在日米軍

2017年4月22日 (土)

2017年4月19日 辺野古新基地反対・沖縄と旭川連帯する街頭スタンディング

4月19日夜、小雨降る北海道旭川市中心街で「辺野古新基地建設反対・沖縄と旭川を結ぶ街頭スタンディング」が行われ、市民40名が参加しました。

Imgp4296

呼びかけたのはレッドアクション旭川と「9・19を忘れない」街頭スタンディング有志、安保法制反対若者グループA.F.M.A.など。平和委員会の会員や平和新聞読者も主催側に加わり、積極的に参加しました。行動では5名がリレートークしました。

Imgp4348

A.F.M.A.の瀬尾雅博さんは沖縄民謡『てぃんさぐぬ花』のR&BアレンジをBGMに流しながらスピーチ。瀬尾さんは「16年前、初めてこの曲を知りこの歌詞に感銘を受けた頃の私は、その時はまだ、沖縄が抱えている戦後の問題・米軍の基地の問題についてはほぼ無関心」だったと振り返りました。その後「この曲を始めとする様々な沖縄の音楽に触れていく中で、沖縄の歴史を知ることなくして沖縄の音楽は語れないと言うことを知」った瀬尾さんは一昨年、戦争法案が国会で審議されるなか街頭で声をあげ続けました。「沖縄の問題は…旭川のような大きな駐屯地のある北海道の街とも同じこと」だと、同世代に「無関心はやめよう」と呼びかけました。瀬尾さんはスピーチの最後に、5月27日に平和新聞の布施祐仁編集長を旭川に招き南スーダンPKO自衛隊派遣問題で学習講演会を行う予定であることを紹介し、幅広い参加を呼びかけました。

|

2016年4月26日 (火)

2016年2月22日 旭川平和委員会公開例会「旭川の若者活動報告会」

旭川平和委員会は2月22日、「旭川の若者活動報告会」と題して諸問題に目をむけ実践する若者を招き、活動報告していただく公開例会を開催。会内外から30名余が参加しました。

最初に「AKBとTPPの違い」と題してレポート報告したのは旭川で安保法制に反対する街頭行動を続ける若者グループ「A.F.M.A.」メンバーのショウコさん。「TPPが発効したら日本は大変なことになる。いま関心を持っていない若い世代にも考える機会になれば」と手作り15項目でアイドルグループ「AKB」と「TPP」を対比させ、興味をもってもらいつつクイズ形式でTPP条約の内容や問題点を明らかにしていく一覧を作成。画像もおりまぜながら30分にわたりプレゼンしました。

Dsc_0731

ショウコさんは冒頭、AKBの歌を歌い踊りながら登場。安価に購入したアイドル風の服装も身にまとい、本格的です。

Dsc_0728

次に報告したのは沖縄・辺野古で米軍新基地建設反対の最前線を見てきた学生シンさん。自身も座り込みに参加し、自ら警官隊に対峙しながら撮影した動画を紹介しながら報告しました。

Dsc_0735

それぞれの報告者に参加者からの質問も出され、活発に交流しました。この報告会の様子は「しんぶん赤旗」の取材もうけ、同紙2月25日付地方版で報道されました。

20160225

|

2012年12月30日 (日)

自衛隊のオスプレイ導入に反対!

在日米軍のオスプレイ配備が検討されていた頃から懸念していましたが、やはり自衛隊がオスプレイを導入したいと言い出したようです。東京新聞の本日(12/30)付一面トップ記事からご紹介します。

2012123002
事故も多いV-22オスプレイ。それどころか航続距離が伸び、侵略型の装備といっても過言ではありません。日本国憲法と相容れません。導入は断固反対。調査・研究費も予算措置すべきではありません。防衛省はオスプレイ導入を諦めてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

