもご紹介しましたが、治安維持法違反を理由として反戦平和や民主主義を求める人々の言動がことごとく弾圧され、同法施行下の20年間で逮捕者数十万人、虐殺80人、獄死1.617人、送検者75.681人、実刑5.162人にのぼりました。

弾圧の犠牲者等でつくる「治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟」道北支部は、以下のとおり同事件80周年記念イベントを開催します。治安維持法による民主主義への徹底弾圧を過去のこととせず、いまを生きるために役立てることは貴重な視点です。ぜひあなたも参加してみてください。

3・15大弾圧事件80周年記念集会

とき:2008年3月15日(土)午後6時30分~

ところ:ときわ市民ホール304号室

内容:小林多喜二不朽の名作「蟹工船」(監督・脚本:山村聡)を上映

wikipedia「蟹工船」も参照ください

費用:入場無料

主催:治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟道北支部(℡0166-22-2133代)

--------------------

マンガ蟹工船 マンガ蟹工船

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

蟹工船 蟹工船

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

蟹工船 蟹工船

販売元:北星
発売日:2007/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫) 蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)

著者:小林 多喜二
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

蟹工船・不在地主 蟹工船・不在地主

著者:小林 多喜二
販売元:新日本出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)