« 6月7日の第2師団創立65周年記念行事(旭川駐屯地開放)にF-15戦闘機2機が飛行展示するとの情報! | トップページ | 旭川市が平和図画と折り鶴を募集中です »

2015年5月28日 (木)

旭川弁護士会が「安保法制改定案反対」声明発表し、街頭署名・宣伝を行う

旭川弁護士会が2015年5月27日、「安全保障法制改定法案に反対する声明」を金昌宏会長名で発表しました。

20150527

声明では、同弁護士会が安倍政権スタート以来、「一貫して、立憲主義を擁護する立場から、憲法96条改正、特定秘密保護法の制定、及び、集団的自衛権の行使容認の方針に対して反対」してきたと述べた上で、「安全保障法制改定法案」が「憲法9条に抵触するもの」であり、「恒久平和主義、平和国家としての国の在り方を根底から覆す」と指摘しています。そして集団的自衛権行使容認を立法・解釈で強行する同法案に対し、「立憲主義を擁護する立場からは断じて容認することはできない」と明白に述べています。

旭川弁護士会はこの声明を踏まえ、さっそく同日午後3時に旭川市一条平和通・買物公園で街頭署名・宣伝行動を行いました。

Img_8213

行動には弁護士6名と事務所員・声明に賛同する市民らあわせて10名が参加。弁護士らが交代でマイクを握り市民に呼びかけつつ、日弁連作成のチラシと声明文を配布しました。写真は呼びかける金昌宏・旭川弁護士会会長。

Img_8214

署名を呼びかけると、市民が次々に足を止め協力してくれました。約90分の行動で100名以上の市民から署名が寄せられました。

20150528

声明と街頭署名・宣伝行動については、5月28日付北海道新聞・旭川上川のページで紹介されています。

旭川弁護士会は今後も街頭署名・宣伝行動を続ける予定とのことで、次回は5月31日(日)午後3時から同じ場所で予定しているそうです。

|

« 6月7日の第2師団創立65周年記念行事(旭川駐屯地開放)にF-15戦闘機2機が飛行展示するとの情報! | トップページ | 旭川市が平和図画と折り鶴を募集中です »

日本国憲法」カテゴリの記事

署名・アンケート活動」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事