例会・活動報告

2017年4月 1日 (土)

2017年2月26日、学習講演会「軍学共同って何だ?」に市民40余名。

2017年2月26日、北海道旭川市で学習講演会「軍学共同って何だ?」が開催され、市民や研究者ら40余名が参加しました。主催は旭川平和委員会などでつくる実行委員会。

Img_5933

旭川平和委員会では以前から「軍学共同」を問題視していましたが、2017年度予算要求で大学・研究者が防衛省の助成金を受けれる「安全保障技術研究推進制度」が前年度比18倍の110億円計上されていることを報道で知り、旭川平和委員会1月例会で「軍学共同」ミニ学習会を開催。「北海道の大学で何が起きているか現状を広く知らせよう」と学習講演会開催を決め実行委員会を立ち上げました。

Img_5940
〔講師の山形定さん〕

学習講演会では北大大学院工学研究院助教の山形定さんが90分間講演しました。山形氏は防衛省「安全保障技術研究推進制度」の特徴と問題点を紹介しながら北大や室工大など北海道での実情を紹介。防衛省の背後に「軍事ビジネス」とも呼ばれる防衛産業が利益拡大を狙って動いていること、「ディアルユース」(軍民両用性)の名の下に軍事研究へのハードルが下がっていることなどを詳しく述べ、それらの動きに対し北大職組や室工大教員有志の取り組みを紹介しました。山形氏は「大学など教育・研究機関に注目してほしい」と、市民と大学人の連携なしには解決できないことを強調しました。講演後、「重工業系の会社に勤める息子が軍事部門に異動になり心配している」(男性)、「デュアルユースの軍事と民生の区別をどう考えるか」(研究者)など活発な質疑応答がなされました。

Img_5948

学習講演会の最後に、旭川平和委員会は今後も「軍学共同」の中止と大学予算抜本増を求め、学習と行動を続けていくと決意表明しました。

会場では「軍学共同反対連絡会」が呼びかけた緊急署名の集約も行い、翌日、同連絡会に送付しました。

Img_5947

|

2016年8月16日 (火)

2016年8月15日 平和祈祷会でスピーチ

8月15日の夜、日本基督教団が呼びかけ旭川市内および上川管内のキリスト教会などが共同で開催している「平和祈祷会」にお招きいただき、パネリストの一人として当会事務局長が12分間のスピーチと、全体ディスカッションでの質疑応答に参加しました。

Image2

会場の日本基督教団旭川豊岡教会には47名が集まりました。
第1部で賛美歌や牧師さんのお話などがあり、第2部で4名のパネリストが平和について12分スピーチ。質疑応答の後、第3部でお祈りをして閉会、という流れ。

パネリストの一人目はA.F.M.A.メンバーのあみさん。91歳の祖母から聞いた戦争の話。A.F.M.A.との出会いや、活動を通じて今まで出会ったことのない人たちとの交流を通じての自らの成長。その原点でもある教会での活動。印象的だったのは「みんな自分らしく。幸せを叫べる世の中に」と願い、そのために様々ぶつかる事があっても「(自分に)何ができるか、祈って、答えを求めたい」との決意。一直線に前を見てすすもう、という若者らしいスピーチでした。

二人目に当会・由井事務局長がスピーチ。平和委員会の活動を通じて出会った現元自衛官の方々との交流を通じて学んだことや支えることができた内容なども紹介し、「まじめな自衛官の方々の声を受け止め、一緒に考えることのできる活動が基地の町に必要」と呼びかけました。

三人目は美深の酪農家の女性。原発事故を機に「おかしい」と疑問を持ったことを自分なりに調べ、周りにも知らせながら活動してきたと紹介。「一人の母親として安倍政権の国づくりは怖い」「自民党改憲草案はおかしい」と指摘。経済効率ばかりが優先される世の中を子どもの世代に渡したくない、と行動しているそうです。でも小さな町では発言しづらいこともある、と。自分の言動が誤って他者に伝わったり曲解されてしまい怖いとも思う、と。欧米では家族間で議論することもしばしばで、それでも「意見が違うだけ」と尾をひかない。日本では意見が違えば人格自体否定されるよう、だと。まず家庭のなかから、と子どもと向き合うことに頑張っている素敵なお母さんでした。

最後に日本聖公会旭川聖マルコ教会の広谷牧師さん。被爆者の平均年齢が80歳を超え、戦争体験にも共通することですが「記憶の継承」が課題だと指摘。高橋哲也さんが紹介している英語圏で活発になりつつある「ポストメモリー」という動きが大事ではないか、と発言されました。若い世代が戦争体験者から聞き取りや映像を通じてなど記憶を受け止め、伝える。ポストメモリー自体が今後10年20年、100年と続き、しっかり取り組まれれば、よりはっきりとした輪郭の記憶が継承できるのではないか、と指摘されました。

