自衛隊

2017年5月 9日 (火)

2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWAに700名が参加

護憲の願いを目一杯持ち寄って開かれた「2017年5月3日 憲法改悪反対!「戦争法」廃止!共謀罪反対!総がかり行動 in ASAHIKAWA」が晴天の憲法記念日である5月3日、旭川市中心街で集会とデモが行われ、立場や所属の違いを超えて市民700名が参加しました。

C8p0beaumaq8w_i

トーヨーホテルで開かれた集会では主催4団体(あさひかわ9条の会、あさひかわ東地区9条の会、あさひかわ西地域9条の会、A.F.M.A.)を代表して弁護士の菅沼和歌子さん(あさひかわ9条の会代表委員)が挨拶。ついで西地域9条の会、東地区9条の会、A.F.M.A.からそれぞれ決意表明が行われました。

決意表明のうち、A.F.M.A.代表YUMAさんのスピーチをご本人の了解を得て以下にご紹介します。

++++++++++++++++++++

憲法集会にご参加のみなさん、こんにちは。AFMAのYUMAと申します。
えー。たぶん、私の事を見たことある人は、ほとんどいないと思いますが、昨年の秋から縁があって旭川に参りました。新参者ですので、こんな大きな集会でAFMAの代表としてお話させていただくのは、大変恐縮しますが、どうか聞いていただければと思います。共謀罪が成立したら、こうした集会も制限されるんでしょうか?

私はいま、病院で事務職員として働いています。日々、窓口で患者さんと接していると、厳しい生活実態を目の当たりにする機会が多くあります。みなさんは、生活が苦しいと何のお金を節約しますか?どんなにお金がなくても住む場所と食事は最低限無いと生きていけないと思います。衣・食・住をギリギリまで切り詰めても、生活が苦しい人は、最終的に保険料が払えなくて保険証を取り上げられます。結果、体調は悪いけど、お金がないからギリギリまで我慢した結果、動けなくなって、病院に救急車で運ばれてくる方を私は何度も見てきました。また、全国ではその結果、治療が間に合わず、亡くなった患者さんもたくさんいます。

憲法25条には、「すべての国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とあります。病気や怪我をしたら、病院で治療するのが当たり前ですよね。でも、それすら満足に受けられない今の現実があります。

自民党の改憲案を見ると、まず「自助」=自分の事は国に頼らず自分で賄う。いわゆる自己責任です。次に「共助」=「自助」でできないことは、家族や近所の人で助け合う。それでもだめなら「公助」=「自助」「共助」ではやっていけない人に限って、限定して公的支援を行う。介護の世界では、いま、これがどんどん進められようとしていて、要支援1・2という比較的介護度の低い人達の、支援と利用料負担をターゲットにした、大幅な給付削減・負担増案の検討は現在進行形で進んでいます。

そもそも、自助とか、自己責任とか言う前に、軍事費を下げて、医療や介護、保育や教育などの私たちの生活に直結するものにお金使うべきじゃないでしょうか。2017年度予算でも軍事費、過去最高っていわれています。みんなの暮らしに税金つかえ!って思います。

まぁ、そうはいっても、正直、買い物通りで署名集めたり、デモを行っていると、心が折れることも多いです。あー、街中を歩いている人、全然話聞いてくれないな、そもそも関東に比べて歩いている人少ないなって思います。一方で生活は苦しいし、難しいことはわからないし。自分一人の力で何ができるんだろう、何か変わるのかなって不安になることは多いです。でも、声をあげないと、今よりもっともっと生きづらい世の中にされてしまう。僕が大事にしたい、「憲法25条」も「公益及び公の秩序」が「人権」よりも優先される世の中になってしまう。平和が大事なのに「9条」が変えられてしまう。そんなのいやです。だから、この集会に参加しています。しかも、僕は一人じゃありません。AFMAの仲間がいます。

昨年の9月19日、駅前でAFMAの戦争法反対のデモが行われました。ちょうど、僕は旭川に来たばかりで、買い物通りでやっていた、食べマルシェに遊びに行ってました。そこで、デモ行進をみて、旭川でも「戦争反対」と声をあげている仲間がいると知って参加したのがきっかけです。私自身、一昨年の戦争法案に反対する国会前行動には何度も参加してきましたし、同じ思いをもった人達と旭川でも出会えたことをとても嬉しく思いました。AFMAに限らず、北海道で活動している皆さんを尊敬するのは、あの真冬のマイナス気温の中で、雪にまみれて署名や宣伝行動を行う、その熱意です。生まれて今まで、雪国で冬を迎えた事が無い僕には驚愕の事実でした。

