« 終戦73周年街頭宣伝@旭川市一条平和通 | トップページ | 北海道でのオスプレイ訓練(ノーザンヴァイパー2018)の概要、防衛省が発表 »

2018年8月20日 (月)

2018年8月19日 安保法制反対呼びかけ35ヶ月目の街頭スタンディング@旭川(追記あり)

「9・19を忘れない市民有志」が呼びかけ、安保法制が国会で強行された2015年9月19日から毎月19日に自発的に取り組まれている旭川の「安保法制反対街頭スタンディング」が8月19日、旭川市一条平和通で行われました。

39454027_1744056849025191_812900867

スタンディングでは4名がスピーチ。

当会事務局長は9月に予定されている日米共同訓練「ノーザンヴァイパー2018」で昨年の北海道大演習場に加え、新たに上富良野演習場、矢臼別演習場でオスプレイ訓練が行われる予定であること、さらに演習場間の移動訓練も実施され、いわば全道がオスプレイ訓練場になること。さらにさらに、帯広にオスプレイ補給拠点を作ろうとしており、北海道がオスプレイの恒久的訓練場にされようとしていることなどを紹介。

39498742_1744056635691879_4112381_2

別の男性は戦前、北海道で起きた軍機保護法違反冤罪事件「宮澤・レーン事件」を紹介し、戦争にむかう過程で自由が奪われ抑圧が広がること、このような権力の横暴を許してはいけないと訴えました。

あさひかわ西地域9条の会の平山事務局長は、与党議員の問題発言の数々や「数の暴力」ともいえる強行採決、南スーダン日報問題など文書隠蔽・改ざん等、悪政がはびこるなか、「市民の怒りは振り切れ一見『怒ることをやめてしまった』かのように見えるけど、権力者が権力を振りかざし人権を制限しようとするとき、市民が権力に対し怒りをもち連帯し立ち向かうことにより歴史がつくられてきた」と述べ、「私たちは怒っていいのです」と呼びかけました。

39739892_1744056395691903_215103056

A.F.M.A.の瀬尾さんは次のスピーチをしました。ご本人の承諾を得て、以下全文紹介いたします。

***8.19街頭スタンディング・スピーチ全文***

買物公園をご通行中の皆さん、こんばんは。

私たちは、安保法制に反対する市民有志です。
3年前の 2015 年の 9 月 19 日に安保法制が強行成立した日から、主催団体の変更等、多少中身/形は変わりつつも、毎月 19 日にこの一条平和通にて、声を上げ続けています。
安保法制を強行成立させた安倍政権は、日本国憲法の改正も悲願としています。
これまで、特定秘密保護法・安保法制・テロ等準備罪と、 安倍政権は、ともすれば国民を国の都合のいいように操ることの出来る法律を無理矢理に成立させてきました。
来月には、自民党の総裁選が行われますが、安倍さんは、そこで再選された場合は、いよいよ改憲を実行に移すと言っているようです。
特定秘密保護法・安保法制・テロ等準備罪ときて、いよいよ本丸の改憲と言うワケです。
話は少し変わりますが、 先月末、僕は札幌の自民党道連前で行われたある抗議行動に参加しました。 自民党所属の国会議員である杉田水脈議員のある発言に対する抗議行動です。
彼女は、ある雑誌の中で「LGBT のカップルのために税金をつかうことに賛同が得られるものでしょうか。 彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。」そう発言しました。
この発言には、本当に強い憤りを覚えました。 許すことのできない言語道断の発言であり考え方です。
そして同時に、僕がより不気味に感じたのは、 その杉田議員の発言に対し、「特に問題はない」とした自民党の姿勢でした。
生産性のある/なし。私たちの生きている意味や存在している理由をその考え方で考えた時、 そこに該当してくるのは決して LGBT の方々だけではありません。
生産性のある/なし。それを判断するのは一体誰でしょうか。
僕自身も全く例外ではありません。世の中には、そうしたくてもできないと言う人もたくさんいるでしょう。 そしてそもそも、一個人が自らの人生をどう生きるか、 それを決めるのは個人の自由のはずです。
子どもを作ること、何かを生み出すこと、それをしない人間は存在する意味がないんでしょうか。 それができない人間は生きてる意味がないんでしょうか。
「生産性」のない人間には税金を使う必要はない。この発言を「特に問題なし」とした自民党の姿勢には、 「国に貢献をしない人間を国が面倒を見る必要はなし」、そんな考え方が透けて見えます。
実は、自民党の憲法改正推進本部のホームページに掲載されている、 自民党改憲草案に関する Q&A では、 国民の基本的人権について、「自然権としての人権は、当然の前提」としつつも、 「人権規定も、我が国の歴史、文化、伝統を踏まえたものであることも必要だと考えます」と書いてあったり、改憲草案では、現行憲法の第十一条「国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない」の、『妨げられない』の言葉が無くなっていたりします。
これはつまり、時と場合によっては、国は国民の人権を妨げることもできるし、自国の歴史や文化・伝統を踏まえていないと国が判断した場合には、 その人権を認めないこともある、と言うことです。 すべて、国のサジカゲンひとつ、と言うことです。
「生産性」のない人間には税金を使う必要はない。
この発言を「特に問題なし」とした自民党。
いよいよ来たな、と言う気がします。
今までは、何か問題になる発言や行動があった時は、世論の反発を恐れて、 たとえそれが自分達の総意として違いのないものであったとしても、 「遺憾である」「党としての意見とは違う」などとして、すぐに処罰を与えたりしてきたはずが、ここにきて、杉田議員の発言には、当初、否定することすらしませんでした。
自民党改憲草案の Q&A にも、 「決してそうではない」的な、反対意見をなだめるためのとりあえずの文言が踊っています。
しかし、今回の問題では、そう言ったとりあえずの姿勢すらほぼ見せませんでした。
僕は、これらの姿勢を見ていて、 安倍政権がついに本性を隠すのをやめたな、と言う気がしています。
「“生産性”のない人間には税金を使う必要はない。 そうですよ、その通りです、 国にとって有益でない人間は、国は面倒みません。 」僕は、いつかアッサリと国がそんなことを言う日が来るのではないかと、非常に怖いです。
今はまだ、一応は「そんな心配はない」的なポーズを取っていますが、 改憲した途端に、「えぇ、そうですよ、最初から私たちの改憲案にはそう書いてありましたよ」と 自民党がコロッと態度を一変させそうで怖いです。
本当に恐ろしい世界がすぐ近くまで迫ってきている気がします。
国のために私たちがいるわけではありません。
まず私たちがいて、そして国があるのだと思います。
まだ改憲されてしまったワケではありません。僕は、自民党支持の人にこそ、本当にそれでいいんですか、と問いたいです。 下手をすると、自民党支持の多くの人が、 まだこの改憲草案を読んでいないのではないでしょうか。
僕は、自分がこの年まで自由に生きてこられた、 この街やこの生活やこの日々が大好きです。 これまでの、そして今のこの大好きな生活を変えてほしくありません。

***以上***

39521768_1744057069025169_658229724

|

« 終戦73周年街頭宣伝@旭川市一条平和通 | トップページ | 北海道でのオスプレイ訓練(ノーザンヴァイパー2018)の概要、防衛省が発表 »

上富良野演習場・駐屯地」カテゴリの記事

戦争法制」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

日米共同訓練」カテゴリの記事

治安維持法」カテゴリの記事

矢臼別」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事