その後、質疑応答で3人の方が質問され、交流がなされました。

宗教者の方々が継続して取り組まれているこれらの取り組みは貴重な活動蓄積と交流になっていて、今回のように私ども平和委員会やA.F.M.A.など他者の取り組みに学ぼうとされる姿勢は尊敬の一言です。

なお上記パネリストのスピーチ概要は参加した由井事務局長の個人メモによるもので、省略の仕方や受け止め方によるニュアンスの違い、発言者の意図と異なる表現もあるかもしれません。あくまでメモとして紹介させていただきますので、その旨ご了解ください。

|

2016年8月15日 (月)

2016年8月15日 終戦記念日宣伝、いわゆる「赤紙配布」

終戦記念日の15日、旭川市2条買物公園では平和・労働団体などによる終戦記念日街宣、いわゆる「赤紙配布」宣伝が行われました。主催は旭川労働組合総連合・原水爆禁止道北協議会・旭川平和委員会。このほか、新日本婦人の会、道北勤医協などから参加があり、あわせて25名が参加しました。

Dsc_1354

宣伝では5名がリレートークしました。

Dsc_1360

旭労連の平山沙織さんは牧師であった祖父の戦争体験を紹介し、自身が引き継いだ「二度と戦争を起こしてはならない」との強い思いを訴えました。道北原水協の石川厚子さん(旭川市議)は南スーダン派遣中の自衛隊をとりまく危険性と自民党改憲草案の中身を紹介。平和憲法を守ろうと呼びかけました。

Dsc_1352

道行く市民や観光客は次々と「赤紙」を受け取り、読んでいました。外国人3人組に声をかけ簡単に説明して「赤紙」を渡すと、受け取った女性が「赤紙」を上に掲げる一幕も。通行中の乗用車が路肩に停まり、運転席から「1枚ちょうだい」と呼び止められました。

|

2016年4月26日 (火)

2016年2月22日 旭川平和委員会公開例会「旭川の若者活動報告会」

旭川平和委員会は2月22日、「旭川の若者活動報告会」と題して諸問題に目をむけ実践する若者を招き、活動報告していただく公開例会を開催。会内外から30名余が参加しました。

最初に「AKBとTPPの違い」と題してレポート報告したのは旭川で安保法制に反対する街頭行動を続ける若者グループ「A.F.M.A.」メンバーのショウコさん。「TPPが発効したら日本は大変なことになる。いま関心を持っていない若い世代にも考える機会になれば」と手作り15項目でアイドルグループ「AKB」と「TPP」を対比させ、興味をもってもらいつつクイズ形式でTPP条約の内容や問題点を明らかにしていく一覧を作成。画像もおりまぜながら30分にわたりプレゼンしました。

Dsc_0731

ショウコさんは冒頭、AKBの歌を歌い踊りながら登場。安価に購入したアイドル風の服装も身にまとい、本格的です。

Dsc_0728

次に報告したのは沖縄・辺野古で米軍新基地建設反対の最前線を見てきた学生シンさん。自身も座り込みに参加し、自ら警官隊に対峙しながら撮影した動画を紹介しながら報告しました。

Dsc_0735

それぞれの報告者に参加者からの質問も出され、活発に交流しました。この報告会の様子は「しんぶん赤旗」の取材もうけ、同紙2月25日付地方版で報道されました。

20160225

|

2015年7月28日 (火)

7月26日「いらんしょ!戦争法案」街頭行動vol.4@旭川駅前

7月26日(日)午後1時から、旭川駅前(宮下通・買物公園、西武B館前)で6月以来4回目となる「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い40名がそれぞれの思いを胸に歩道に立ちました。

この行動は2013年11月、秘密保護法の国会審議中に「秘密保護法は『いらんしょ!』(いらないよ!)」という緊急行動として呼びかけられ、集会ではなく一人ひとりが自覚的に歩道に立ち、通行人にアピールする場として提唱されました。以後、少ないときで月1回、多いときは月4-5回行われ、参加者も多いときで100名以上が行動しました。集団的自衛権行使の閣議決定が問題になった時期は「いらんしょ!集団的自衛権」として呼びかけ、今年6月から「いらんしょ!戦争法案」街頭行動として取り組まれています。

26日は時折激しく雨が降るなか、遠くは東京や群馬から仕事・旅行でたまたま通りがかった人、帯広からこの行動に参加すべく駆けつけた人など多彩な飛び入り参加があり、リレートークでマイクを握り、スピーチしました。

Img_9102

「せんそうやめて」と念仏者9条の会作成ポスターを掲げる女性や、親子で参加した男性ら。

Img_9111

「また戦場に?」と、二度と看護師を従軍させない決意を込めてプラカードを掲げる元看護師さん。

Img_9114

思い思いのデコレーションを作って駆けつけてくれた人たち。

Img_9112

若者はプラカードを高く掲げて「雨にも負けず」と強くアピール!!!

