« 11月2日~11日:上富良野で日米共同訓練 | トップページ | 11・3日米共同訓練反対上富良野・全道集会 »

2010年10月31日 (日)

10月21日、陸自第2師団と旭川市に要請行動

11月2日から上富良野演習場などで行われる日米共同訓練に関わって、旭川平和委員会も参加している「日米合同演習反対道北共闘会議」(湯川界・事務局長)は10月21日、陸上自衛隊第2師団および旭川空港管理者である旭川市長に対して要請を行いました。

Img_0957
■旭川市への要請

旭川市長に対しては「旭川空港のあらゆる軍事利用に反対」する要請を行いました。

今回、訓練に参加するミズーリ州兵部隊の移動経路・手段は明らかにされていませんが、仮に旭川空港を利用することになれば、それは旭川空港の軍事利用に他ならず、民間航空機を使っての移動も含めあらゆる軍事利用を拒むよう求めたものです。

これに対して西川将人旭川市長は10月27日付で回答書を送付し、回答のなかでは第一に旭川空港の「軍事利用一般」「自衛隊・米軍機の離着陸」「チャーター便での兵員・武器弾薬輸送」に対して一括で「旭川空港は、公共用の飛行場に位置づけており、設置目的から軍事目的の使用は予定しないところであります」と述べつつ、「着陸要請等があった場合には、これを原則とした上で、日米安全保障条約や日米地位協定も踏まえながら、住民の生活と安全を守る立場から適切に対応してまいりたい」と、極めて玉虫色に回答しています。率直にいえば、どちらに転んでも大丈夫な言い回しです。

また、西川将人市長は民間定期便を利用しての兵員移動があった場合への対処について、「空港管理者として利用目的の調査等による利用者の選別、或いは自粛を求める考えはありません」と一般論としては至極真っ当ながら、兵士の集団(部隊単位)移動という極めて軍事色の強い問題に対して結局は何の意思表示もできないことを露呈しました。

最後に西川将人市長は旭川空港の軍事利用に関する情報提供について「旭川空港の位置づけから」そのような事態が起こることは「想定してはおりません」としながらも、「戦闘機の離着陸など、旭川空港の設置目的と異なる使用には、市民に対し必要かつ適切な情報提供」を行うと述べ、結局はその線があり得ることを述べたたにすぎません。

予想していたものの、西川将人市長の回答はまったく評価できないものでした。

Img_0965
■陸上自衛隊第2師団への要請

続いて、陸上自衛隊第2師団に対して「日米共同訓練の中止要請」を行いました。

事前に上富良野駐屯地がメディアに対して提供していたペーパー(当ブログ既報)では連絡先を第2師団広報室となっていたので適切なやりとりが出来るものと考えていましたが、まったく的外れで、自衛隊サイドの準備不足(または外部への不透明性)が一層明らかになりました。というのも、要請・質問に対して重要な内容に関しては「把握していない」「直接聞け」の回答ばかりで、訓練実施の日本側の責任ある立場とは思えない対応です。以下に若干のやり取りを再現します。対応したのは第2師団広報室の橘木(タチバナキ)3等陸佐。

冒頭、道北共闘会議側から「日米共同訓練に反対する抗議と申し入れ書」を手渡す。
○道北共闘会議(以下「共闘」)「訓練の目的は何か?」
●自衛隊「日米共同訓練は、米陸、米海兵隊との2種がある。今回は指摘の通り留萌の部隊とアメリカ陸軍である。お互いの指揮系統の確認が主で、何かを前提としたものではない」
○共闘「米軍の移動経路は?」
●自衛隊「米軍のことは自衛隊がどうこう言うことではない。必要があれば米側に問い合わせたらいい」
○共闘「米側のどこに聞けば良いのか?」
●自衛隊「調べて、事務所(旭労連)に電話する」
○共闘「休暇の自由外出などはあるのか」
●自衛隊「文化交流などはやるようだ。こっちも日本の文化を知ってほしいから。ほかの自由外出などは掌握してない」
○共闘「02年2月の積雪寒冷地訓練の時は、自衛隊側で旭川市内の英文のガイドマップを作ったことがある。今回は?」
●自衛隊「掌握していない」
○共闘「日米共同訓練となると日本側がアメリカに引っ張られ、主体性が無くなる気がするが」
●自衛隊「・・・・・・・・・・・・」
○共闘「申し入れ書が師団長に届くように渡して欲しい」
●自衛隊「(うなずく)」