ご存じの方も多いと思いますがAFMAは「Anti-Fascism Movement in旭川」。ファシズムに反対する旭川の集団、という意味でして、多くの国民の思いを無視して、戦争法を強行採決し、共謀罪を強行採決しようとし、憲法改悪を押し通そうとする、今の安倍政権は本当にファシズムのカタマリですよね。断固反対します。

ここにお集まりのみなさんは、さまざまな思いをもって参加されていると思いますが、「戦争反対」「憲法守れ」の思いでは、一点共闘していると思います。同じ思いの方と同じ時間を共有できる事に励まされます。そして、今日は全国で同じような思いで集会やデモを行っている仲間がいます。そのたくさんの方の存在に勇気づけられます。同時多発的に、全国各地で、行動し続ける事は大きな意味があると思います。僕は一人じゃない、私達は一人じゃない。僕達一人一人の力は「微力だけど無力ではない」。そう信じています。共にがんばりましょう。ありがとうございました。

++++++++++++++++++++

Dsc_2273

会場は各9条の会など関連団体のメンバーの他、一般参加の方々(全市配布のフリーペーパーに大きな告知広告が掲載された)や、市内高校放送部の取材もあり、熱気にあふれていました。

集会後、便宜的に全体を3グループに分けデモ行進し、旭川市中心部でアピールしました。A.F.M.A.の若者や一般参加者は第3グループ。サウンドトラックを先頭にデモ行進しました。

Dsc_2288

Dsc_2284

Dsc_2292

Dsc_2304

Dsc_2317

デモは10代・20代・30代と重層的なトラック上のコールメンバーの声にこたえ、デモ隊列から、時折沿道からも声があがり、注目を受けました。旭川平和委員会は集会・デモの趣旨を全面支持し、個々の会員が参加者として、また要員として集会・デモの成功のため尽力しました。

集会とデモの様子は「北海道新聞」「赤旗」で報道されました。

1494319642313
●「北海道新聞」旭川上川のページ 5月4日付

20170509
●「赤旗」北海道東北のページ 5月9日付

|

2017年4月29日 (土)

【告知】5月27日(土)南スーダンPKO「日報」問題でA.F.M.A.が講演会開催

安保法制に反対する活動を続ける旭川の若者グループA.F.M.A.(アフマ)が、2017年5月27日(土)夜にジャーナリストで『平和新聞』編集長の布施祐仁さんを講師に招き、自衛隊南スーダンPKO「日報」問題を巡る一連の問題を解明する講演会を開催します。

1492951043623
▲講演会のフライヤー

講演会では昨年防衛省に対し「日報」の開示を求め情報公開請求を行った布施さんが、当事者として、また自衛隊取材の先頭を歩むジャーナリストとして「南スーダンPKO」について、「日報」で明らかになったこと、「日報」を機に露呈された防衛省の諸問題等々について詳しくお話します。

C74uiexqaebsl3
▲布施祐仁さん

講演会の開催要項は次のとおり。
+++++
演題 「日報」はどうして隠された?~検証!南スーダンPKO派遣・隠された「日報」の真実~
日時 5月27日(土)午後6時開場、午後6時30分開演
場所 旭川市ときわ市民ホール4階多目的ホール
講師 布施祐仁さん(ジャーナリスト・「平和新聞」編集長)
入場 資料代500円
主催 A.F.M.A.
+++++
なお、集会を妨害する目的での参加はお断りとのこと。
現元自衛官やご家族のみなさんが関心を持って参加くださるのは大歓迎とのことです。
お誘いあわせの上、ぜひ参加ください。

|

2017年4月12日 (水)

[報道] 2017年3月、第2師団で不祥事報道2件

陸自隊員2人を懲戒免職 隊員の親睦会費など横領
北海道新聞 03/07 05:00
 【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は6日、第2特科連隊(旭川)所属の男性3等陸曹(33)と、同連隊所属の男性陸曹長(50)をそれぞれ 懲戒免職 処分にしたと発表した。
 同師団によると3等陸曹は隊員の親睦会費などの会計係だった2015年9月~16年9月、約20回にわたり計約36万円を横領し、飲食代などに使ったという。
 また、陸曹長は昨年5~8月に隊員有志から集めた飲み物代の購入費のうち、4回にわたり計3万4千円を横領し遊興費に充てたという。
 いずれも警務隊が業務上横領の疑いで旭川地検に書類送検したが、昨年12月に起訴猶予処分となった。3等陸曹と陸曹長は、既に全額を弁済している。