Img_9130

群馬から飛び入り参加してくださった旅行中の男性。隣で見守るのは深川から駆けつけてくれた無所属市議会議員さん(新党大地推薦)の佐々木さん。スピーチでは佐々木深川市議も「自衛隊員の命を守れ」と熱く訴えてくださいました。

Img_9138

「本当なら今頃、国会前行動に参加していたはず」という男性は仕事のため急きょ旭川に来なければならなかったとか。すると駅前で何かやってる、と声かけてくれて、そのまま飛び入りでスピーチ。感謝です。

Img_9141

行動では8月15日に超党派で行われる「絶対に戦争をさせない道北集会&デモ」の若者向けフライヤーなどを配りました。

Green_bear004_002

安保関連法案に不安を感じている多くの市民が「廃案」の一点で参加してもらえるよう、旭川平和委員会としても心から呼びかけます。1000人以上の参加で成功させ、道北・旭川から安倍政権に「安保法案NO」の意思表示を示しましょう。

|

2015年7月16日 (木)

7月15日、「安保法案」衆院委強行採決抗議!旭川中心街緊急街頭行動

戦争法案の衆院特別委員会での強行採決が行われた15日午後5時から、旭川市一条平和通・西武前で旭川共同行動実行委員会が呼びかけて緊急レッドアクション(街頭行動)が行われ、150名以上が参加しました。

Img_8972

新日本婦人の会の女性たちを中心に、旭川民主商工会、道北勤医協、旭労連など多くの団体・個人が集まりました。行動では駆けつけた真下紀子道議会議員(共産)がコールするなか、「戦争反対」の声が響きました。

Img_8984

アッシュ前には「戦争法ダメヨ」の大看板が出され、通行人の目にとまっていました。これは目立つ、よい宣伝と思います。

Img_8992

署名には若者が次々と立ち止まり、協力してくれました。

Img_8979

学校帰りの高校生がたくさん署名してくれたのが印象的です。写真のかたではありませんが、ある高校生に「強行採決されたこと、知ってる?」と聞くと、「知っています。今日先生に言われました。先生は『君たちが戦争に行くことのないように、自分でよく考えなさい』と。だから私は署名します」と署名に名前を書きました。それだけでなく、「ラインでこのことをみんなに知らせます」とも。

Img_8968

少し離れた旭川駅前では別働隊となる旭川民商のみなさんが、イオン駅前店に出入りする市民にむけて街頭アピールを行っていました。

Img_8993

午後5時半からは「あさひかわ9条の会」「旭川平和フォーラム」などでつくる「戦争をさせない総がかり行動・旭川」も合流し、同じ場所で連帯して行動を行いました。宣伝カーからは若者代表して27歳男性(写真右端)が訴え、旭川弁護士会から憲法委員会委員長の畑地雅之弁護士(写真左端)がマイクを握りました。

「戦争をさせない総がかり行動・旭川」の街頭宣伝は16・17日も行われ、いづれも午後5時半から一条平和通旧エクス前で開催されます。両日とも、旭川共同行動実行委員会からも弁士がマイクを握り、協力して市民に呼びかけるそうです。

|

2015年7月12日、「いらんしょ!戦争法案」街頭行動@旭川駅前!

晴天に恵まれた7月12日、旭川駅前(宮下平和通・買物公園、旭川西武B館前)で6月以降3回目となる「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い、旭川市内だけでなく、滝川市・深川市・東川町や遠くは関東圏からも含め44名が行動に参加しました。

Img_8942

行動ではリレートークを行いながら、「戦争をさせない全国署名2015版」への署名を呼びかけ、同時に「海外で戦争する国」の是非を問うシール投票を実施。また戦争法案について解説した「戦争をさせない1000人委員会」と「自由法曹団」作成のリーフをそれぞれ配布しました。

Img_8891

署名には道行く市民が次々と立ち止まり、快く協力してくれました。

Img_8904

若い女性も、

Img_8924

若い男性も、次々と。署名は1時間の行動で138筆集約することができました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました。

