« 5月19日、コープさっぽろツインハープ店前で原発ゼロ北海道署名を呼びかけ | トップページ | 第2師団創立記念行事について第2師団長へ申し入れを行いました »

2012年6月 2日 (土)

2012年の第2師団創立記念行事で「空挺降下」「F15飛行展示」とのことですが

来週末、2012年6月10日に予定されている陸上自衛隊第2師団創立記念行事(旭川駐屯地開放)の内容が5月31日に同師団公式HPに公開され、それによるとこれまでも実施してきた内容に加え「空挺隊員展示降下」および「F15戦闘機模擬戦闘訓練展示」が行われることがわかりました。

公開の前日5月30日に旭川市内は航空機の轟音に包まれました。旭川地方裁判所前で轟音に驚愕したAさんは「三角形の飛行機が自衛隊の向こう側(西)から裁判所(東)の方に飛んでいった。あれはいったい何なのですか?」とメールで当会に問い合わせがありました。他にも
「自宅にいたらけっこうな音がしました。やはり、自衛隊だったのですね」
「『なんだか、ずいぶんうるさいね~、自衛隊?』って会話を仕事中にしてたところでした。やはり、そうでしたか。すごいバリバリいってたから、基地周辺では、もっとすごい騒音だったでしょうね。基地周辺には、学校もあるのに、うるさくて授業にならないでしょうね|( ̄3 ̄)|」
などの声がこの日のうちに寄せられました。

「空挺降下」(パラシュート降下)はこの間、厳冬期の十勝地方で2008年から2012年まで5年連続で行われていますが、2009年には降下した隊員のパラシュートがヘリコプターに絡み宙吊りになる事故が起き、途中で中止になりました。また2009年の島松駐屯地公開の「空挺降下」では降下した隊員の一人が立ち木に引っかかり、安全が確認されると行事がひと段落するまで救出されなかった事例があります。このとき、少ししか離れていない駐屯地の外ではお年寄りがパークゴルフをプレイしていたそうです。

「F15飛行展示」は主催者こそ違いますが2004年旭川航空祭で飛行展示が行われ、旭川市内石狩川北岸を中心に轟音を響かせ、瞬間的ではありますが大きく不安を広げました。末広東地域に住む1歳児のご両親からは「お昼寝をしていた息子が、轟音と共に泣き出ししばらく泣き止まなかった」と声が寄せられています。

20120610hp
第2師団HPより

|

« 5月19日、コープさっぽろツインハープ店前で原発ゼロ北海道署名を呼びかけ | トップページ | 第2師団創立記念行事について第2師団長へ申し入れを行いました »

地方自治関係」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

騒音問題」カテゴリの記事

コメント

>「自宅にいたらけっこうな音がしました。やはり、自衛隊だったのですね」
「『なんだか、ずいぶんうるさいね~、自衛隊?』って会話を仕事中にしてたところでした。やはり、そうでしたか。すごいバリバリいってたから、基地周辺では、もっとすごい騒音だったでしょうね。基地周辺には、学校もあるのに、うるさくて授業にならないでしょうね|( ̄3 ̄)|」
などの声がこの日のうちに寄せられました

『スクランブル発進』で飛び去ったのを悪く言うなら、それはそういった事案を発生させた『ロシア』に文句を言って下さい。
航空自衛隊は国家の防衛を司る立場として『必要な対処』を行ったに過ぎません。
それを悪く取るならそういった事案を発生した側に対して苦情を行うのが筋ってもんです。
ガキじゃ無い、いい歳こいた『立派な大人』なんでしょうからそれくらいは理解出来るでしょう?だったら文句言わない!


>「空挺降下」(パラシュート降下)はこの間、厳冬期の十勝地方で2008年から2012年まで5年連続で行われていますが、2009年には降下した隊員のパラシュートがヘリコプターに絡み宙吊りになる事故が起き、途中で中止になりました。また2009年の島松駐屯地公開の「空挺降下」では降下した隊員の一人が立ち木に引っかかり、安全が確認されると行事がひと段落するまで救出されなかった事例があります。このとき、少ししか離れていない駐屯地の外ではお年寄りがパークゴルフをプレイしていたそうです。

安全管理上事故が発生した場合は当該訓練は原因がはっきりするまで中止にするが、しかし原因が究明され問題が無ければ再開しているし、住宅街にある駐屯地なら風向きや風量等を計算し安全が確認出来た時点で行うから全く問題にあらず。
ぶっちゃけだからといって実施予定のイベントを中止しなければならないとは限らない。
そんな事案を持ち出してアレコレ言う前に、自分達の姿勢を改善する『努力』をしなさい。
都合の悪いコメント削除・不掲載するとかさ、人間のやることじゃないよ、全く。


>「F15飛行展示」は主催者こそ違いますが2004年旭川航空祭で飛行展示が行われ、旭川市内石狩川北岸を中心に轟音を響かせ、瞬間的ではありますが大きく不安を広げました。末広東地域に住む1歳児のご両親からは「お昼寝をしていた息子が、轟音と共に泣き出ししばらく泣き止まなかった」と声が寄せられています。


だから何?ってぇのが素直な感想
爆音を出して走行するトラックに反応する赤ん坊、クラクション音に反応し泣き出す幼児もいるし、それ以前に北海道某政令指定都市においては某平和団体の拡声器による騒音で住民が不信感を抱いた事例がありますが、あなた方は他人の事批判できる立場でしょうか?

もう少し利口になりましょうや
揚げ足とりに必死にならずにさ(苦笑

投稿: 山田 | 2012年6月 8日 (金) 19時43分

管理人です。

「まともな反論」も述べられていたので「山田」氏のコメントを4件公開しましたが、かならず反論の途中や最後についてくる罵詈雑言は辟易します。「都合の悪いコメントは削除」のように言っていますが公開するのも躊躇する子どもの喧嘩以下の悪口は公開に値しない旨、かねてより述べているところです。

今回のF15の飛行はスクランブルではないことは、自衛隊サイドから明確に述べられていますので、最初の批判は的外れです。

投稿: 管理人山田 | 2012年6月14日 (木) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/45501903

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年の第2師団創立記念行事で「空挺降下」「F15飛行展示」とのことですが:

« 5月19日、コープさっぽろツインハープ店前で原発ゼロ北海道署名を呼びかけ | トップページ | 第2師団創立記念行事について第2師団長へ申し入れを行いました »