« 2010日米共同訓練@上富良野:「ヘリボン訓練」など報道陣に公開(産経ニュースから) | トップページ | 第2師団のIT化実験:〝深化する〟陸自のC4ISRが「日米同盟の強化に資する」とは? »

2010年11月17日 (水)

第2師団のIT化実験:C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)へ。監視?偵察?

朝雲新聞で2週連続して第2師団のIT化部隊実験の最新状況が報じられています。

■2010年11月4日付【「イーグル・アイ」「玄武2010」で2師団 C4ISRで継戦能力保持】
http://www.asagumo-news.com/news/201011/101108/10110901.html

■2010年11月11日付【C4ISRの部隊実験 技本と2師団】
http://www.asagumo-news.com/news/201011/101111/10111107.html

+++++

後者11月11日記事にある、技本と第2師団の部隊実験の様子が公開されています。

「防衛省 小型の無人偵察機を公開」
K10050572411_1011051712_1011051722_
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101105/t10015057241000.html
■2010年11月5日/NHKニュース
最新の情報通信技術やロボット技術を基に防衛省が開発を進めている小型の無人偵察機が5日、公開されました。防衛省は、無人機が撮影した映像を地上で活動中の隊員もリアルタイムで共有することができる携帯情報端末の開発も進めていて、10年後をめどに、こうした新たな装備を全国の陸上自衛隊の部隊に配備したいとしています。
この無人偵察機は、防衛省が、アメリカ軍のハイテク兵器を参考に去年から開発を進めているもので、北海道の上富良野演習場で報道陣に公開されました。無人機は、直径およそ50センチの円筒形の部分の内側にあるプロペラを高速回転させて、ヘリコプターのように機体を空中に浮かせます。さらに、その下に取り付けられた4枚の小さな翼を動かすことで、前後左右に飛行します。また、機体上部に高性能カメラやGPSが内蔵されていて、飛行ルートや飛行高度をあらかじめ設定すると、およそ30分間自動で飛行し、地上に無線で映像を送り続けます。防衛省は、火山の噴火や土砂崩れといった危険度の高い災害現場で被災状況を把握する際などに活用できるとしています。

■無人偵察機公開

+++++

「C4I2」とか「C4ISR」とか、略語が次々出てきて難しいですが、それぞれは英単語の頭文字で「C4I」までは共通しています。
・指揮Command
・統制Control
・通信Communication
・コンピュータComputers
・情報Intelligence

「C4I2」という時、これに加わるのが
・相互運用性Interoperability
で、自衛隊内の職種の違う部隊の相互運用ということも言えるでしょうが、むしろ内容からしても米軍やEU各国などNATO軍との相互運用性という狙いがあるように思えます。現在開発中のシステムが米軍の同等システムと通信方式など互換性があるとの論文もあり、訓練次第で現場で相互運用できる装備になるのではないでしょうか。

「C4ISR」というときの「SR」は
・監視Surveillance
・偵察Reconnaissance
の二つで、情報収集・分析の重要さが自衛隊内で急激に増大していることを示しています。第2師団の実験している内容は今後全国の自衛隊に普及されるでしょうし、だからこそこれら装備整備に莫大な予算も投じられ、それが「専守防衛」からみて適切なのかが問われますし、先駆者としての第2師団が真っ先に運用現場に投入されるのではないか?とも考えてしまいます。例えばアフガニスタンへ、とか。

第26普通科連隊が日米共同訓練を行っているこのとき、まさに同じ上富良野演習場でC4ISR部隊実験を「日程が丸かぶり」するように設定されているのはなぜでしょうか?産経新聞の報道では「IT戦の検証」との記述もあり、このことを考えたら先に述べた懸念はあながち空想の産物とも思えません。

|

« 2010日米共同訓練@上富良野:「ヘリボン訓練」など報道陣に公開(産経ニュースから) | トップページ | 第2師団のIT化実験:〝深化する〟陸自のC4ISRが「日米同盟の強化に資する」とは? »

NEWS紹介」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/37704900

この記事へのトラックバック一覧です: 第2師団のIT化実験:C4ISR(指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察)へ。監視?偵察?:

« 2010日米共同訓練@上富良野:「ヘリボン訓練」など報道陣に公開(産経ニュースから) | トップページ | 第2師団のIT化実験:〝深化する〟陸自のC4ISRが「日米同盟の強化に資する」とは? »