« 「安保改定50年を問う6・23旭川集会」に100名が参加 | トップページ | もう止めるべきでは?「自衛隊票の争奪戦」―2010年参院選に見る »

2010年7月 6日 (火)

【市民の投稿から】市民に銃口を向ける自衛隊員/自衛隊車両の国道移動について

旭川平和委員会宛に投稿がありました。メールで2回に分けて頂戴したのですが、おおきく二つのテーマについて書かれています。ご本人の承諾を得て、また二つのテーマが混同しないよう若干整理してご紹介します(引用部分の文字は青色)。

■一般国道を走る自衛隊車両から銃口が!

投稿をくださったのは旭川市在住の30代男性。ここでは仮にAさんとしておきます。Aさんは以前、家族と走っていた際の出来事が忘れられないそうです。

かれこれ5年ほど前です。夏の暑い日に子連れで出かけてる時、子供は助手席に、おれは運転してました…。

ある国道を走っていまして、おれは自衛隊車両の後ろでした。自衛隊車両は兵員輸送車で暑いからか 後ろ側の幌が全開に空いていて兵員が乗ってるのが丸見えでした。隊員はライフルを持ってましたので射撃訓練なんでしょうね。隊員達がこちらを見ながら、笑いながら話してるように思えました。

少ししてからある隊員がライフルを構えました。その時です。後ろを走るおれに銃口向けてライフルを構えたのです。隊員達は笑いながらで…ライフルを構える彼は、おれを撃ったんでしょうね。とっさ的におれはハンドルを右に切りました。すぐ対向車が来て、危うく正面衝突です。彼はこちらを見て大笑いしてました…。

この他にも 銃口を向けられた事あります。笑い事ではありません。本当に撃たれると感じ、背筋が凍りました。数日間恐怖で仕事どころではなかった…。おかげで体調崩しましたし…。その時、駐屯地に電話しましたが話になりませんでしたよ…。

Aさんは最近も似たような事例に遭遇しています。

毎日仕事の通勤で国道走ってますが、先月装甲車の甲板から上半身出してた隊員が機銃握ってました…。それ以外の装甲車にも機銃が付いてましたが、それって 普通ダメじゃないですかね…。

Aさんは「当時は平和委員会を知らなかった」とおっしゃり、知っていたら連絡していたと話してくれました。5年前の事例などは以ての外ですよね。沖縄の海兵隊監視活動に取り組む沖縄県平和委員会のメンバーが海兵隊員に銃を向けられた話は聞いたことがありますが、一般国道を走る市民が突如として自衛隊員に銃を向けられる恐怖。懲戒処分の対象では?

●追記:Aさんから「思い出した話が…」と続報が届きました。

去年の春先、コカ・コーラの某駐屯地にある自販機総入れ替えの仕事で某駐屯地(旭川近郊)へ。各建物に自販機ある為、各建物で自販機総入れ替えで外す準備をしていておれは廊下で待機してました…。すぐ目の前の部屋の戸が開いており、中では隊員がライフルを磨いてました。おもむろに見ているとある隊員と目が合い、そうすると隊員はおれ目掛けてライフルを構えました。当然銃口はおれに向いてます。

冗談のつもりだったんでしょう。ニヤリとしてましたから。引き金も引きましたので実弾入っていれば おれは撃たれてました…。すぐ近くにいた同僚に言うと「どうせジョークだ」と…。自衛隊員は一般人に冗談で銃口向けていいのですか?そんなに人を殺したいなら「撃てよ」と思いました。

戦争ごっこしてる自衛隊員のレベルの低さに唖然とします。余談ですがそこの廊下にはJ民党のポスターありましたし、他の建物にも貼られてました…。今はM主党なんでしょうね(笑)

恐ろしい事態です。そういうことが日常茶飯事で行われているのが自衛隊なのでしょうか。先日もPKOで派遣されている部隊で誤射事件およびそれの隠蔽事件がありました。知人の防衛省幹部の話しによれば「とにかく防衛省・自衛隊幹部は戦争をしたがっている」との話も聞きます(事実か否かはわかりませんが)。誤射事件もどこまで本当かわかりません。

国民を守る実力部隊として、最低限国民に銃口を向けないでいただきたいです。

ちなみに「J民党ポスター」の話はどうなんでしょうか?防衛省管理でなく、例えば防衛弘済会などが管理する掲示板ならば駐屯地内でもそういうことが有りうるのでしょうか?ぜひ情報提供を期待します。

■高速道路無料化の恩恵?

