« 2017年4月1~2日、「自衛隊員・家族のための一斉相談」実施中! | トップページ | [報道] 陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求 »

2017年4月 1日 (土)

2017年2月26日、学習講演会「軍学共同って何だ?」に市民40余名。

2017年2月26日、北海道旭川市で学習講演会「軍学共同って何だ?」が開催され、市民や研究者ら40余名が参加しました。主催は旭川平和委員会などでつくる実行委員会。

Img_5933

旭川平和委員会では以前から「軍学共同」を問題視していましたが、2017年度予算要求で大学・研究者が防衛省の助成金を受けれる「安全保障技術研究推進制度」が前年度比18倍の110億円計上されていることを報道で知り、旭川平和委員会1月例会で「軍学共同」ミニ学習会を開催。「北海道の大学で何が起きているか現状を広く知らせよう」と学習講演会開催を決め実行委員会を立ち上げました。

Img_5940
〔講師の山形定さん〕

学習講演会では北大大学院工学研究院助教の山形定さんが90分間講演しました。山形氏は防衛省「安全保障技術研究推進制度」の特徴と問題点を紹介しながら北大や室工大など北海道での実情を紹介。防衛省の背後に「軍事ビジネス」とも呼ばれる防衛産業が利益拡大を狙って動いていること、「ディアルユース」(軍民両用性)の名の下に軍事研究へのハードルが下がっていることなどを詳しく述べ、それらの動きに対し北大職組や室工大教員有志の取り組みを紹介しました。山形氏は「大学など教育・研究機関に注目してほしい」と、市民と大学人の連携なしには解決できないことを強調しました。講演後、「重工業系の会社に勤める息子が軍事部門に異動になり心配している」(男性)、「デュアルユースの軍事と民生の区別をどう考えるか」(研究者)など活発な質疑応答がなされました。

Img_5948

学習講演会の最後に、旭川平和委員会は今後も「軍学共同」の中止と大学予算抜本増を求め、学習と行動を続けていくと決意表明しました。

会場では「軍学共同反対連絡会」が呼びかけた緊急署名の集約も行い、翌日、同連絡会に送付しました。

Img_5947

|

« 2017年4月1~2日、「自衛隊員・家族のための一斉相談」実施中! | トップページ | [報道] 陸自訓練で死亡 遺族が国を提訴 損害賠償請求 »

例会・活動報告」カテゴリの記事

秘密保護法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

軍学共同」カテゴリの記事