« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月に作成された記事

2017年6月27日 (火)

2017年6月18日陸自第2師団創立67周年等記念行事:見たまま聞いたまま

2017年6月18日に旭川駐屯地で行われた「第2師団創立67周年、旭川駐屯地開設65周年記念行事」を見に行きました。見たまま聞いたままを書きます。

Img_0307
旭川駐屯地正門

Img_0310

Img_0313
模擬店コーナー

例年、模擬店コーナーのメイン通路を挟んで両脇に並んでいた模擬店が、今年は片側のみ。半減しているように思います。部隊ごとに出店していたので、今年は出店しない部隊が多くある、ということでしょうか?理由は不明。縮小傾向?

Img_0869
自衛隊PRコーナー

子ども達向けのPRコーナーは拡大傾向。とにかくどのテントでも何かもらえる、撮影できる。

Img_0870

Img_0871

Img_0872

テントの奥のほうでは中高生?くらいの子ども達が弁当食べながらVTRを見ていました。

Img_0874

子ども連れで歩いていると、すかさず広報官が勧誘の声かけてくる。

観閲式

Img_0323
観閲式

隊員1200名が整列し、観閲式が始まる。観覧席には来賓がズラリ。アナウンスを聞いた範囲では、

●自民党・自民会派
今津寛衆院議員(道比例)、佐藤正久参院議員(元自衛官)、宇都隆史参院議員(元自衛官)、鈴木貴子衆院議員(道比例、新党大地)

●民進党
佐々木隆博衆院議員(道6区)

…が出席。ウェブ上にはこんな書き込みも(↓)。

201706182

上記の他、道議会議員多数。地元旭川市選出道議では6人中5人(共産党真下道議を除く5名出席)が出席者としてアナウンス。市町村長では西川将人・旭川市長はじめ周辺自治体首長が出席。来賓を代表して西川市長が挨拶していました。

観閲式での第2師団長式辞では、屯田兵以来の歴史を、第七師団→警察予備隊→第2師団と紹介し、「北の守り」を強調。具体例に挙げるのはここでも災害救助。旧陸軍と自衛隊は組織の連続性は無い、というのが公式見解のはずですが、北鎮記念館の展示もそうですが、こうやってあらゆる場面で「北鎮魂の継承」を強調。いかがなものかと。災害派遣での活躍は大いに歓迎すべきところですが、海外派兵を隠すかのように災害任務押し出しは、誤魔化しのようにも聞こえます。どんなときでも1時間以内に出動する、という「1時間」が印象的でした。

西川旭川市長の挨拶でも、災害派遣への期待と、留守家族支援が強調されましたが、旭川市が旭川駐屯地と結んでいる留守家族支援協定では海外任務も対象としていることにより、やはり着々と海外派遣への準備が進んでいることを意識せざるを得ません。

F-15J飛行展示、観閲行進

Img_0353

Img_0367

千歳・第2航空団のF-15J戦闘機2機が住宅密集地のど真ん中にある旭川駐屯地上空をフライパス。

Img_0422

車両の行進に先立ち、新隊員たちが小銃を持ち行進。以前は無かった印象ですが、ここ最近始まったのでしょうか。

Img_0443

これも以前は無かったと思いますが、車両側面に説明表示が貼られ、親切。ミリタリーマニアには不評の様子。

Img_0456

導入以来、毎年10式戦車を見れるが、やはり行進時の「日章旗」掲揚は旧軍を想起させる。自衛隊旗として「日章旗」を使うことはやめるべき。

Img_0459

回転翼航空機は8機が投入された。

訓練展示(模擬戦闘)