2010日米共同訓練@上富良野:在日米陸軍司令官のインタビュー記事

上富良野で行われている日米共同訓練に関わって、今日11月10日の北海道新聞に在日米陸軍司令官のインタビュー記事が出ていました。短いながらも本音を述べている部分もあったのでニュース紹介します。

0003
■2010年11月10日/北海道新聞

記事では、在日米陸軍司令官のマイケル・ハリソン少将が幾つか答えています。後半は一般的なことしか述べていませんが、前段、「(北海道は)いい演習場があり、より現実的な訓練ができる場を提供している」と述べているところに注目しました。

これまでも推測されてきたことではありますが、アメリカ軍にとってなぜ北海道なのか?なぜ矢臼別なのか?というとき、気候や雰囲気が「アフガニスタンに似ているから」ではないかと。オバマ大統領が対アフガン戦を強化するというとき、北海道の演習場がより重要な意味をもつのかもしれません。それは矢臼別での沖縄県道104号線越え実弾砲撃訓練の訓練移転が固定化される危険性でもありますし、道内の全ての演習場、とくに規模の大きい北海道大演習場と上富良野演習場での演習固定化など、地元住民にとって重大な生活環境の変化をイメージせざるを得ません。

また、これまでの報道によれば開発中の無人偵察機が公開されたり(しかも、災害時に役立つなどと説明つきで!)、「将来の戦い方を研究する実働検証」も行われたとあります。これらは結局、第2師団が現在進めている先進IT化師団としての各レベルの装備が米軍との間で連携性を保持し、適切に運用できるようになっているかのテストだったのではないか?と推察するのです。

簡潔にいえば、アフガニスタンで米軍と自衛隊が連携して掃討戦(という名の住民虐殺)を実行できるかの訓練ではないのか?ということ。これが全くの「想像力の産物」と言い切れるだけ現実は生易しくないように思います。

引き続き動向に注視します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

11月2日~11日:上富良野で日米共同訓練

9月はとても忙しかった当ブログ管理人山田です。久々の更新となります。

さてさっそくですが既に8月に発表されていた情報ではありますが、日程などやや詳しい情報が入りましたのでお知らせします。11月2日~11日まで、上富良野演習場・同駐屯地を舞台に日米共同訓練(国内における米陸軍との実働訓練)が行われます。今回はミズーリ州兵280名がやってきます。

20101005
■上富良野駐屯地広報によるプレスリリース

+++++

上記以外の詳細はわかっていません。

続報は近々掲載予定。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

4・24-25「県民大会」など沖縄からのリポート

先日、徳之島の1万5千人集会をリポートしてくださった「戦争ホーキの会」の井代亮子さんが、続いて渡った沖縄から「4・25沖縄県民大会」を中心にリポートを送ってくださいました。移動中の忙しい最中にもかかわらず、メールで現地の様子を寄せてくださった井代さんに感謝。メールなので要点のみザクッと報告。手を加えずそのまま転載します。(写真のみ、ウェブ上から転載)。

----------*----------*----------

沖縄本島で熊さん(戦争ホーキの会メンバー。東川9条の会代表として県民大会に参加<山田注>)に合流。

24日はヘリ基地候補地のホワイトビーチ沖を世界遺産の勝連グスクより眺める。神に見守られた美しい蒼い海。

辺野古のテント村に行く。徳之島反基地の署名をおいて頂いており 安次富さんと語らっていると、藤本監督とばったり。

Image_02

4月25日の読谷は快晴 沖縄県内地区毎にバスが出るなど乗り合わせて向かうも、渋滞のため会場にたどり着けない人も多いようだ。となり会場では読谷村での米兵によるひき逃げ事件の抗議集会 バンド演奏や勝連の子供たちのアトラクションがあった。

集会が始まり地区や団体ごとの旗がたなびくなか 会場を囲むように木陰にたくさんの人たちが静かに座る。うたの島おきなわ 踊りの島おきなわ 笑顔で包むように語る人びと。蒼い海に浮かぶ珊瑚のしまにかつて鉄の雨を打ち込み焼き払ったのも人間。いまだに静かに生きる権利さえ奪い続けるのも人間。しずかに座る人びとに怒りの深さ、悲しみの深さを見る。

