« 2010年1月例会:「米軍基地は撤去された-フィリピンの事例に学ぶ」 | トップページ | 【告知】2010年東アジア共同ワークショップin札幌 »

2010年2月 3日 (水)

【告知】自衛官の人権裁判シンポジウム@3/4札幌

自衛官の人権裁判シンポジウム(3月4日)
~真実を解明し、人間としての尊厳の回復を~

20100129084804


2010年3月4日(木)は、注目すべき2つの自衛隊裁判があります。
1つは、横浜地裁で係属中の海上自衛隊護衛艦「たちかぜ」のいじめ自殺事件について、札幌地裁小樽支部で艦長の証人尋問が行なわれます(午後1時30分~3時)。
もう1つは、札幌地裁で係属中の航空自衛隊基地における女性自衛官セクシュアル・ハラスメント裁判の原告本人尋問です(午前10時30分~午後4時)。いずれも、この日で証拠調べを終え、今後は結審(最終弁論)、判決言い渡しとなる見込みです。
当日は、他の裁判を含め、全国から関係者が札幌・小樽に集結します。折しも、国会では、自衛隊員に対する人権侵害が多発して救済制度の不備が問題になり、「自衛隊オンブズマン制度」の創設が検討され始めています。私たちは、この機会に、裁判の交流と意見交換を行います。ぜひ、自衛隊員の実情を知り、裁判を支援していただきたいと思います。

■日時 3月4日(木)18:30より(開場18:00)

■会場  札幌市教育文化会館 研修室 301
      中央区北1条西13丁目
      東西線西11丁目駅、1番出口から徒歩5分

■資料代  500円

■内容 
1.裁判報告
海自「たちかぜ裁判」弁護団/同支援する会(06年4月提訴)
空自「女性自衛官人権裁判」弁護団/同支援する会(07年5月提訴)
海自「さわぎり裁判」弁護団/同支援する会(08年8月25日勝訴判決)
空自「浜松基地自衛官人権裁判」弁護団/同支援する会(08年4月提訴)

2.パネルディカッション
「これが自衛隊の実態!隊員の人権を守るために何が必要か」

3.今後の活動についての問題提起

■主催  「たちかぜ」裁判弁護団・女性自衛官人権裁判弁護団

■連絡先 女性自衛官人権裁判弁護団(北海道合同法律事務所)
TEL011-231-1888 FAX011-231-3444
札幌市中央区大通西12丁目

----------

市民も自衛官も一緒に考えましょう。
ぜひご参加下さい。

2010年2月3日
旭川平和委員会青年部

自衛隊という密室―いじめと暴力、腐敗の現場から 自衛隊という密室―いじめと暴力、腐敗の現場から

著者:三宅 勝久
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

自衛隊員が死んでいく―“自殺事故”多発地帯からの報告 自衛隊員が死んでいく―“自殺事故”多発地帯からの報告

著者:三宅 勝久
販売元:花伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悩める自衛官―自殺者急増の内幕 悩める自衛官―自殺者急増の内幕

著者:三宅 勝久
販売元:花伝社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 2010年1月例会:「米軍基地は撤去された-フィリピンの事例に学ぶ」 | トップページ | 【告知】2010年東アジア共同ワークショップin札幌 »

催し案内」カテゴリの記事

日本国憲法」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

確かに、以前から自衛隊員に対する人権侵害は色々ありますね~

投稿: 田中 | 2010年2月12日 (金) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/33231939

この記事へのトラックバック一覧です: 【告知】自衛官の人権裁判シンポジウム@3/4札幌:

« 2010年1月例会:「米軍基地は撤去された-フィリピンの事例に学ぶ」 | トップページ | 【告知】2010年東アジア共同ワークショップin札幌 »