訓練展示は例年通りの設定で行われましたが、例年と異なったのはドローンの投入でしょうか。

Img_0621

観客からどよめきが上がったドローン登場。


Img_0509

リペリング降下。

Img_0665

99式155ミリ自走榴弾砲が空包射撃。観客のすぐ前に居る車両は空包射撃せず「ふり」だけで、奥の木の陰に居る車両が空包射撃する。どういう配慮かは不明。

Img_0728

走りながら空包射撃する10式戦車。

Img_0770

機関銃を空包射撃しながら突っ込んでくる装輪装甲車。

Img_0811

戦車と「歩兵」の連携。

装備品展示

Img_0830

Img_0834

10式戦車はロープが張ってあり、他の車両と異なり展示が規制されていました。

Img_0836

10式戦車の履帯(無限軌道)のゴムパッド。

Img_0841

車体は三菱重工製、砲塔は日本製鋼所製。第2師団が部隊実験しているC4Iシステムを標準装備。1両9・5億円。

Img_0850

一方、90式戦車では子ども撮影会。

Img_0849

74式戦車を間近で見れる機会も少ないのか。

Img_0846

こうやって戦車3世代そろっているのを見れる駐屯地開放も珍しいのでしょう、きっと。

一方、装備品展示コーナーの片隅では例年、小銃と機関銃の展示が行われ、数年前まで子どもら触り放題でしたが、この間、銃刀法抵触することが告発され、触れぬように規制されていました。いよいよ今年は…

Img_0866

小銃と機関銃の展示自体が無くなりました。また、C4ISR関係の装備品も展示されていなかったと思います。展示内容の微妙な変化が気になります。

勝手に騒音ランキング

以下は、見に行ったメンバーのまったくの主観でお届けする騒音ランキング。元々、当会が第2師団長に宛てて送った要望書では、住宅密集地で小中高校や福祉施設・病院等に隣接する旭川駐屯地で空砲射撃や飛行訓練は止めるべき、と問題提起してきました。実際に体験した上で、改めてご紹介。

●騒音うるさいランキング 第1位
Img_0816
155ミリ自走榴弾砲の空包射撃

体感では、やはりダントツでこれが一番うるさい。しかも「ズドン」と身体に響く。

●騒音うるさいランキング 第2位
Img_0479
ヘリ低空飛行

真上を飛ばれる不安もそうですが、低空度合いもあり、やはり騒音大きい。

●騒音うるさいランキング 第3位
Img_0367_2
F-15J戦闘機

高度と速度の関係でしょうか、フライパスするだけ、というのもあり第3位。ただし上空を飛ばれる不安感ではダントツ1位だと感じます。

●騒音うるさいランキング 第4位
Img_0728_2
戦車砲の空砲射撃

74式戦車はやはりそこそこの大きさでしたが、10式などは「パスッ」と小さめ。消音装置とか付いているのかと思うほど。

●騒音うるさいランキング 第5位
Img_0778
機関銃の空砲射撃

以上見てきたように、やはり空砲射撃と飛行展示をやめれば、相当騒音を軽減できると思います。「実力」をこういう形で誇示するのではなく、記念行事のあり方も、憲法に立ち返りそもそものところから再検討すべき時に来ているのではないか、と思います。そもそも、住宅密集地にいつまでも駐屯地を置いておくことこそ再検討していただきたい。

Dbrphgeuwaaxzhj

なお、6月9日付で送付した第2師団長宛「要望書」への回答は、6月27日現在、未だ届いていません。

ご意見、ご感想、「この記載は事実と違う」などのご指摘等は peace_asahikawa@yahoo.co.jp までメールでお寄せください。





|

2017年6月16日 (金)

2017年6月16日、第2師団行事「総合予行」、F-15飛来時間を町内会回覧で不正確な情報。当会要望書への回答なし。

6月16日(金)は第2師団創立67周年記念行事の「総合予行」が10時30分~12時まで行われる予定で、約1時間ほど、駐屯地が遠く見渡せるポイントで当会要望事項への回答がないのもあり、要望が聞き入れられたか否かの確認を行ってきました。

Dcbl5ouumamnumb
UH-1Jからのリペリング(垂直)降下。

Dcbl7bmvyaevxni
例年同様、戦闘ヘリも(例年なら帯広から)

Dcblpovoaarm3x
自走榴弾砲による空包射撃

要望書で中止・再検討を求めていた戦車砲・榴弾砲の空包射撃訓練、ヘリ低空飛行訓練などは例年通り実施されていました。

F-15戦闘機の飛行展示ですが、午後1時10分から20分の間で飛来したそうです。今日6月16日付フリーペーパー「ライナー」紙掲載の広告にも時間まで含め案内されています。

