« 2015年新春、ブログ再始動 | トップページ | 2015年1月11日 第9回国防軍反対サウンドデモ@旭川 »

2015年1月 9日 (金)

2015年1月5日、自衛隊旭川地方協力本部が北海道護国神社を集団参拝

年始の仕事はじめの1月5日、自衛隊旭川地方協力本部の職員ほぼ全員に相当すると思われる人数の陸海空自衛官および防衛事務官が北海道護国神社を集団参拝しました。これは昨年も報告されており、以前からずっと続いているようです。情報提供いただいた「しんぶん赤旗」社会部・山本記者の取材に同行し、現場を確認しました。

20150106

この日、午前9時ごろには陸上自衛隊第2師団の師団長・副師団長・幕僚長らが「休暇をとり私的」参拝したと第2師団公報が山本記者に答えたそうです(記事参照)。この参拝を北部方面総監部は「第2師団の計画として承知している」と答えたそうで、いくら休暇中とはいえ、そういう計画を師団でもち、上級機関も把握して実施される参拝が「私的」というのは理屈でしかなく、実態は部隊レベルの幹部集団参拝といえます。憲法違反、政教分離原則違反です。

同日9時半には自衛隊旭川地方協力本部の隊員・職員らが続々と集まり、本殿で安全祈願を行っているようでした(扉は閉められ、お祓いの音だけが聞こえたので)。隊員・職員らは黙々と足早に旭川地本庁舎に歩いて行き、昨年の帰り道であったような職員同士のおしゃべり(みなさん、明るくよくしゃべっておられた)は皆無。「私語禁止」の指示があったかのような、何らかの統制をうけた雰囲気でした。

「赤旗」山本記者が幹部らしき隊員にインタビューすると、何人かは固く口を閉ざしましたが、一人はポツリポツリと答え、「休暇とっての私的参拝だ」とのこと。

しかしながら、年頭の行事を連絡する業務文書に安全祈願が明記され案内されているとの情報もあり、しかもこれだけ多数の隊員・職員が一斉に休暇を取得して庁舎を離れる行為が容認されるなど疑問点もあり、業務の一環として実施されたと解するほうが自然ではないか?との声が広がるばかりです。

|

« 2015年新春、ブログ再始動 | トップページ | 2015年1月11日 第9回国防軍反対サウンドデモ@旭川 »

政教分離」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

靖国派」カテゴリの記事