« 3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故から4年。原発ゼロ求め街頭署名行動 | トップページ | 3月22日開催「中東の今と憲法の未来を考える」を「赤旗」紙が報道 »

2015年3月24日 (火)

イラク開戦から12年、「中東の今と憲法の未来を考える」を開催

旭川平和委員会は22日、イラク戦争開戦12年を忘れない取り組みとして「中東の今と憲法の未来を考える」と題した学習交流会を開催し、市民35名が参加しました。

Img_7912
学習交流会では最初、大阪に本部があるNGO「イラクの子どもを救う会」(西谷文和代表)が2015年1月に作成したDVD「シリア内戦 イスラム国の正体を暴く」を視聴し、中東で今起きている問題の根源に、2003年アメリカが一方的に行ったイラク戦争があることを学びました。

Img_7917
■講演する畑地弁護士
次いで畑地雅之弁護士(自由法曹団、明日の自由を守る若手弁護士の会)が「自衛隊を海外で戦争できるようにする『安保法制=戦争法制』大解明」と題して講演。安倍政権がたくらむ戦争立法について深めました。
参加した女性は「このような中身をもっと多くの人に知ってもらいたい」「(学習を)戦争反対の力にしていきたい」と感想を述べていました。

この取り組みは直前の北海道新聞旭川・上川版で紹介され、掲載記事の切抜きを手に足を運んだ方も多くいました。

20150321

|

« 3月11日、東日本大震災・福島第一原発事故から4年。原発ゼロ求め街頭署名行動 | トップページ | 3月22日開催「中東の今と憲法の未来を考える」を「赤旗」紙が報道 »

イラク」カテゴリの記事

中東」カテゴリの記事

例会・活動報告」カテゴリの記事

国際協力」カテゴリの記事

多民族の共生」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

日米安保条約」カテゴリの記事

秘密保護法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

集団的自衛権」カテゴリの記事