201706162

一方、5月下旬に駐屯地周辺町内会宛に回覧された駐屯地司令発の文書によれば、16日の総合予行は午前10時30分~12時までとされており、総合予行でF-15戦闘機飛行展示が行われるとアナウンスされている。「天候等により変更」もあり得ると記述あるが、わざわざ広告に明記する変更ですから、そういう臨時的な変更ではないはず。

201706182

これは、意図せずなのかもしれないが、結果的に周辺住民に不正確な情報を提供したことになる。当の筆者自身、「ライナー」紙の配布が自宅出発に間に合わなかったため、「10時30分~12時の間にF-15が来るだろう」と思ってしまっていたくらいです。情報提供は大事なことで、そこで提供される内容は正確にお願いしたいし、訂正があればそれがわかるような仕組みが必要だと思う。

さて第2師団長殿におかれては、多少遅くなってでも当会がお送りした要望書に回答いただきたいこと、再度明記し、次は18日の行事当日をレポートしたい。

ご意見・ご要望は peace_asahikawa@yahoo.co.jp までお願いします。




|

2017年6月12日 (月)

2017年6月9日、当会、陸上自衛隊第2師団長へ要望書・質問状を送付

陸上自衛隊第2師団が2017年6月18日に予定している師団創立67周年・旭川駐屯地開設65周年記念行事(以下、駐屯地開放)について、旭川平和委員会は以下のとおり第2師団長宛に6月9日付でFAXにて要望書を送りました。

201706092

4点の要望事項について、6月15日までの回答を求めています。

この件では5月末ごろ、F-15戦闘機展示飛行も含む情報が第2師団公式サイトで発表された他、駐屯地周辺町内会に回覧が行われ、訓練・予行等スケジュールが明らかになりました。

201706182

今日6月12日から15日までそれぞれ訓練が行われ、16日(金)午前に「総合予行」でF-15戦闘機が飛来予定とのこと。

++++++++++++++++++++

また同日、当会事務局長名で第2師団長宛に北海道護国神社慰霊大祭への幹部自衛官参拝に関して、第2師団関係者についての質問状を送付しました。

201706092_2

こちらも4点について詳細調査の上、6月末までの回答をお願いしました。

いづれも誠実にご回答頂けるよう、改めてお願い申し上げます。回答があり次第、順次当ブログでご報告させて頂きます。

本記事へのご意見等は peace_asahikawa@yahoo.co.jp までお願いします。

|

2017年6月 6日 (火)

2017年6月5日:平成29年 北海道護国神社慰霊大祭:見たまま聞いたまま

北海道護国神社慰霊大祭が例年通り、今年2017年も6月4~6日の日程で開催され、5日午前の「大祭」、いわゆる全道から遺族が集まり行われる神事、というか式典を見てきました。

Img_0210

改めて申し上げますが、北海道護国神社が軍人・軍属を合祀し、その慰霊祭を行うことに異議を唱えているわけではない、ということを承知いただきたく思います。ご本人の生前の意向やご遺族の意向に沿わない合祀は別ですが、それ以外はそれこそ信教の自由です。「軍人・軍属のみを祀る神社のあり方がどうなのか?」とか、「戦災被害者はなぜ祀らないのか?」など疑問はあってもそれは別の問題。ここでは憲法の「政教分離」「信教の自由」こそが課題。ですから、行事の邪魔にならないよう取材させて頂きました。

幹部自衛官の参列

例年、憲法上問題となる主たる事例は「大祭」への幹部自衛官の参列です。今年も北部方面総監、第2師団長以下高級幹部自衛官が制服で参列しました。

Img_0227
▲起立。

Img_0233
▲拝礼。

2017
▲特別来賓ら参列者。

例年同様、北部方面総監を筆頭に地元第2師団幹部がズラリと参列しています。国民の代表たる衆院議員の上位です。以前、私どもが第2師団に公開質問状で聞いたままだとすれば、彼らは休暇を取得し私人として参列している、という建前になっているそうです。であれば、肩書きをつけて特別来賓席に並ばなくてもよいでしょうに。

加えて疑問なのは、席次表左側にある「自衛隊随行関係者」の記述。これは毎年あるのですが、休暇を得て私人として参列するのに随行者(自衛官)がいるのでしょうか?だとすれば、その随行者の方々はどういう立場なのでしょうか?私人?それとも随行任務中の公務?

