« 旭川市議会が「日米共同訓練を中止することを求める意見書」を可決 | トップページ | 2018年8月19日 安保法制反対呼びかけ35ヶ月目の街頭スタンディング@旭川(追記あり) »

2018年8月15日 (水)

終戦73周年街頭宣伝@旭川市一条平和通

終戦から73年目の2018年8月15日、時折激しく雨降る旭川市一条平和通で「終戦73周年街頭宣伝」、いわゆる「赤紙配布宣伝」が行われました。呼びかけは、旭川労働組合総連合・原水爆禁止道北協議会・旭川平和委員会の3団体。

Img_20180815_133039
当日は、新婦人・勤医協・地域9条の会や市議会議員、飛び入り参加の若者など約30名が駆けつけ、市民に赤紙配布しながら訴えました。

Img_20180815_123703
▲スピーチした旭川労働組合総連合の成田さん。成田さんは元全日赤労組の組合員で赤十字病院の看護師。戦前、召集され戦地に送られた看護師たちのことなどスピーチしました。

Img_20180815_123911
▲旭川市議会議員の能登谷繁さん(共産党市議団長)。核兵器廃絶条約を締結する政府を、と訴えられました。

1534306477758
▲新日本婦人の会旭川支部の鈴木さん(右)。母親の立場から戦争と平和について話していただきました。

Img_20180815_133048
▲最後に旭川平和委員会から事務局長が訴え。昨年8月に比べ今年9月に計画されているオスプレイ移転訓練は規模も質も拡大されていて、訓練固定化間違いないことなどを呼びかけました。

Img_20180815_044158_929
また、オスプレイ訓練については8月15日付北海道新聞で、昨年の訓練成果について記載された防衛省文書に「沖縄の負担軽減」の記述がなかったことを報じており、防衛省の説明が嘘ばかりであったことが明らかになりました。

***

街頭宣伝では飛び入り参加もありました。10代男性は「祖父が戦艦武蔵に乗っていて戦死した。憲法9条が大事。9条が変えられようとしていると聞き、何とかしたいとこの場に駆けつけた」と憲法9条守る思いを熱く語ってくれました。30代女性は「手伝わせてください」と最初から宣伝に参加。赤紙を配布してくれました。

|

« 旭川市議会が「日米共同訓練を中止することを求める意見書」を可決 | トップページ | 2018年8月19日 安保法制反対呼びかけ35ヶ月目の街頭スタンディング@旭川(追記あり) »

例会・活動報告」カテゴリの記事

戦争遺跡・戦争の記憶」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

日米共同訓練」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事