徳之島の署名をもつわたしにおじいが問う。「かつて琉球が奄美にしたことを徳之島のひとは恨んでますか?」「徳之島のひとは沖縄のうた好きですか?」。今回沢山の沖縄の方に 「徳之島は兄弟島」「 同じ思いをさせたくないよ」、と 温かい応援を頂いた。シマンチュでもない私がメッセンジャーとして役に立てることは嬉しく不思議な事である。

----------*----------*----------

井代さん、ありがとうございました。新聞やウェブニュースからは伝わってこない、現地の人々の温かみのある言葉や問いかけが伝わってくるようです。続報もぜひお待ちしています。

なお、この集会の様子は現地で大きく報道されました。NHKや民報各局は大会の様子を生中継しました。どれだけ多くの県民の目に留まったことでしょうか。それは翌日の新聞も同じです。

91518712 ■琉球新報

それに比べ北海道新聞の扱いの小さいこと。

P4260097 ■北海道新聞

本土の全国紙で最も詳細だった「赤旗」ほど強烈に詳しくとはいいませんが。

P4260090 ■赤旗

せめて一般全国紙で一番詳細だった読売新聞ほどには位置づけてほしかったと思います。

P4260095 ■読売新聞

やや山田の主観的な意見が混じりました。
失礼しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

「4.18徳之島1万人集会」現地からのリポート

4月18日、普天間基地移設先の「腹案」とされた徳之島で、基地移設反対の大集会が開かれ島民1万5千人が集まりました。この集会に、旭川で一緒に平和運動を取り組んできた「戦争ホーキの会」の井代亮子さんが参加されました。井代さんから現地リポートを寄せていただきましたので以下に全文ご紹介します。写真も井代さんからの提供によります。

----------*----------*----------

「4.18徳之島1万人集会」

戦争ホーキの会の井代です。

おきらくな奄美旅行のつもりが集会ツアーとなってしまいました。18日朝、奄美大島から船で徳之島入りしました。奄美からは徳之島出身のおじさん、おばさんも多く乗り、お弁当を広げながら故郷の話に花が咲いていました。

集会会場の漁港には指笛、太鼓が打ち鳴らされ、人口27000人の島内人口にして15000人が集まるという歴史的集会となりました。普天間基地移設の候補地としてテレビ報道がされたのが1月下旬。鳩山首相の腹案として急浮上して2週間で今回の集会を準備したのは島の普通の人々でした。島の隅々に立つ反対の看板、ポスターにシマンチュの熱い心意気が感じられます。

Dscf2331

徳之島はウチナーとヤマトに翻弄された歴史を持ち、戦後8年にわたる米軍統治を経験しています。劇的な復帰運動を担い、見て来た人々が、今の反基地運動の中心で、老人パワーがすばらしいです。

Dscf2329

集会成功後も鳩山首相は説得のための島内入り検討示唆しており、「テーブルに着いたときが合意」とする平山官房長官の以前の発言がある限り、3町長が首相に会えば負けとなります。普天間基地移設に対する政府のあいまいな態度やマスコミの誇張報道は基地問題が政権批判や「ここ以外のどこか」に移設するという、問題を矮小化させているように思います。島はわずかばかりの見返りは求めていません。普天間基地の即時閉鎖、無条件撤去をもとめ、沖縄と連帯し琉球弧の軍事前線化をくいとめる運動がはじまっています。