Img_8907

シール投票にも親子連れ、家族一緒に…と次々立ち止まり、意思表示してくれました。

Img_8909

子どもさんもしっかりと自分の意思をシールに託しました。

Img_8916

年配の男性も。

Img_8945

1時間のシール投票の結果、合計で103名が投票に応じ、反対がやはり圧倒的で87名、賛成は3名、「わからない」が13名でした。投票にご協力くださったみなさん、ありがとうございました。

Img_8926

前日の11日に札幌で6000人の大集会とデモを成功させた弁護士会から畑地弁護士が参加いただき、リレートークで訴えていただきました。Tシャツの背中に描かれた「わたしたちは戦わない」「NO WAR」が印象的です。

Img_8919

隣接する深川市から飛び入り参加いただいた無所属市議の佐々木一夫さん。「自衛官の命を守れ」と熱く熱く力強く訴えてくださいました。

Img_8922

澤地久枝さんが「18日午後1時に全国で『アベ政治を許さない』のプラカードを掲げましょう」と呼びかけている行動を先取りして、同プラカを掲げ声いっぱい呼びかけてくれたみなさん。

20150714

この日の行動は北海道新聞の取材をうけ、14日付朝刊、旭川上川のページで紹介いただきました。紹介します。

今後も「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を続け、街頭で市民のみなさんに呼びかけ、一緒に戦争法案廃案させる世論を広げたいと考えています。

|

2015年6月30日 (火)

6月27日の「いらんしょ!戦争法案」街頭行動が紙面で紹介されました

6月30日付の日刊「しんぶん赤旗」北海道・東北のページで紹介いただきました。

20150630vol2

|

2015年6月27日 (土)

2015年6月27日、いらんしょ!戦争法案街頭行動vol.2

今月13日に続き、旭川市一条平和通・買物公園で「いらんしょ!戦争法案」街頭行動を行い30名が各々の意思で街頭に立ち、戦争法案の危険性をアピールしました。平和通では「買物公園まつり」が行われており、買い物客が多数繰り出していました。私たちは「まつり」の邪魔にならないようマイクを使ったアピールを中止し、署名とシール投票、チラシ配布とプラカードでアピールを行いました。

Img_8807
中高生や子どもを連れた家族が多かった印象です

Img_8852

「海外で戦争する国」に賛成?反対?わからない?のシール投票を呼びかけると、次々に足を止めてくれました。

Img_8857

最終的には1時間で151名が投票に応じ、写真のような結果になりました。

Img_8862
賛成1名、わからない2名、反対148名

署名は105名から寄せられました。チラシ配りのバイト中の女性に「署名できないですよね?」と声をかけたら「仕事中なんで」と断られた後、「チラシも受け取れないですよね」と聞くと「(チラシは)ほしいです」と受け取ってくれました。女子高生3人組は「戦争なんてしたくないに決まってる」と快く署名してくれました。

行動終了後、問い合わせ先に設定していたスタッフの携帯電話に着信があり、女性の声で「デモやっているなら参加したいと思って電話しました」と、終了後ではありましたが嬉しい問い合わせをいただきました。さっそく7月の行動予定をお知らせしました。もっと多くの飛び入り参加歓迎します。

主催した「いらんしょ!実行委員会」は7月も街頭行動を実施する予定で計画しています。

|

2015年6月23日 (火)

2015年6月7日第2師団創立65周年記念行事(旭川駐屯地開放)、見たまま聞いたまま

6月7日、陸上自衛隊第2師団創立65周年記念行事が行われ旭川駐屯地が開放されました。私たちは事前に、(1)F15戦闘機の飛行展示中止、(2)訓練展示の空包発射やヘリ低空飛行の中止等を求めて旭川市と第2師団に申し入れしていました。また、旭川市に対しては2013年に行われた旭川市公式ゆるキャラ「あさっぴー」の軍用ジープでの観閲パレードを行わないよう求めてきました。

当日、新日本婦人の会旭川支部のみなさんが駐屯地開放を見学したい、ということで、当会から事務局長が、また道北基地監視隊からK氏が同行しました。

①新型10式戦車お披露目(2年目)と例年通りの訓練展示

001
正門から入場

003
観閲式スタート。「君が代」演奏

004
「巡閲」というようです

005
観閲行進スタート。先頭は副師団長
82式指揮通信車、小松製作所が生産、約9000万円

006
99式自走155mmりゅう弾砲
砲塔は日本製鋼所、車体は三菱重工業で約9億円

007
乗員にしてみれば晴れの舞台、なのでしょう

008
八条旭日旗を掲げる10式戦車。120mm滑腔砲は日本製鋼所、砲塔・車体は三菱重工で調達初年度は9・5億円、後年では7億円くらいといわれる

この旗は、戦前の帝国陸軍軍旗(十六条旭日旗)とは異なりますが、同じくらいふるい時期から存在していた「軍旗」であり、陸上自衛隊が掲げるのに適当とは思えません。海上自衛隊の自衛艦旗は戦前の帝国海軍旗と同一であり、侵略戦争の反省はどこへやら?と疑問です。余談ながら。