次にAさんはもう一つの問題にふれました。

先月28日から道央道、岩見沢まで無料になったじゃないですか。早速29日に走ってみたんですが…確かに交通量は少し増えた感じしますが、対向車で自衛隊車両が見ただけで50台以上は道央道走ってましたよ。装甲車も走ってましたし…。

道央道無料は一部以外には全く関係ないから、無駄もいい加減にしてほしいと思いました。

これは実は山田も同じ問題意識をもっていました。

6月29日から数日間、鷹栖インター付近を通ることがしばしばあったのですが、毎回のように自衛隊の車列に遭遇したのです。そのときは「自衛隊も高速使うんだ」と何となく見ていただけでしたが、7月2日に道央道を利用して札幌往復した際も自衛隊車列と何度もすれ違い、なんだかモヤモヤした気持ちになっていました。そこへAさんのメールです。

自衛隊は費用がかかるため通常の輸送の際は高速道路はあまり使わないと聞きました。今回の高速道路無料化(社会実験)により、並行国道を走る予定の車両は次々と道央道に切り替えているのではありませんか?←一応、疑問符としておきます。

|

« 「安保改定50年を問う6・23旭川集会」に100名が参加 | トップページ | もう止めるべきでは?「自衛隊票の争奪戦」―2010年参院選に見る »

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

 サスガに、これはやり過ぎでしょう、チョットあなたにがっかりしました・・
 いくら主義主張が違うとはいえ、投稿の裏付けはとったんでしょうか?
ブログに載せる責任について言及していたあなたがまさか、自分たちに耳障りのいいモノはには食いつくんですね。
 こんなので問題にするなら、世間中気に入らない人の事をでっち上げれるじゃないですか・・

 ブルーインパルスの事だって、。あなた方のお仲間の太田市議が、市議会で質問して150mとかなんとか質問してましたが、逆に専門的なはなしで市長に一蹴されたんですよね・・・

 平和を目指すなら堂々とやりましょう
 自衛隊を陥れたいだけなら、改名して反自衛隊委員会とかにしてみたらいかがでしょう。
 改名して人気の出る芸人もいることだし、もしかしたら・・・

投稿: 自称平和団体は嫌い | 2010年7月 8日 (木) 00時40分

>自称平和団体は嫌いさん

記事のうち前者については現段階で裏がとれませんでしたので全体を「市民からの投稿」としました。「そこまでするのだろうか?」と思いつつ、実際に明らかになり処分された事例をみると「そこまでするか」というものが多いですから。

自衛隊内で銃の扱いについては厳密な規定があると思います。それを厳守してきちんと扱っている自衛官からすれば、本投稿を「でっちあげ」と思うかもしれませんが。実際にはどうなのでしょう。沖縄では私たちの仲間の平和委員会メンバーが何度も海兵隊員に銃口を向けられています。自衛隊は絶対に違うのですか?

また後者の記事については山田も確認しています。

投稿: 山田 | 2010年7月 9日 (金) 15時57分

私は熊本市近郊に住んでいます。そして熊本には第八師団(だったと思います)の本部があります。実際に銃を向けられた話などは聞いたことはありませんが、本部の周辺は基地のための街づくりになっています。正門から裏や横の門にいたるまで感応式の信号がついており、敷地の中から出てくる車がいると・・・・です。
話がそれました。私は「防衛省は戦争をしたがっている」という話は事実だと思います。実際に妙な論文を発表して処分らしい処分も受けずに退職した幹部クラスの人物もいたことですし。
A内閣のときに憲法改正を唱えていましたが、あれもその一環なのでしょうか? そうだとすると政治ぐるみで“戦争”をするつもりなのでしょうか? 今後東アジアの情勢は悪化の一途をたどりそうな気配が漂っているので心配です。

投稿: ジロさん | 2010年7月 9日 (金) 19時00分

たしかに知人の投稿とはいえ、明確な裏づけをとらないままブログという形で公に公開する手法には疑問を感じざる得ません。

他者の伝聞を基に批判することが許されのならば、私が今まで見聞きした共産党支持者や反戦平和活動に従事される方々のあからさまな自衛官への誹謗中傷もこの場を通じて今後紹介しても問題ないということでよろしいのでしょうか?
※かつて私が通っていた大学院では、反戦平和活動をする教授や学生が自衛官の身分で入学された方々に職業差別ともいえる嫌がらせや誹謗中傷をしているのを見てきました。(これは伝聞ではなく実際自分の目で見てきたソースです。客観的な証拠は当ブログ同様にありませんが...。)

前回もコメントさせていただきましたように、バランスを欠いている姿勢の批判は単なる偏向というように受け取られてもしかないと思います。

あなたの知人や激励メールする方々は基本的にあなたの思想信条の共感を得ている方々ばかりなのかも知れませんが、少なくともネットとはいえ公の空間に意見を発表すれば、私のような立場を異にする人間にも嫌でもの目に入ってくるものです。正直気分のいいものではありませんが、表現の自由がある以上はそれは認めざる得ないところです。ただし、その表現手法は慎重なものでなくてはならないと私は考えますが、いかがでしょうか?

自衛隊の「負の面」を批判をするのは健全な言論活動の一つではではありますが、「正の面」の評価(災害救助活動やイベントの支援等々)があって初めて全体として自衛隊の存在意義等の議論ができると思います。本当に旭川市民のための平和活動ならば、もっと広い視野をもって各種活動を実施していただきたいと思います。

話は変わりますが、一つ疑問なのですが『高速道路無料化の恩恵?』の投稿のくだりで、
>>道央道無料は一部以外には全く関係ないから、無駄もいい加減にしてほしいと思いました。

この記述は何に対しての無駄を省けとおっしゃているのでしょうか?当方の日本語の読解力の問題かも知れませんが正直理解できませんでした。
高速を使うと何が無駄なのでしょうか?
高速料金への税金投入?(でも無料ですし...)、ガソリンの無駄?
高速を使用せず一般道を通れば逆に一般道通行の妨げになりますし...。
それとも自衛隊の通行自体が邪魔というニュアンスなのでしょうか?(↑これはちょっと言いがかりに近いですし...)

長々の乱筆乱文大変失礼いたしました。

投稿: ななし | 2010年7月11日 (日) 21時16分

>ななしさん

おっしゃることは理解できます。
まず、投稿があったからと何でも載せるのか?という点では、確実に裏をとれないまでも複数の証言が求められるかと思います。そういう意味では本記事の上の部分(銃を向けられた)については、今後別ルートからの追加情報がなければ再考いたします。
ただ、このような事例は(特に駐屯地内での出来事は)外に出る機会が少ない情報ですので、新情報を募る意味でも市民の投稿として掲載しました。

次に「正の面」も載せなければバランスに欠けるとのご指摘ですが、それはわからなくもないのですが私達は憲法に照らして自衛隊は違憲の存在と考えていますがそれを一端脇に置いたとしても甘受できない側面を指摘しているわけです。
とはいえ、災害救助等でご苦労されている自衛官の姿には賞賛を贈りたいと思いますが、であればこそ尚更、自衛隊を改組し「国際救助隊」なり災害救助に特化した組織をつくり内外問わず支援に駆けつけたほうがより日本の中立と安定に寄与できると思います。
とりわけ海外での災害救助の場合、イラクでもアフガンでもそうですが軍事組織なだけに行動を制約される側面もあります。

それとお尋ねの…

>話は変わりますが、一つ疑問なのですが『高速道路
>無料化の恩恵?』の投稿のくだりで、
>>>道央道無料は一部以外には全く関係ないから、無
>駄もいい加減にしてほしいと思いました。

については投稿の内容ですので、その真意は投稿者に確認したいと思います。

投稿: 山田 | 2010年7月16日 (金) 12時28分

回答誠にありがとうございました。
誠意ある対応感謝いたします。

 しかしながら自衛隊という『組織』が違憲状態であるという認識でありながら、災害派遣等の活動にはある程度肯定的な評価をもっておられるわけですね?
なにか理論破綻しているような気もいたしますが、まあそれはさておき...。

 平和をテーマに違憲状態(の認識)の自衛隊の批判監視をするのは結構ですが、かつて暴力革命を標榜し、社会主義の実現を目指していた日本共産党、またそこから分派したブントや中核、革マル、核労当等各種セクトが人権・反戦・平和活動に活動焦点をシフトしてきたのはご存知ですよね。(これは治安関連研究をされる教授め研究生の方々には周知の事実ですよ。)

 いま平和活動の先端は共産党と社民党が大勢力との認識ですが、当ブログにおいての第三者のコメントに対し、平和委員会と共産党は部分的な協調関係でしかないとの回答でしたが、文献やネット等々を調べると、平和委員会や九条の会も共産党と「かなり」深い繋がりがあるものと自分的には認識いたしました。(実際、引越前の居住地ではそうでしたし...)

そういった平和委員会の立位置等をふまえて次の二点を確認させいただきたいと思います。

■①:自衛隊に対する認識
戦前:日本軍(侵略軍)→戦後:自衛隊(憲法9条違反、日本軍(思想)の受け継ぎ、いざというときは国民を守らない、国民に銃を向ける、危険性を含有した組織)

●→結論:信用できない。ゆえに自衛隊に対する監視活動を継続

との認識でよろしいでしょうか?

■②:新左翼勢力(いわゆる過激派)の活動の責任について
戦後:共産党(武力革命を標榜)、その後平和路線変換(フルシチョフのスターリン批判でしたっけ?)、不満分子が同党から分派→過激派誕生(暴力行為を連発)→連合赤軍関係事件で国民の支持低下→その後様々な活動(人権・差別・平和等の活動)にコミットし構成員獲得を模索

●→そもそもの混乱の発端は共産党では?→ではしっかりと総括し、諸組織が違法行動をしないよう面向かって議論等したのか?ただ「袂を分かちました」宣言しただけなのでは?

以上2点の回答をお願いいたします。
(ちなみに新左翼勢力のくだりは、それなりの権威や知識ある方々に伺った内容です。)


もし上記二つを比較した場合、片や憲法上の疑義を持たれる組織とはいえ一応自衛隊法等の合法的に制御された組織と、一政党から分派して様々な違法行為を行う組織を誕生させた政党の方がよっぽど危険組織であると私は思いますがいかがでしょうか?

合法組織である自衛隊も何時違法行動し国民に銃を向けるか分からない監視するんだ!という意識ならば、各種暴力勢力を生み出した反戦平和活動の尖兵たる共産党こそ監視すべき対象ではないのでしょうか?(既に彼らから派生した過激派は違法行為・暴力行為を継続していますが...)


私は自衛隊は少なくとも法治国家における合法組織だと認識してます。(芦田修正案もありますし....)もし違憲との認識ならばならば、それこそ司法の場において、その決を委ねればいいのではないでしょうか?(日本は法治国家ですので...)


今回の内容はコアすぎるので回答はなかなか厳しいかもしれませんが、全国の私の知人、あるいは職場の同僚等も私の質問にどのように平和委員会が回答してくるか結構興味をもたれているので、是非も回答をお願いいたします。
(ブログで無理ならばメールでもかまいませんのでお願いいたします。)


※ちなみに『もう止めるべきでは?「自衛隊票の争奪戦」―2010年参院選に見る』の7月9日の「ジロ」さんのコメントについてですが、
>>イラクの復興支援に自衛隊が行った時に地元イラクの住民から「来てもらわないほうが良かった」と言われたという報道を見た曖昧な記憶があり、海外に派遣されても地元の方々の都合や生活苦を考えずに、自らの労働時間ばかりを気にして8時間労働をしたあとに、テントの中で筋トレに励むような連中が他国の生活の“復興支援”などといった重要な仕事を行えるのでしょうか?

この記述はメディア報道を基にしたものなのか、伝聞、あるいは現職自衛官からの聞き取りを基にしたものなのかはっきりと分かりません。
一般の方のコメントにあまり注文をつけたくないものですが、少なくとも「報道を見た曖昧な記憶」のものを記述べきではないと思います。

管理者の方もそういった部分はある程度気を使ってコメント等を載せる処置すべきと思います。

以上、毎度の乱筆乱文失礼いたしました。

投稿: ななし | 2010年7月18日 (日) 01時23分

※追加

度々失礼いたします。

前回の私の投稿に対する回答では
「その真意は投稿者に確認したいと思います。」
との7月16日のご回答でしたが...

山田さん
あなたは以下のように文脈を構成してます。

投稿者:
>>先月28日から道央道、岩見沢まで無料になったじゃないですか。早速29日に走ってみたんですが…確かに交通量は少し増えた感じしますが、対向車で自衛隊車両が見ただけで50台以上は道央道走ってましたよ。装甲車も走ってましたし…。

道央道無料は一部以外には全く関係ないから、無駄もいい加減にしてほしいと思いました。


山田さん:
これは実は山田も同じ問題意識をもっていました。

6月29日から数日間、鷹栖インター付近を通ることがしばしばあったのですが、毎回のように自衛隊の車列に遭遇したのです。そのときは「自衛隊も高速使うんだ」と何となく見ていただけでしたが、7月2日に道央道を利用して札幌往復した際も自衛隊車列と何度もすれ違い、なんだかモヤモヤした気持ちになっていました。そこへAさんのメールです。


...つま私の疑問「何が無駄」については貴方文脈上は同じような疑問を持っていたと反応しています。
ならばわざわざ投稿者の真意を確認すするまでもなく
貴方の意見を提示していただければ、当方は一向に構わないわけです。

あなたは、投稿者のメールを部分的に区切るようにし提示し、その部分毎に分けて意見添付しているわけですから、当方の質問にも回答できるものと考えています。


真意不明確なメールを使用し、自己の主張を便乗する形で述べるのは、今後自重していただきたいと思います。しっかりと投稿者の意向をよく吟味してからブログという形で表現していただきたいと思います。

毎回の厳しい意見とは存じますが、一市民の声として参考にしていただければ、幸いです。

投稿: ななし | 2010年7月18日 (日) 01時52分

>ななしさん

確認したい、といくつか質問をされていますが、自衛隊に対する認識はこれまでブログ上で述べてまいりました。改めてくり返すことはいたしません。

また、ななしさんは何か誤認されているようですが、「新左翼」などに対する認識を私たちが問われる覚えはありません。回答はいたしません。

なお、高速道無料化については「自衛隊車両が増えている」という点に対して「同じ問題意識」と述べました。投稿者は一般論として高速道無料化政策を「無駄」と述べているに過ぎず、それは当会の見解ではありません。当会は高速道無料化の可否について判断する意思は現在のところ持ち合わせていません。

以上をもってこれまでの全ての回答とします。
今後同趣旨の質問にたいしては回答しませんので悪しからずご了承ください。

投稿: 山田 | 2010年7月20日 (火) 13時00分

>ななしさん

追記

ジロさんのコメントに対して「一般のかた」とおっしゃってますが、あなたは一般の方ではないのですね。私たちブログ管理者も一般人ですよ。

またあなたがおっしゃるように、一般のかたへのコメントはお控えください。

投稿: 山田 | 2010年7月20日 (火) 13時07分

??

当方も一応「一般のかた」の部類なのですが...。
当方の「一般のかた」とは当ブログにコメントされた管理者以外の一般人を指したものですが、何か表現が不適切だったのでしょうか?

書き込んだ他者へのコメントは今後控えますが、一般ではないかたとはどんな人を言うのですか?
当方しがない会社員(営業職)をしておりますが、会社員は一般人ではなく特殊な人間なのでしょうか??

それとも警察関係者や自衛隊関係者とでも勘違いなされているのでしょうか?
(知り合いに警察官はいますが、共産党関係の知識は大学や知り合いの教授から得た知識なのですが...)

もし「会社員ごとき」が書き込むな!という意味ならば今後控えさせていただきますが...。

正直、趣旨が理解できませんでした。

投稿: ななし | 2010年7月20日 (火) 21時19分

過去に山田さんに失礼な態度でコメントさせていただいた点や、記事とも直接関係のないコメントなのでどうかと思う点もございますが、一つだけ書かせてください。

前々から思っていましたが、ブログという形はどうかと思います。
私の個人的な思い込みですがブログというのはどうも説得力のないように読み取れてしまいます。
また、団体というのに個人的な感情しか読み取れません。

気軽にコメントができるというのもいい点だと思いますが。

私的にはブログではなく、ホームページにするのがよろしいのではないかと思います。

記事と関係ないコメント申し訳ありません。

投稿: 網川健二 | 2010年7月21日 (水) 20時57分

車両に機関銃を搭載及び積載しての走行に関しては、関係する警察署に届け出さえ出せば全く問題ありません。
常識から考えて実弾入ってるわけないのに騒ぐ方も可笑しいかと、だってねぇ。


また高速道路の走行についても時間の制約等の理由で走行する場合もあり、特に内地から北海道に来た部隊は道を知らない関係もあり、高速道路を頻繁に利用します。
いくらなんでも燃料をバカスカ食う高速を好き好んで乗らないですよ。
一般道路走る方が乗ってる方も安全ですしね(特にトラックの荷台)

銃口を向けた云々ですが、昨今入った新隊員は特に『某教員組織の教員の賜物で一般常識に欠けた奴ら』がいると聞きます。

それらがふざけ半分にやったのでしょう。ふざけ半分でも許される行為ではないですが。

ある程度の年代は間違ってもやらないので、恐らくは新隊員かと。

投稿: 山田 | 2010年7月22日 (木) 08時55分

>ななしさん

あなたが「一般の方」と称されていたので、自衛隊関係者かと思いました。別に自衛隊関係者でもどのような方でも悪意ある誹謗中傷以外のコメントは受け付けます。

ななしさんは何度も共産党云々と私たちを共産党と結び付けたいようですが、私たちのメンバーのなかには共産党に関わりのある人もいればそうでない人もいます。共産党や新社会党など護憲諸政党とは協力関係はありますが、個別の政党を支援するような関係は無いと以前も書きました。これ以上、故意に特定政党と結び付けようと言う記述はご遠慮ください。

>網川健二さん

助言、ありがとうございます。
以前はHPも作成していましたが管理に大変なためブログにしています。今後も変更する予定はありません。悪しからずご了承ください。

>山田さん(管理者の山田ではない)

仰るように、実弾が入っていなくても、ふざけ半分でも許される行為ではないと思います。同感です。新隊員ですか。やはり訓練を積んだ隊員さんは、自覚というか、武器に対する危険性の認識をきちんともっておられるのでしょうね。

投稿: 山田 | 2010年7月22日 (木) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/35656400

この記事へのトラックバック一覧です: 【市民の投稿から】市民に銃口を向ける自衛隊員/自衛隊車両の国道移動について:

« 「安保改定50年を問う6・23旭川集会」に100名が参加 | トップページ | もう止めるべきでは?「自衛隊票の争奪戦」―2010年参院選に見る »