« 2015年6月7日第2師団創立65周年記念行事(旭川駐屯地開放)、見たまま聞いたまま | トップページ | 2015年6月21日上富良野駐屯地創立60周年記念行事、見たまま聞いたまま »

2015年6月24日 (水)

第2師団創立65周年記念行事、余談

昨日付で「見たまま、聞いたまま」レポを掲載した今年の第2師団記念行事ですが、写真レポートで書いた以外に観閲式でちょっとした出来事がありました。それは北海道新聞も行事翌日6月8日付紙面で報道しています。

16026520150608

来賓挨拶ではじまった舌戦に、自衛官諸氏は落ち着かなかったかもしれませんが、国防・自衛隊のあり方をめぐり、それだけ大問題が国会で論議されているという表れと思います。

とりわけ、圧巻だったのは佐々木隆博氏(民主)の挨拶でした。憲法審査会で自民推薦参考人も含む3人全員が「安保法案は違憲」と述べた直後のこと、「自衛隊の活動が根幹から変わる可能性」とはその通りで、自衛官の「リスクも広がる」ときっぱり。自民・今津氏が「理解してもらう」「よく説明する」と繰り返した後でもあり、安保関連法案の危険性が際立った挨拶合戦でした。筆者としては、あの場でよくぞ言ってくれた、と佐々木氏に拍手をおくりたい。民主党そのもの含めて、最後まで安保法案は違憲で貫いていただきたい。

このやりとりを聞いた自衛官諸氏は安保法案に対する意見表明こそできないと思いますが、自分なりの意見を持ち、投票行動で意思表示することは当然の権利として認められています。安保法案審議中に国政選挙がないのは残念ですが、ここでの経過をしっかり記憶に留めていただき、来年の参院選では諸氏の思いに叶う一票をぜひ投じていただきたいと思います。

ご意見はメールでお願いします。

|

« 2015年6月7日第2師団創立65周年記念行事(旭川駐屯地開放)、見たまま聞いたまま | トップページ | 2015年6月21日上富良野駐屯地創立60周年記念行事、見たまま聞いたまま »

旭川駐屯地」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事