++++++++++

現金盗んだ隊員 懲戒免職
 【旭川】陸上自衛隊第2師団(旭川)は27日、同僚隊員から現金を盗んだとして、第25普通科連隊(オホーツク管内遠軽町)所属の男性陸士長(23)を同日付で 懲戒免職 処分にしたと発表した。
 同師団によると、陸士長は旭川駐屯地内で自動車運転の教習を受けていた昨年9月と11月の2回、同僚隊員2人の財布から現金計5万円を盗み、遊興費などに使ったという。現金がなくなったことに気付いた隊員が上司に相談し、発覚。陸士長はその後、全額を弁済した。
 警務隊は1月18日、窃盗の疑いで旭川地検に書類送検し、同24日に 不起訴処分 となった。

|

[報道] 陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求

陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求
北海道新聞 04/12 17:00
 【旭川】陸上自衛隊第2師団第2特科連隊(旭川)所属の男性2等陸曹=当時(40)=が訓練中に心停止となり、その後死亡したのは国が 安全配慮義務 を怠ったためとして、死亡した男性の遺族が、国に約1億750万円の損害賠償などを求める訴訟を旭川地裁に起こした。
 訴状によると、男性は2011年1月8日、旭川市内の近文台演習場でスキー機動訓練を実施中、急性心筋梗塞を起こし、搬送先の病院で4日後に死亡した。訓練は氷点下10度の気温の中、6キロの距離を約1時間で移動する内容で、死亡したのは強度の身体的負荷が原因としている。提訴は2月20日付。
 遺族は公務災害の認定を求めていたが、15年に「非該当」とされた。
 防衛省は「現役隊員が亡くなったのは誠に遺憾。訴訟は継続中で回答は差し控える」としている。

|

2017年4月 1日 (土)

2017年2月26日、学習講演会「軍学共同って何だ?」に市民40余名。

2017年2月26日、北海道旭川市で学習講演会「軍学共同って何だ?」が開催され、市民や研究者ら40余名が参加しました。主催は旭川平和委員会などでつくる実行委員会。

Img_5933

旭川平和委員会では以前から「軍学共同」を問題視していましたが、2017年度予算要求で大学・研究者が防衛省の助成金を受けれる「安全保障技術研究推進制度」が前年度比18倍の110億円計上されていることを報道で知り、旭川平和委員会1月例会で「軍学共同」ミニ学習会を開催。「北海道の大学で何が起きているか現状を広く知らせよう」と学習講演会開催を決め実行委員会を立ち上げました。

Img_5940
〔講師の山形定さん〕

学習講演会では北大大学院工学研究院助教の山形定さんが90分間講演しました。山形氏は防衛省「安全保障技術研究推進制度」の特徴と問題点を紹介しながら北大や室工大など北海道での実情を紹介。防衛省の背後に「軍事ビジネス」とも呼ばれる防衛産業が利益拡大を狙って動いていること、「ディアルユース」(軍民両用性)の名の下に軍事研究へのハードルが下がっていることなどを詳しく述べ、それらの動きに対し北大職組や室工大教員有志の取り組みを紹介しました。山形氏は「大学など教育・研究機関に注目してほしい」と、市民と大学人の連携なしには解決できないことを強調しました。講演後、「重工業系の会社に勤める息子が軍事部門に異動になり心配している」(男性)、「デュアルユースの軍事と民生の区別をどう考えるか」(研究者)など活発な質疑応答がなされました。

Img_5948

学習講演会の最後に、旭川平和委員会は今後も「軍学共同」の中止と大学予算抜本増を求め、学習と行動を続けていくと決意表明しました。

会場では「軍学共同反対連絡会」が呼びかけた緊急署名の集約も行い、翌日、同連絡会に送付しました。

Img_5947

|

2017年4月1~2日、「自衛隊員・家族のための一斉相談」実施中!

