« 2012年の第2師団創立記念行事で「空挺降下」「F15飛行展示」とのことですが | トップページ | 2012年6月3日上富良野駐屯地創立記念行事:見たまま、聞いたまま »

2012年6月14日 (木)

第2師団創立記念行事について第2師団長へ申し入れを行いました

陸上自衛隊第2師団は6月10日に行った師団創立記念行事で、例年行っていない「空挺隊員展示降下」(パラシュート降下)と「F15戦闘機模擬戦闘訓練展示」を行う予定であることを5月31日に公式HPで公表しました。この前日の30日、旭川駐屯地上空でF15戦闘機による飛行訓練が行われ、旭川平和委員会に「あの戦闘機の飛行は何だったのか」と問い合わせがありました。旭川平和委員会など旭川市内の9条の会や平和・労働団体7団体は6月5日、陸上自衛隊旭川駐屯地を訪れ第2師団司令部の松原誠広報室長に対し両訓練展示の中止を求める要請を行いました。

Img_2199

要請は旭川平和委員会から守屋敬義会長と由井久志事務局長の両名が旭川駐屯地を訪れ行いました。これまで同師団に対する要請の際は正門内の警備の隊員が詰めている建物の応接スペースで行っていました。ところがこの日は松原広報室長ほか2名(広報と法務)の隊員が正門の外に立って待っており、路上に立ったまま要請文を渡し、要請の趣旨を説明しました。これについて松原室長は「別の部隊でイザコザがあり、このようにするよう指示があった」「師団の上司からではない」と述べ、「この対応は誰が来ても(要請の場合は)同じ」とし、例えば相手が国会議員であっても対応は変わらないと答えました。

7団体の要請文では、「空挺降下」について過去の十勝地域や島松駐屯地の空挺降下で起きた事故の例を挙げ、「ある意味専門家である空挺団員でも狙い通り降下できず事故が起きています。旭川駐屯地のような住宅や主要国道が密集している場所で行うべきではない」と中止を求めました。また「F15戦闘機模擬戦闘」についても2004年に同様の低空飛行を行った際、大きな爆音に子ども達がショックを受けた事例なども紹介し「市街地上空では行うべきでない」と中止を求めました。また創立記念行事の際行われる「装備品展示」で子どもたちに小銃を持たせるコーナーがあることに触れ、「上富良野駐屯地の記念行事では小学生に無反動砲まで持たせていました。少なくとも高校生以下の児童・生徒に武器は触らせないでほしい」と要請しました。

松原広報室長は当日のF15戦闘機の飛行予定ルートなどを説明しつつも「要請の趣旨はよくわかりました」とだけ述べ、それ以上のコメントは避けました。

守屋敬義会長は「何も答えていない。そもそも路上では会話すらできない」と自衛隊の対応の酷さにコメントしました。

|

« 2012年の第2師団創立記念行事で「空挺降下」「F15飛行展示」とのことですが | トップページ | 2012年6月3日上富良野駐屯地創立記念行事:見たまま、聞いたまま »

例会・活動報告」カテゴリの記事

地方自治関係」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

騒音問題」カテゴリの記事

コメント

まずこの数日前に『反戦運動の活動家』を名乗る人物が抗議に来たのはいいが、隊員の制止を振り切り敷地内に車で突っ込む事案があり対応は門前で行うよう通知があったそうな。


不法行為をしたのは平和運動活動家側であり、今回のこの対応は自衛隊側の正当な対応です。

また、この対応の件を非難するなら、それは自衛隊側でなく不法行為を行った平和団体側を非難するよう願います。

それと昨年自衛隊の駐屯地に対して騒音等の苦情をしなかった理由は何でしょうか?
あれだけ苦情を出していたが震災後は沈黙し一年経過してほとぼりが醒めるのを待っていたのなら、あなた方の活動ってえのは自衛隊が必要な有事の時は何ら反対運動等を叫ばないヘタレ以下となりませんか?


あと銃器を子供に触らすなとあるが興味を持つ子供に武器や銃器を触れさせるねは何ら全く法的に『問題無い行為』ですが、何故その場で抗議しなかったのでしょうか?

そうやって後から苦情や抗議をするのってある意味卑怯者のやる事ですが?

その場で白い目で見られる・下手すると来訪者により動画やカメラで撮影され公表されるのが怖いからその場で抗議でなく後日抗議に来るという事ですか?

お答え願いたいと思います。


旭川自衛隊協力会会員

投稿: 通りすがり | 2012年6月20日 (水) 16時57分

通りすがりの旭川自衛隊協力会員さん

あなたが本当に自衛隊協力会員さんかどうかはわかりませんが、「平和運動活動家」といえど多様な団体、多様な個人、おっしゃるような「実力行使」をも是とする「過激派」もいれば、私どものように世論に呼びかけ市民と共に政策を見直して行くなかで打開しようとする者もいます。一括りにしないでいただきたい。

対応した広報室長も「別の部隊、別の駐屯地でそのような事案があったため」と述べていましたが、だからといって一様に門前立ち話というのも芸のないことで。

投稿: 管理人山田 | 2012年9月 1日 (土) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/45649188

この記事へのトラックバック一覧です: 第2師団創立記念行事について第2師団長へ申し入れを行いました:

« 2012年の第2師団創立記念行事で「空挺降下」「F15飛行展示」とのことですが | トップページ | 2012年6月3日上富良野駐屯地創立記念行事:見たまま、聞いたまま »