後日、自衛隊からは「上富良野での自由外出予定はない」との回答だけありました。

Img_0970
■10・21街頭宣伝

両者への要請後これらの情報を市民に伝えつつ、沖縄に連帯し普天間基地の無条件返還を求めるため10・21街頭宣伝を行い、日米共同訓練反対ビラを配り普天間基地返還署名を市民に呼びかけました。

+++++

余談ですが、私どもと直接係わり合いのない団体ですが、平和フォーラムさんも10月28日に日米共同訓練の中止要請をしているようですのでご紹介しておきます。
http://www.peace-forum.net/blogeuc/index.php?itemid=331

|

« 11月2日~11日:上富良野で日米共同訓練 | トップページ | 11・3日米共同訓練反対上富良野・全道集会 »

上富良野演習場・駐屯地」カテゴリの記事

例会・活動報告」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

日米共同訓練」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

そもそも文句あるなら自衛隊駐屯地や部隊に言うんじゃなく計画を立案してる防衛省や米軍の司令部に『直接』要望書を渡しに行けばいいじゃねぇか


それもしないで師団司令部の対応がどうだのこうだのって筋違いじゃありません?


そんなに自衛隊さんが訓練するのが気に入らなければあんたらが代わりに防衛を担うの?

それをする気も無く口先だけなら『小学生レベルの活動』ですよ。

投稿: くだらねぇ | 2010年11月 7日 (日) 17時46分

米軍云々自衛隊訓練云々普天間云々とおっしゃるなら、本来防衛そのものを完全否定する旨を発言なさるんですよね?
ならば、そう発言や活動する方々が全責任をおって防衛特に他国からの万が一の侵略行為があれば身をもって防衛してくれるのですか?


そういう気持ちも無くただ単に「反戦」とか「軍事力増強反対」とかおっしゃるなら、日本にとって非常に危険じゃありませんか?
署名活動も然り、署名を求めるならそれの代替手段はどうするのかや万が一普天間や米軍を国外から退去させた後の防衛をどのようにしていくかを明確に示す必要がありますよね?
けど皆さんそれには街頭でも口をつぐむのは何故ですか?
署名を求めてきた方に聞いても、現場の代表者にコメント求めても答えは頂けませんでした。


単に軍事アレルギーだけでこのような活動するならぶっちゃけ無意味です。
明確かつ他の考えを持つ方がしっかりと納得出来るだけの案を是非とも示すべきではないですか?

それに自衛隊の駐屯地に直接要望書を渡すのでなく、計画の立案をしている防衛省や米軍に直接渡すべきですよね?
現場レベルにそんなもの持ってきても却って迷惑掛けているに過ぎないような気もします。
どうせなら防衛省と米軍の司令部に持っていったら如何ですか?

それもせずに自衛隊駐屯地に直接持ち込むなんて自己満足に過ぎませんよ。

投稿: 山田(←サイト管理者でない「山田」氏…管理者注) | 2010年11月 7日 (日) 19時19分

>くだらねぇさん

10月21日の要請の際、「直接米軍に問い合わせたいので、問い合わせ先を教えて欲しい」とお願いしたところ、陸上自衛隊第2師団広報室の橘木3佐は「調べて連絡する」と述べました。しかし、今に至るまで連絡はありません。

そのことを確認してからコメント書くべきでしたね。


>山田(ブログ管理者でない山田氏)さん

あなたにも上の「くだらねぇ」さんへのレスと同じ言葉をおくります。付け加えて言えば、自衛隊自体が「問い合せ先」として第2師団広報と上富良野駐屯地広報を指定しているわけで、だから第2師団宛に要請したのです。あなたの言うべきことは第2師団に言うべきでは?

