« 6月21日に上富良野町内で市中軍事パレード計画されていること判明 | トップページ | 6月3日、第2師団創立記念行事に関し旭川市と第2師団に中止を要請しました »

2015年6月 2日 (火)

あさひかわ北西9条の会が「初夏の講演会」開催、75名参加

5月30日、「あさひかわ北西9条の会」主催の「初夏の講演会」が開催され、「安保法制の危険と憲法九条の価値」と題し、室蘭工業大の清末愛砂准教授が90分間講演し75名が参加しました。

Img_8250

清末氏は自身が訪問してきた沖縄の現実を写真等で紹介しながら日本国憲法の基本に立ち返り解説。現状、2014年7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定によって「平和憲法」は停止状態となり「戦争前夜に突入した」と述べました。

安倍首相が標榜する「積極的平和主義」が学問的に定義づけされた「積極的平和」(主義、が付かない)と異なり安倍首相のご都合主義の造語であることを紹介し、日本平和学会でも通用しない異物であることが明らかになりました。

その後、清末氏はアフガニスタンの歴史を振り返りつつ集団的自衛権とは何かを解明。昨年の「行使容認」と、現在国会審議中の「戦争法案」の内容の危険性を詳しく解明しました。

清末氏は「平和を守るために必要なこと」として、①停止している憲法機能を回復させること、②憲法と日米安保という矛盾する二つの法体系の解消(安保廃棄)、③戦争への協力・動員に反対すること、④さまざまな方法で抗議・抵抗すること、の4点をあげ、呼びかけました。

※6月4日補記

4日付北海道新聞でこの講演会の様子が報道されましたので、記事をご紹介します。

20150604

|

« 6月21日に上富良野町内で市中軍事パレード計画されていること判明 | トップページ | 6月3日、第2師団創立記念行事に関し旭川市と第2師団に中止を要請しました »

アフガニスタン」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

日米安保条約」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事