« 2010年2月例会:「平和を守る『信教の自由』~砂川政教分離訴訟・最高裁判決」 | トップページ | あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」 »

2010年2月19日 (金)

2010年旭川冬まつり企画展「師団通りを振り返る」

2010年の旭川冬まつりが開催されていましたが、その各種イベントのなかに下記のようなものを見つけました。

企画展「師団通りを振り返る」
主催:NPO法人北鎮友の会
共催:北鎮記念館

しかも「旭川市開村120年記念協賛事業」だといいます。
会期中に一度、見に行ってきました。

旭川冬まつり、今年は演歌歌手ジェロさん効果や侍戦隊シンケンジャーショー効果も相まって史上最高の入場者数になったようです。

自衛隊が作るメインステージの大雪像、今年のテーマは「登竜門」だそうで。

Sn3d1109 ■登竜門の頭部

催し物が書かれている看板で表示を確認。

Sn3d1113

メインステージ前の広場の隅っこにひっそりと立つプレハブ発見。

Sn3d1106

本当に小さいスペースでしたが展示されてました。内容的には旭川駅~ロータリー~旭橋の間を古い写真を紹介したり、歴史的なトピックを紹介する、ちょっと知っておくと嬉しい郷土の歴史トリビアみたいなものかと。室内も狭く、何より外は寒い。ストーブめがけて、勢い「展示を見たいわけでないが休憩場所がほしい」人も来ては休み、申し訳ばかりに展示に目を向け温まって出て行く感。もったいないので、ぜひ北鎮記念館でしばらく展示してはどうでしょうか?

それにしても室内で一番目立ったのは北鎮記念館の宣伝。

さて、主催の「NPO法人北鎮友の会」とは何だろう?と思った方も多いのではないでしょうか?このNPO法人は北鎮記念館移転新築オープンにあわせて地元商工界がつくった市民組織。同記念館オープン直後の2007年6月15日に開催された「北鎮記念館新築移転を記念するあさひかわの歴史を考えるフォーラム」の主催者のなかに名を連ねています。

登記された内容を見ると…

■登記年月日 平成19年4月9日
■法人名 NPO法人 北鎮友の会
■代表者 ●●● ●●(女性の名前)
■住所 旭川市常盤通1丁目道北経済センター2階
■目的 この法人は、北鎮記念館所蔵史料及び纏わる遺構を旭川、北海道の歴史的文化遺産と位置付け、その史料等々の調査・保護を促進することを主眼とし、北鎮記念館を拠点として地域の人々及び国内外の人々に対し、民間・企業・行政が一体となって、北鎮記念館と地域の魅力作りに関する事業の実施、啓蒙活動を促進させる情報配信、事業等を展開し、未来に夢の有る街作りと教育・文化の振興に寄与することを目的とする。

…とあります。代表者は旭川の著名な文学関係者。その筋に詳しい方によれば「取り立てて自衛隊に協力的とかそういうわけではない」とのこと。目的を読めば、まあ納得できますし2008年12月~2009年3月まではスキーを伝えたオーストリア・レルヒ少佐にちなんだ「レルヒ展」なども行っているのですが、その実、目に付くのは北鎮記念館内の売店。この運営は北鎮友の会が行っているのです。

P3090097

どんなものを販売しているかというと…下記ご参照願います。
http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/2d/hokutin2/meika/meika1.html

例えばその名も「北の礎」。これがやや高くて1260円もします。

03262 ■北鎮記念館サイトより転載

この他に戦闘糧食と呼ばれる軍用食料(市販品)や、ゴム鉄砲まで…。

入館者数が大いに伸びて売上も伸びていることでしょうに…。事業収入を活用して、「旭川、北海道の歴史的文化遺産」である「遺構」「史料等々の調査・保護を促進」を大いに行ってほしいと思いますし、売店以外の活動状況を大いに知りたいと希望します。問題意識としては、旧師団の遺構、特に旧官舎がどんどん取り壊されていますので、そういうものの記録を残すべきと考えますがそのような調査はしませんか?ぜひご検討下さい。

Sn3d0252 ■春光地区にて

上は取り壊し直前の旧官舎。増改築されているのでわかりづらいですが、1階部分は面影をとどめています。この建物が建っていた場所は既に新しい建物がたっています。個人所有の旧官舎は時代と共に取り壊されて仕方ありませんが、記録は残したいものです。

聞けば北鎮記念館自身は独自の史料収集活動はしていない、ということなので(館員の広報官から聞いた話)、北鎮友の会の出番のときではありませんか?

|

« 2010年2月例会:「平和を守る『信教の自由』~砂川政教分離訴訟・最高裁判決」 | トップページ | あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」 »

地方自治関係」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/33443890

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年旭川冬まつり企画展「師団通りを振り返る」:

« 2010年2月例会:「平和を守る『信教の自由』~砂川政教分離訴訟・最高裁判決」 | トップページ | あさひかわ9条の会・プチ学習会「北海道・道北の基地問題を考えよう」 »