さて、もうすこし私は島に滞在し25日には沖縄集会へいこうとおもっています。

----------*----------*----------

井代さん、ありがとうございました。

現地の歴史的なたたかいや熱い思いが伝わってきます。最新の報道によれば政府から初面会を申し込まれた各町長さんは面会を断ったそうです。その記事だけでしたら、「面会くらいしてもよいのでは?」と対応に疑問を持つ人もいるかもしれませんが、文中にあるように「テーブルについたときが合意」だなんて傲慢な発言があったとわかれば納得いく「面会拒否」だと思います。

井代さんおっしゃるとおり、沖縄でいらない基地は日本のどこでも受け入れられないのです。銃剣とブルドーザーによって無法に占拠された米軍基地は即時無条件で返してもらうべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

4月11日「沖縄の〝心〟と連帯するつどいinあさひかわ」に110人

旭川平和委員会と旭川革新懇・安保破棄旭川・道北原水協・旭労連の5団体は実行委員会を結成し、4月11日に「沖縄の〝心〟と連帯するつどいinあさひかわ」を開催しました。つどいには、旭川を中心に周辺町村から、遠くは剣淵町からの参加者も含め会場溢れんばかりの110人が参加。沖縄の基地問題を我がこととして考えあいました。

P4110099

「つどい」には2人のゲストをお招きしました。

Dscf3558

1人は「いのち」「平和」をテーマに各地で歌をうたわれているシンガーソングライター鈴木君代さん。鈴木さんは京都在住の真宗大谷派僧侶で、東本願寺宗務所にお勤めです。今回、いのち・平和とともに沖縄の歌を歌ってくださいました。

携帯ムービーの撮影なので画面は揺れるし音も不充分ですが、会場での鈴木君代さんの歌声とトークを少しお楽しみください。

鈴木さんは約1時間、たっぷりと素晴らしい歌声を響かせてくださいました。会場に来たほとんどの参加者ははじめて聞く鈴木さんの歌声。会場では鈴木君代さんの最新CD「あなたに遭いたい」が12枚も売れました。手弁当で駆けつけてくださった鈴木さんに感謝。

もうお1人は沖縄県議会議員の渡久地修(とぐち・おさむ)さんです。

1271131727

渡久地さんは自作のパワーポイントプレゼンテーションを駆使しながら約1時間、沖縄の基地の現状と普天間基地問題について報告してくださいました。真の平和のために安保廃棄をめざしておられる渡久地さんですが「たとえ安保条約に賛成の立場の人でも、認めるわけにいかないほどひどいのが沖縄の米軍基地であり海兵隊なのです」と、侵略の基地・侵略の軍隊であること、アメリカ本国では存在自体が許されない欠陥基地の実態などについて詳しく解説してくださいました。

P4110111

特に会場の心を揺さぶったのは普天間基地近くの「普天間第二小学校」など宜野湾・嘉手納の6校で「校庭に飛行機(軍用機)が墜落」したことを想定した避難訓練が行われていたこと、その訓練マニュアルの紹介、子ども達が軍用機の爆音に「慣れ」させられてしまっていること、その事実にです。「墜落の危険、酷い爆音をそのままにさせてはいけない」と心は一つに。

渡久地さんの報告を聞いた札幌の中学一年生の感想が渡久地さんのブログにコメントされています。これは印象的で感動的でした。以下に転載してご紹介します。
◆渡久地修ブログ
http://www13.plala.or.jp/osamusan-t/
「遠い北海道まで来ていただいて、ありがとうございます。
母につれられて、とぐちさんのお話を聞きにいきました。中学1年の私でも、沖縄の問題についてわかりやすいお話でした。
空からトラックが落ちてきて亡くなった子どもの話がすごくショックでした。そんなことが二度とおきない沖縄になるように、心から願っています。」

Dscf3568

報告後、渡久地さんから「命は宝」の沖縄からの連帯の色紙が太田元美・実行委員会代表に手渡されました。

P4110132

会場からは割れんばかりの拍手が響きました。

--------------------

この集会、前日10日には札幌市西区民センターで開かれ、320名の超大満員(主催:札幌西区手稲区革新懇)。11日夜には隣町・東川町で開かれ、こちらも110名の満員で大成功だったとのこと(主催:東川9条の会。共催:比布・当麻・美瑛の各9条の会)。

二日間で540名が渡久地さんの報告を学び、沖縄に連帯しました。旭川会場では沖縄連帯募金を呼びかけたところ、4万6千余円の募金が寄せられました。各会場での募金も「かつてない金額」とのこと。いま、北から南まで、沖縄の基地問題を我がこととして取り組みが始まっています。

--------------------

4月25日には沖縄で「県民大集会」が行われます。ここ旭川でも沖縄に連帯した行動が計画されています。また、東川9条の会からは沖縄に代表派遣を行います。旭川の行動を以下に紹介します。

◆安保破棄旭川実行委員会が呼びかけ
「普天間基地即時無条件撤去を求める街頭署名活動」
4月25日(日)
午前11時30分~12時30分
2条買物公園・平和通

◆旭川憲法3団体が呼びかけ
普天間基地撤去ピースウォークin旭川
4月25日(日)
午後2時~
1条買物公園・平和通
※憲法3団体とは(旭川憲法を学ぶ会・生かそう憲法女性たちの集い・平和を守りくらにし憲法を生かす会)

みなさんの参加を呼びかけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

DVD「どうするアンポ~日米同盟とわたしたちの未来~」(2010年1月)

日本平和委員会と日本電波ニュース社が共同で企画・制作しまして、新安保50年学習資材としてDVD「どうするアンポ」が完成しました!内容は次のようなものです。

==============================

A5b8a5e3a5b1a5c3a5c8c2e7

【Part-1】アンポは日本を守ってる?(基礎編)23分

・神奈川県厚木基地での爆音被害
・高校生たちの議論
・街頭インタビュー「米軍基地、いる?いらない?」
・アニメ「アンポってなあに?」
・前田哲男さん(軍事評論家)インタビュー
・思いやり予算の使われ方
・日米安保と沖縄の歴史
・普天間基地と海兵隊
・ジュゴンが棲む辺野古での基地建設計画
・イラク戦争と日本
・変貌する日米同盟
・世界の潮流と日米安保廃棄への道
・高校生が辺野古を訪問

【Part-2】安保の闇、立ち上がる人々 22分

・Peace Music Festa! ~音楽で基地問題を広めよう~
・山口県岩国基地、市民の意識が変わった!
・神奈川県横須賀基地、原子力空母の危険性
・沖縄県高江、自然に囲まれた暮らしを基地が破壊する!
・日米安保と経済、雇用、農業、医療、暮らし
・日米密約を解明する 新原昭治さん(国際問題研究者)インタビュー
・米兵犯罪の被害者が立ち上がった!
・声を出すことの大切さ

■特典映像■
米軍基地 いる?いらない? インタビュー・フルバージョン 26分
軍事評論家 前田哲男さん インタビュー・ロングバージョン 5分
辺野古のおばあ(故・小禄信子さん) インタビュー 3分
1968年日本平和委員会制作「平和への道」 23分