2017年4月1~2日の2日間、「自衛隊員・家族のための一斉相談」が行われています。主催は自衛隊南スーダンPKO派遣差止訴訟弁護団。自衛官の人権弁護団・北海道が協力しています。ぜひこの機会に不安を抱えておられる関係のみなさんは一言ご相談してはいかがでしょうか?FAXやEメールでも受け付けているそうです。詳細は下記参照ください。

17504917_1494904393867148_215245595

|

2016年8月16日 (火)

2016年8月15日 平和祈祷会でスピーチ

8月15日の夜、日本基督教団が呼びかけ旭川市内および上川管内のキリスト教会などが共同で開催している「平和祈祷会」にお招きいただき、パネリストの一人として当会事務局長が12分間のスピーチと、全体ディスカッションでの質疑応答に参加しました。

Image2

会場の日本基督教団旭川豊岡教会には47名が集まりました。
第1部で賛美歌や牧師さんのお話などがあり、第2部で4名のパネリストが平和について12分スピーチ。質疑応答の後、第3部でお祈りをして閉会、という流れ。

パネリストの一人目はA.F.M.A.メンバーのあみさん。91歳の祖母から聞いた戦争の話。A.F.M.A.との出会いや、活動を通じて今まで出会ったことのない人たちとの交流を通じての自らの成長。その原点でもある教会での活動。印象的だったのは「みんな自分らしく。幸せを叫べる世の中に」と願い、そのために様々ぶつかる事があっても「(自分に)何ができるか、祈って、答えを求めたい」との決意。一直線に前を見てすすもう、という若者らしいスピーチでした。

二人目に当会・由井事務局長がスピーチ。平和委員会の活動を通じて出会った現元自衛官の方々との交流を通じて学んだことや支えることができた内容なども紹介し、「まじめな自衛官の方々の声を受け止め、一緒に考えることのできる活動が基地の町に必要」と呼びかけました。

三人目は美深の酪農家の女性。原発事故を機に「おかしい」と疑問を持ったことを自分なりに調べ、周りにも知らせながら活動してきたと紹介。「一人の母親として安倍政権の国づくりは怖い」「自民党改憲草案はおかしい」と指摘。経済効率ばかりが優先される世の中を子どもの世代に渡したくない、と行動しているそうです。でも小さな町では発言しづらいこともある、と。自分の言動が誤って他者に伝わったり曲解されてしまい怖いとも思う、と。欧米では家族間で議論することもしばしばで、それでも「意見が違うだけ」と尾をひかない。日本では意見が違えば人格自体否定されるよう、だと。まず家庭のなかから、と子どもと向き合うことに頑張っている素敵なお母さんでした。

最後に日本聖公会旭川聖マルコ教会の広谷牧師さん。被爆者の平均年齢が80歳を超え、戦争体験にも共通することですが「記憶の継承」が課題だと指摘。高橋哲也さんが紹介している英語圏で活発になりつつある「ポストメモリー」という動きが大事ではないか、と発言されました。若い世代が戦争体験者から聞き取りや映像を通じてなど記憶を受け止め、伝える。ポストメモリー自体が今後10年20年、100年と続き、しっかり取り組まれれば、よりはっきりとした輪郭の記憶が継承できるのではないか、と指摘されました。

その後、質疑応答で3人の方が質問され、交流がなされました。

宗教者の方々が継続して取り組まれているこれらの取り組みは貴重な活動蓄積と交流になっていて、今回のように私ども平和委員会やA.F.M.A.など他者の取り組みに学ぼうとされる姿勢は尊敬の一言です。

なお上記パネリストのスピーチ概要は参加した由井事務局長の個人メモによるもので、省略の仕方や受け止め方によるニュアンスの違い、発言者の意図と異なる表現もあるかもしれません。あくまでメモとして紹介させていただきますので、その旨ご了解ください。

|

2016年8月15日 (月)

2016年8月15日 終戦記念日宣伝、いわゆる「赤紙配布」

終戦記念日の15日、旭川市2条買物公園では平和・労働団体などによる終戦記念日街宣、いわゆる「赤紙配布」宣伝が行われました。主催は旭川労働組合総連合・原水爆禁止道北協議会・旭川平和委員会。このほか、新日本婦人の会、道北勤医協などから参加があり、あわせて25名が参加しました。

