« 2013年11月17日 第5回国防軍反対サウンドデモ「いらんしょ秘密保護法」 | トップページ | 2013年12月23日「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」に125名参加 »

2013年12月18日 (水)

秘密保護法案の廃案めざす取り組み「いらんしょ秘密保護法」vol.1~vol.5まで

12月6日、国民半数を超える反対世論のなか「秘密保護法案」は参院本会議で可決、13日に施行されました。私たちは旭川発の「秘密保護法案」反対の取り組み、「いらんしょ秘密保護法」を5回に渡り実施し、反対世論を広げてきました。

私たちはこれからも諦めず、施行させない取り組み、撤廃(廃止法成立、等)めざす取り組みを進めますが、ここで一度、旭川での「いらんしょ秘密保護法」の活動を簡単にまとめます。

■11月23日「いらんしょ秘密保護法」vol.1

11月23日、旭川市中心部の「平和通・買物公園」で「いらんしょ秘密保護法」街頭アピール行動が取り組まれ市民40名が参加しました。参加者は「秘密保護法案反対」のプラカードを掲げ、寒いなか1時間思い思いに声をあげました。

20131124
この行動は3日前に旭川平和委員会とあさひかわ西地域9条の会が急きょ呼びかけたもの。「メディアは『週明けにも衆院通過か?』などと報じ市民は『もう通ってしまう』と考えている。反対世論が一気に広がれば絶対阻止できる。これまで私たちの声が届かなかった人々が一緒に反対してくれる必要があります。そのためには街頭にでなければ、と思った」と旭川平和委員会の由井事務局長。
手書きでプラカードつくってきた人、隣の人と声をあわせて「秘密保護法案に反対です」と歌う女性たち、プラカードを顔の高さに掲げて黙々と道行く買い物客に掲げる青年。参加した一人ひとりが「何としても廃案に」と行動しました。
激しく雨が降るなかでしたが傘をさしながらチラシも配布。平和委員会のマンガビラと反対署名用紙を表裏に印刷したチラシ210枚を配りきりました。連日の報道のせいか、子ども連れの若いママさんや中学・高校生がたくさん受け取りました。

■12月1日「いらんしょ秘密保護法」vol.2

秘密保護法案を廃案にしようと旭川市中心部の買物公園で1日、「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.2が取り組まれ市民ら105名が参加しました。この行動は旭川平和委員会とあさひかわ西地域9条の会が呼びかけたもので、11月23日に続いて2回目となります。

120120131129
様々なメディアで告知があったため、行動には「新聞をみて、いてもたってもいられず参加した」とか「インターネットを見て」「テレビで知って」など手作りのプラカードを掲げる「初参加」の市民が多く見られました。遠くは札幌や深川から参加した人もいました。

Img_5875

リレートークでは「祖父が治安維持法で逮捕され拷問をうけた。そんな社会にしてはいけない」「子どもたちに自由に物言える世の中を残したい」など廃案願う思いが交流され、道行く買い物客らは聞いては立ち止まり反対署名を書いていました。署名は1時間で234名からが寄せられ、用意した600枚のチラシは全て配りました。

■12月4日「いらんしょ秘密保護法」vol.3

12月4日夜、旭川市一条平和通・買物公園で「いらんしょ秘密保護法」行動の第3弾が行われ、市民60名が参加しました。この日は、初めて日が暮れてからの行動ということで呼びかけた旭川平和委員会、あさひかわ西地域9条の会が雪の上に火を灯したローソクを並べると、学校帰りの女子高生らが写真に収めていました。

Vol320131205
リレートークでは参加したほぼ全員が発言しました。20代の男性は「人間は動物じゃない。話し合って決めて欲しい。今のやり方は話し合いもしていない」と述べました。この男性は5日、札幌で行われるデモに参加すると決意表明しました。同法案の廃案求める会長声明を発表した旭川弁護士会所属の畑地雅之弁護士はこの法案の危険性について「逮捕だけじゃなく、家宅捜索も日常のなかでは脅威です。そそのかした、うっかり話したという教唆や過失も処罰されます」と訴えました。鷹栖町から参加した男性はギターを弾きながら替え歌「ひみつのアベちゃん」を歌い、拍手が広がりました。

Img_5919

■12月6日午後6時「いらんしょ秘密保護法」vol.4

参院特別委員会の強行採決に抗議して、急きょ決めてメールやツイッター・FBのみで呼びかけて行動・アピールしました。「あさひかわ9条の会」が一緒に行動してくれました。

Img_5961
〈写真〉あさひかわ9条の会宣伝カーから訴え

Img_5968
〈写真〉宣伝カーが去った後も拡声器でアピール

この日の行動も含めた一連の行動が北海道新聞旭川版でも大々的に取り上げていただき、インタビューをうけた当会の由井事務局長のコメントを掲載していただきました。

20131207

秘密保護法自体は通ってしまったものの、反対の国民世論の広がり、安倍内閣不支持の高まり、諦めず廃止めざす国民の意識の変化等、大切な前向きの変化がありました。


■12月8日「いらんしょ秘密保護法」vol.5

旭川市中心街・一条平和通で12月8日、旭川平和委員会・あさひかわ西地域9条の会が呼びかけて「いらんしょ秘密保護法」街頭行動vol.5が取り組まれ50名が参加しました。

Img_5989
「秘密保護法案を廃案に」と11月23日から4回の街頭行動を続けてきましたが、同法成立翌朝の7日午前から「抗議行動はいつ行うのか」と問い合わせが続出。そこで急きょ8日午前の行動を決めました。

行動は同日付北海道新聞でも告知され、記事を見て多くの市民が集まりました。
当麻町から0歳と2歳の二人の子どもと一緒に参加した若い女性は「この子たちが大きくなったとき、戦争に行かねばならない世の中にしたくなくて参加した」と訴えました。
「終戦のとき13歳だった」という81歳の男性は8日が太平洋戦争開戦の日だと述べつつ「戦争で多くの兵士や市民が死んだ。兵士の多くは餓死だった。そういう時代を二度と繰り返してはいけない」と自らの戦争体験も踏まえてアピールしました。
学校の課題で中心街活性化のアンケート活動に取り組んでいた市内の高校生二人は「これ秘密保護法反対の活動ですよね」と飛び入り参加。「僕たちも秘密保護法には反対しています」とマイクを握りました。

■そして今後…

引き続き、「いらんしょ秘密保護法」街頭行動を続けるとともに、国防軍反対サウンドデモ@旭川でも「秘密保護法」廃止を全面に押し出してアピールします。また、国会審議で「修正」された秘密保護法をよく学びなおす学習・交流活動もすすめる所存です。

諦めず、廃止めざして声をひろげましょう。
願いの一致点で幅広く手を結びましょう。

|

« 2013年11月17日 第5回国防軍反対サウンドデモ「いらんしょ秘密保護法」 | トップページ | 2013年12月23日「いま『秘密保護法』を考え話しあう集い」に125名参加 »

例会・活動報告」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

秘密保護法」カテゴリの記事

署名・アンケート活動」カテゴリの記事