« 2018年6月 | トップページ

2018年7月に作成された記事

2018年7月 4日 (水)

旭川市議会が「日米共同訓練を中止することを求める意見書」を可決

2018年6月29日に閉会した旭川市議会の平成30年第2回定例会で、「日米共同訓練を中止することを求める意見書」が採決され、賛成16・反対16と同数になり、地方自治法に基づき議長裁定で可決(賛成)となりました。

++++++++++++++++++++

日米共同訓練を中止することを求める意見書
在日米軍再編に伴う日米共同訓練が、今年も航空自衛隊千歳基地で実施され、そのときの訓練には米空軍三沢基地所属のF16戦闘機が参加した。7月から9月にかけて実施する訓練には、沖縄普天間飛行場所属の米海兵隊のオスプレイが参加予定とされている。オスプレイは、相次ぐ事故を起こしながら、何ら事故原因の究明が行われず、住宅地や学校敷地を我が物顔で飛行している。
また、F16戦闘機が、日米合意で定められた最低高度基準である、人口密集地の最も高い障害物の上端から300メートルの高度、人家のない地域の地上や水面上空から150メートルの高度、人口密集地や学校、病院などに妥当な考慮を払うことという基準を大きく下回る低空飛行を行っている動画が投稿され、米当局もその事実を認めている。
日米共同訓練の実施は、基地の機能強化、演習場の固定化を図るものであり、オスプレイの参加と超低空飛行は、危険極まりない訓練を全国に拡大、常態化するものである。
よって、国においては、市民の生命、財産及び安心、安全な生活を守る立場から、日米共同訓練を中止することを強く求める。
以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。
旭 川 市 議 会

++++++++++++++++++++

旭川市議会公式サイト

「日米共同訓練を中止することを求める意見書」掲載ページ

同意見書への議員の賛否一覧掲載ページ


賛否を会派別にみると、

[賛成]民主市民連合・共産党・虹と緑・無所属(あずま氏、藤澤氏)
[反対]自民党市民会議・公明党・無所属(金谷氏)

で、議長の笠木氏(民主市民連合)は採決に加わらないため冒頭述べた通り、賛成16・反対16と拮抗しました。この場合、地方自治法では議長が裁定するため、議長裁定により可決しました。

旭川市議会は米軍オスプレイ訓練があるかもしれない上富良野演習場の周辺自治体として、もしかしたら旭川市上空をもオスプレイが飛ぶかもしれない、との市民の懸念に応え中止を求める意思表示をしました。市民として拍手をおくりたい。

賛否を参考に、来春の旭川市議会議員選挙では米軍訓練にも市民を守る立場できっぱり物申せる議員を再び議会に送りたいものです。

そして何よりも、7月から9月に予定されている日米共同訓練「ノーザンヴァイパー2018」の中止を求めたい。

|

« 2018年6月 | トップページ