Dsc_1354

宣伝では5名がリレートークしました。

Dsc_1360

旭労連の平山沙織さんは牧師であった祖父の戦争体験を紹介し、自身が引き継いだ「二度と戦争を起こしてはならない」との強い思いを訴えました。道北原水協の石川厚子さん(旭川市議)は南スーダン派遣中の自衛隊をとりまく危険性と自民党改憲草案の中身を紹介。平和憲法を守ろうと呼びかけました。

Dsc_1352

道行く市民や観光客は次々と「赤紙」を受け取り、読んでいました。外国人3人組に声をかけ簡単に説明して「赤紙」を渡すと、受け取った女性が「赤紙」を上に掲げる一幕も。通行中の乗用車が路肩に停まり、運転席から「1枚ちょうだい」と呼び止められました。

|

2016年1月21日 (木)

2016年1月19日 安保法制に反対するA.F.M.A.街宣に50名

安保法制に反対する毎月19日行動を続けている旭川の若者グループ「A.F.M.A.」による定例街宣が1月19日、旭川市中心部、一条平和通・買物公園で行われ、市民50名が参加しました。A.F.M.A.としては2016年はじめての街宣です。

街宣は午後6時30分にスタート。A.F.M.A.メンバーのほか、呼びかけに応えて若者ら4組5名が次々とマイクを握りました。スピーチがはじまると道行く人々が足を止め、特に高校生が何人も立ち止まってスピーチを聞いたり、手を振ったり、注目していました。

Imgp9157

Imgp9182

Imgp9189

Imgp9210

スピーチの最後に、行動カンパも呼びかけ。市民の「安保法制廃止したい」の思いで支えられるA.F.M.A.の活動です。

Imgp9219

全国的には大雪が降った日でしたが、旭川は雪も降らず、寒さも氷点下2-3℃程度と気候も悪くなく、たくさんの人が立ち止まってスピーチを聞いていました。聴衆が歩道をふさがないように、と、A.F.M.A.は自主的に交通整理員を配置し、歩道に滞留しないよう誘導していました。

Imgp9223

街宣は7時まで。最後にドラム&コールでアピールしました。この日のコーラーはセオさん。

Imgp9233

Imgp9231

次回は2月19日(金)午後6時30分から、同じく旭川市一条平和通・買物公園で街宣を行います。ぜひ参加ください。

余談ながら、翌日の2月20日は戦争反対、庶民搾取反対貫き特高警察に虐殺されたプロレタリア作家・小林多喜二没後83年。3日後の2月22日はナチスの戦争政策に反対し非暴力抵抗運動を行い逮捕・処刑されたショル兄妹ら3名の没後73年。ファシズムに抗し命を奪われた先人の活動は、安保法制に反対し続ける私たち今を生きる世代を励まし続けています。

|

2016年1月17日 (日)

2015年12月19日 トーク&ライブイベントにライブハウス満杯の110名

毎月19日行動の3回目は、「We will never forget 9.19 Extra」としてライブハウス「モスキート」を借りて、『経済的徴兵制』の著作がある平和新聞編集長の布施祐仁さんと、トンコリ奏者のOKIさんを招き、トーク&ライブイベントとして開催。高い入場料にもかかわらず、会場満杯の110名が参加しました。

Culmzkruyae4cem

Culmzkjuwaabtkv

イベントは、布施さんに経済的徴兵制の現状を、OKIさんに脱原発ソングなど社会的メッセージを込めた楽曲を発信している思いをお聞きするトークパートと、OKIさんのライブパートの2部構成で準備しました。

Img_9716

イベント冒頭、挨拶するA.F.M.A.コアメンバー。最初にA.F.M.A.の活動を紹介する動画視聴とスピーチがありました。

Img_9725

トークパートがスタート。

Img_9726

経済的徴兵制のリアルを語る布施祐仁さん。
近著の『経済的徴兵制』(集英社新書)では北海道の取材も行い、自衛官募集活動の現場に鋭く切り込みました。

Img_9737

トーク終了後の休憩時間で、サインセール。
準備した『経済的徴兵制』は完売しました。

Dsc_0446

ライブパートではOKIさんの素晴らしいトンコリの音色に歌声が披露され、会場はテンションMAXに盛り上がりました。

Cwol_jnu4aapjhs

イベントの様子は新聞各社が報じました。上は北海道新聞12月20日付旭川上川のページ。

151222_1231_001

こちらは12月22日付赤旗北海道・東北のページ。

|

より以前の記事一覧