またあなたの前段の意見はまったく筋違いです。日本の外交・安全保障政策の根本を問うているのに「身をもって防衛してくれるのですか」とは、「くだらねぇ」さんの言いようを真似るわけではありませんが「小学生レベル」の子どもの口げんかですよ。


いづれにしても、もっとまともな意見(方向は相容れずとも)があると思いきや、残念至極。

投稿: 山田(ブログ管理者) | 2010年11月 9日 (火) 14時27分

>あなたにも上の「くだらねぇ」さんへのレスと同じ言葉をおくります。付け加えて言えば、自衛隊自体が「問い合せ先」として第2師団広報と上富良野駐屯地広報を指定しているわけで、だから第2師団宛に要請したのです。あなたの言うべきことは第2師団に言うべきでは?


申し訳ないが、答えになってないです

問い合わせ先を指定しそちらに抗議をしているだけなら言われたとおりにやるだけの子供の行動と一緒です。
本当に抗議活動をしその意見を伝えたいと思うならば訓練計画の立案をする防衛省と米軍の司令部に直接乗り込んでその旨をしっかりと伝えるべきでしょう。
それもせずに近場の駐屯地にしか抗議活動しないなら、ぶっちゃけ活動そのものの意味はなさないでしょう。


>またあなたの前段の意見はまったく筋違いです。日本の外交・安全保障政策の根本を問う

根本を問うならば、それにより起こりえる事に関しても責任を持つべきですが?
仮に普天間や米軍駐留に関して反対の意見を明確に示している(それに準じた考えを公表している含む)場合、それについて仮に反対意見を押し通して米軍が撤退した後の防衛に関して貴方は明確にその考えを示していないにも関わらず、単に反対や米軍撤退の意見だけ流しているならそれは責任を持たずに口先だけの人間と見られます。
「ルーピーこと鳩山由紀夫前総理」と同レベルなんですよ。


>いづれにしても、もっとまともな意見(方向は相容れずとも)があると思いきや、残念至極。

ぶっちゃけかなり穏やかにかつまともな意見を出していますが?
何故質問にお答えしないのですかねぇ
では街宣で署名を求めていた貴方たちのお仲間に聞いても何故明確とした答えてをしてくれなかったのですか?
札幌で活動する某平和団体さんに同様の質問をメールでぶつけてみたところ、代表の方はこちらの質問にしっかりと明確かつ自分達の考えに基づいて防衛に関してもお答え(考えは合わずとも)をして貰えたのに、何故貴方は答えをはぐらかしたりして答えようとしないのですか?

ましてや子供の喧嘩じゃあるまいしって・・・。

逆に情けなく思いますよ。

投稿: 山田 弘泰 | 2010年11月 9日 (火) 19時40分

>山田弘泰さん

あなたから見れば鳩山前首相と同じに見えるのかもしれませんが、結局彼は沖縄県民を売り渡し沖縄にアメリカの基地を固定化させた人です。私たちからみればあなたと同じ分類に見えますよ。

まあ、そんな意味の無いやりとりは今後やめておきます。当ブログのコメント基準は「具体的な意味のある意見のやり取りには誠意を持って答える」ですから(苦笑)

しかもあなたは「答えない」といいますが、例えば「街宣で署名を求めていた仲間」が本当に私たちのメンバーかどうかだって怪しい。「反対」って言っていたらなんでもかんでも一括りにする方々もいますし。しかも札幌の平和団体云々だって何の話だかわからないですよ。結局、言いがかりをつけたいだけなのでしょう。

何度も書きますが立場は違っても真剣なやりとりには返信します。他は、誹謗中傷系は削除、意見羅列系は放置。

投稿: 山田(ブログ管理者) | 2010年11月10日 (水) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/37471100

この記事へのトラックバック一覧です: 10月21日、陸自第2師団と旭川市に要請行動:

« 11月2日~11日:上富良野で日米共同訓練 | トップページ | 11・3日米共同訓練反対上富良野・全道集会 »