それでも参列していれば「彼らも私人として参列している」との理由も立ちますが、そうでない人もいます。

Img_0239

こちらの自衛官氏は神事に参列していたわけではありません。幹部自衛官の随行任務の公務中でしょうか?

日本国憲法第20条3項「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」

国の機関である陸上自衛隊はぜひ、「服務の宣誓」のとおり建前でなく真に憲法を遵守してほしいと思います。

 宣 誓    私は、我が国の平和と独立を守る自衛隊の使命を自覚し、日本国憲法 及び法令を遵守し、一致団結、厳正な規律を保持し、常に徳操を養い、人格を尊重し、心身を鍛え、技能を磨き、政治的活動に関与せず、強い責任感をもつて専心職務の遂行に当たり、事に臨んでは危険を顧みず、身をもつて責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえることを誓います。

旭川市消防団の関わり

例年、「大祭」の神事の際、旭川市消防団から消防団員が神社の要請により派遣され任務についています。

Img_0217

これも以前、当会が旭川市消防団に確認したところ「雑踏警備」の要請をうけ派遣しているとのこと。なるほど、「護国神社祭」ともなれば露店が出て人で賑わいます。ですがそれは常磐公園会場などの話。とりわけ神事の最中、混雑して大変、ということはありません。

それでも、その辺は主観の問題や、不測の事態に備える、ということもあるでしょう。

ですが例年、消防団員たちは雑踏警備だけでなく、遺族代表や宮司・神職らの行列が通過する際、賽銭入れの箱を脇に移動し、戻す、ということまでやっており、過去にはその作業を神社職員が指示していたこともありました。

Img_0224

これは明らかに違うのではないか?と思います。旭川市消防団には「通例」ではなく、非常勤特別職地方公務員たる消防団員が担う職務としてふさわしく、任務内容を精査すべきではないでしょうか。

市民委員会(連合町内会)・町内会は氏子組織じゃない!

北海道護国神社慰霊大祭だけのことではありませんが、旭川市は神社例大祭の期間中、地元町内会が神社委員先頭に総出で「祭りムード」を盛り上げる「のぼり旗」を掲げます。

Img_0245

「奉納 御祭禮」ですから、宗教的な意味合いを持つ「のぼり旗」です。そもそも、町内会に「神社委員」たる役職が公然と置かれていることがおかしい。公益的な役割を担う町内会が特定の宗教活動を行うことは、町内会員の信教の自由を害します。

公益社団法人隊友会の旭川組織が交通・案内を担う

境内には蛍光カラーに「旭川隊友」の文字がバックプリントされた多くの人員が特に交通整理や会場案内を行っています。

Img_0211

隊友会は自衛隊のOB組織で、全国組織である隊友会は公益社団法人。自衛隊の公の活動にも様々な形で登場します。本来、各県1組織である地方隊友会は自衛隊の街・北海道では札幌・旭川・函館・千歳・帯広と5組織を擁する一大勢力。このうち旭川地方隊友会が北海道護国神社慰霊大祭の運営を担い、傍目から見れば現職と神社の現場レベルでの橋渡しになっているようにも思えてしまいます。

公益社団法人は、その活動すべてを公益的な内容にしなければならないわけではありませんが、税法上の特典があるなど公益性を踏まえて認定されています。

Img_0236

ただ、参列された多くの方々が自衛隊OBよりさらに高齢のご遺族、ともなれば運営を担う方々の助力は大きいのだろうと推察します。願わくば、趣旨に照らして適切な氏子組織が担われ、一般市民からみて自衛隊と神社の深い関わりを誤解しないよう、配慮頂ければと思います。

以上、2017年北海道護国神社慰霊大祭の「見たまま聞いたまま」でした。ご意見、ご要望はメールで peace_asahikawa@yahoo.co.jp までお願いします。

|

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »