« 2010年旭川冬まつり企画展「師団通りを振り返る」 | トップページ | 砂川政教分離訴訟の余波(3):公有地無償貸与は全道195ヶ所 »

2010年2月22日 (月)

あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」

2009年2月18日、あさひかわ9条の会主催「プチ学習会」が行われました。プチ学習会というのは同会会員が講師を務め、それぞれが持っている情報を学びあい共有していこうという学びの場で、「プチ」の名の通り小さいながらも継続的に取り組まれています。

今回のプチ学習会では当会青年部長に講師依頼があり、『「気軽に会員誰もが講師を担おう」という趣旨は大事だし、それなら自分も頑張らないと…と考え、地域平和活動の先輩方のなかで僭越ながら引き受けさせていただいた』(青年部長談)と引き受けることになったそうです。

テーマは「北海道・道北の基地問題を考えよう」で、とくに道北地域での陸上自衛隊第2師団の姿と、その変化に注目し写真やデータ・資料を紹介しながら90分間報告しました。

Img_0319 ■画像処理あり(笑)

このプチ学習会には会員や当会青年部メンバーなど約20名が参加。報告後は活発な意見交換が行われました。意見交換のなかでは積極的な意見・提言が多く出され、講師役を務めた青年部長も「そのとおり。今後の活動に役立てさせてください」と感想を述べていました。

主催者のお一人は、「(報告内容の)進行の構成がとても入りやすくよかったです。身近な騒音問題から、自衛隊の子ども、若者へのリクルート(アメリカの話のよう)今の装備、米軍等との一体化の可能性がデーター、映像でじわじわ実感されてきました。プチ学習会で、会員のみなさまの知識や活動、情報など得意なものを持ち寄る学習会の意義を感じています。たくさんの方に聞いていただいてよかったです」と感想を寄せてくださいました。

今後も地域で憲法9条をまもる取り組みの輪を広げるために、各9条の会と協力・連携し、平和委員会の得手を活かしながら活動をすすめていきたいと思います。

加藤周一のこころを継ぐために (岩波ブックレット) 加藤周一のこころを継ぐために (岩波ブックレット)

著者:井上 ひさし,大江健三郎,梅原 猛
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 2010年旭川冬まつり企画展「師団通りを振り返る」 | トップページ | 砂川政教分離訴訟の余波(3):公有地無償貸与は全道195ヶ所 »

例会・活動報告」カテゴリの記事

在日米軍」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

私の記憶が確かなら(鹿賀丈史風)9条の会といえば確か無防備都市宣言運動をやっている団体と聞いています。

あさひかわ9条の会あるいは旭川平和委員会で、無防備都市宣言に関する活動がございましたらご教示くださいませ

投稿: 田中 | 2010年2月23日 (火) 20時18分

お答えします。

あなたの記憶違いです。
以上。

…以上というのは冗談ですが、本当に記憶違いです。無防備都市宣言の活動をしている人が夫々の9条の会に参加していることはあるかもしれませんが、9条の会の活動内容に無防備都市宣言は必ずしも含まれて居ません。

ネット検索しましたら下記サイトが出てきましたので、自分でご覧になってください。
http://peace.cside.to/

投稿: 山田 | 2010年2月24日 (水) 13時00分

お返事ありがとうございます。
同時に大変失礼いたしました。

無防備地域運動の提唱者は、元日本平和委員会事務局長の林茂夫氏(故人)だったので、旭川平和委員会や9条の会でもなにがしら活動しているものと思っておりました。

投稿: 田中 | 2010年2月24日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/33484509

この記事へのトラックバック一覧です: あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」:

« 2010年旭川冬まつり企画展「師団通りを振り返る」 | トップページ | 砂川政教分離訴訟の余波(3):公有地無償貸与は全道195ヶ所 »