009
90式戦車。120mm砲は日本製鋼所、砲塔・車体は三菱重工で約8億円

010
74式戦車。砲は日本製鋼所、砲塔・車体は三菱重工で約3億円

他にも多種多様な車両が行進しましたが省きます。

011
訓練展示(模擬戦闘)スタート。敵役が出動します
敵役は古参の74式戦車なんですね…

014
敵役の隊員が機関銃を射撃。5.56mm機関銃MINIMIと思いますが、住友重機械工業製で267万円

012
自衛隊側の反撃開始、と。対戦車戦闘ヘリAH-1Sがずいぶん低く飛びます。富士重工製で約23億円。第2師団は保有していないヘリ。何年か前に隊員に聞いたら帯広第5旅団から飛来した、と。

013
多用途ヘリUH-1Jからリぺリング降下。このヘリは川崎重工製で11億円

016
後にヘリからの銃撃も行っていました

017
自走りゅう弾砲が空包射撃。大きな音に、やはり小さい子どもが泣いていました。どれだけ「勇猛」だといわれようが、親が自衛官だろうが子どもにとって怖いものは怖いのです

019
10式戦車(右)が機銃を撃ちながら進んできます

020
96式装輪装甲車から隊員が飛び出て射撃。小松製作所製で1億2千万円。たまに国道12号線を走っています。すれ違うとき、いつになっても慣れないもので戦慄を覚えます

②装備品展示。子どもへの先行投資的「入隊勧誘」の場
説明員の自衛官はそのまま、一般市民は顔がわからないよう画像処理しました

021
はじめて間近で10式戦車を見ました。90式と似ていると思っていましたが、よく見ればずいぶん違うものです

024
90式戦車は子どもらの記念撮影の場に

023
撃ってない戦車はよい記念撮影の場になるようです

026
ヘルメットをかぶって

027
防弾チョッキを着て

025
説明員の自衛官は丁寧にだいたいのことは教えてくれます

028
今年も小銃など銃器類は触れないよう規制されていました

③あさっぴー、今年は軍用ジープパレード実施せず

031
あさっぴーは模擬店が並ぶグラウンドの隅で記念撮影の相手をしていました

040_20130609
2013年の駐屯地開放では軍用ジープに乗り観閲パレード(もどき)をしていました。幅広く市民に愛されるべき「あさっぴー」にこれは無いだろう、と思っていました。今年は実施されず安堵しました

030
子どもたちが遊ぶコーナーは今年も健在

Vr_moviempg_000073321
子ども達の遊ぶ隣には募集・広報の一大コーナーが。大量の資料を配布し、小さな子が制服もどきを着て記念撮影していました

029
最後は師団司令部にも。3階に休憩コーナーがあったり、2階の展示品を見学できるとのことで2階まであがってきました。ここで偶然、師団広報室長に遭遇。要請書手渡すときとは大違いで「よく来てくださいました」とニコニコ笑顔。営業スマイルのようでした。申し入れの時もこれくらいリラックスして対応くださればいいのに、と思います

++++++++++

見学に来た新日本婦人の会の女性たちは一様に驚いていました。戦争の道具があまりにも無批判に展示されていること、子ども達がそこに動員され、国防のためとはいえ「武器の本質」が語られていないこと等々。東日本大震災での活動や、真面目な自衛官の姿には好感をもつ女性たち。やはり自衛官に「アメリカの戦争に参戦させよう」とする自公政治への批判が渦巻いていました。

毎回思うことですが、自衛隊が防衛出動せねばならない事態は最終手段ですよね。憲法は紛争解決の手段として武力行使を禁じています。身を守る最小限の実力、と解釈されてきたようです。ですが、政府機関で最も憲法第9条に関連し、ある意味創設以来憲法第9条に守られて来た自衛隊の記念行事で憲法第9条に触れる機会がまったくない、ということが違和感なんです。

外交等により平和が続き、これら武器・弾薬が無駄になることこそ一番の願いなんだ、と誇りをもって語ってほしい。いつも、そう思います。


|

より以前の記事一覧