==============================

もちろん旭川平和委員会でも取り扱っています。
1本5000円(消費税・送料別)
ライブラリー価格1本10000円

ご覧になりたいかた、ぜひご注文いただくとともに、市町村の図書館に要望していただけたらよいのではないかと思います。

さっそく個人で注文して鑑賞した当会青年部員Aさん(男性)から感想がメールで届きましたのでご紹介したいと思います。

------------------------------

■どうするアンポ、観て思うこと■

DVD 見ました。
アンケートで色んな人が 色んな意見を持ってるのが印象的でしたねー。一番、印象に残ったのは  若い女の子の「何で日本に居続けるの?」って意見ですねー。裸の王様っておとぎ話にあるけど アンケートで あの意見が一番率直な意見じゃないかなぁ。
アメリカ軍の無作法は何度も聞いてましたが改めて、DVDで学ぶとひどいものだと認識出来ますね。軍用機が民家に落ちた時 沖縄では 凄い騒ぎなのに アメリカ軍によってマスコミ、警察もシャットアウトしたってそれじゃ俺や一般的な国民が知らないはずですね。
しかし、政府はだらしがない。2008年の佐世保に 原子力空母が入港した際にも、すぐ近くに原子力発電所があって一歩間違えば 大惨事に……。わかりやすい説明だったので 幅広い人に見てほしいですね。
特に、いざという時アメリカ軍は日本を守ってくれると思う人に2004年イラク侵攻で 沖縄にある米軍ヘリが全て居なくなったっていう事実俺も、それは知らなかった。仮に少しでも日本人を守る意識があるなら、一時でも基地から全てのヘリが出払うはずはないですからね…。
日米安保は要らない。俺はそう思う。でもこのDVDは 安保に賛成の人も見やすくてわかりやすいんじゃないかな?
余談ですが、自民党や民主党がかかげるマニフェストの大半がアメリカからの要求である事もDVD 見る人は衝撃受けるんじゃないかな、「赤旗」とか取ってる人は皆さん知ってるけれど、意外と知らない人も居ると思うので…「小泉劇場の 郵政民営化」とか「医療制度改正」とか高速道路の事まで口を挟むんですね。
(DVDを)買って良かったです。他の皆さんにもオススメしたい。このDVDを鑑賞して意見討論して勉強会開けたらいいな。
長くなってすいません。もっと、メールで送りたいですが、あまり長くなっても俺まとまり下手なので、こんなところでやめておきます。
最後に沖縄の人が声を上げて 安保に反対の歌を歌ってました。いい歌です。CDで出てたら買って聴きたいですね。 (おわり)

------------------------------

どうするアンポ・公式ブログもご覧下さい。
http://anpo50.seesaa.net/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」

2009年2月18日、あさひかわ9条の会主催「プチ学習会」が行われました。プチ学習会というのは同会会員が講師を務め、それぞれが持っている情報を学びあい共有していこうという学びの場で、「プチ」の名の通り小さいながらも継続的に取り組まれています。

今回のプチ学習会では当会青年部長に講師依頼があり、『「気軽に会員誰もが講師を担おう」という趣旨は大事だし、それなら自分も頑張らないと…と考え、地域平和活動の先輩方のなかで僭越ながら引き受けさせていただいた』(青年部長談)と引き受けることになったそうです。

テーマは「北海道・道北の基地問題を考えよう」で、とくに道北地域での陸上自衛隊第2師団の姿と、その変化に注目し写真やデータ・資料を紹介しながら90分間報告しました。

Img_0319 ■画像処理あり(笑)

このプチ学習会には会員や当会青年部メンバーなど約20名が参加。報告後は活発な意見交換が行われました。意見交換のなかでは積極的な意見・提言が多く出され、講師役を務めた青年部長も「そのとおり。今後の活動に役立てさせてください」と感想を述べていました。

主催者のお一人は、「(報告内容の)進行の構成がとても入りやすくよかったです。身近な騒音問題から、自衛隊の子ども、若者へのリクルート(アメリカの話のよう)今の装備、米軍等との一体化の可能性がデーター、映像でじわじわ実感されてきました。プチ学習会で、会員のみなさまの知識や活動、情報など得意なものを持ち寄る学習会の意義を感じています。たくさんの方に聞いていただいてよかったです」と感想を寄せてくださいました。

今後も地域で憲法9条をまもる取り組みの輪を広げるために、各9条の会と協力・連携し、平和委員会の得手を活かしながら活動をすすめていきたいと思います。

加藤周一のこころを継ぐために (岩波ブックレット) 加藤周一のこころを継ぐために (岩波ブックレット)

著者:井上 ひさし,大江健三郎,梅原 猛
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3) | トラックバック (0)