« ヘリ騒音問題 第5回:「年間504回890時間」―旭川駐屯地のヘリ訓練詳細が判明 | トップページ | ピースエッグ北海道2008が開かれます »

2008年8月13日 (水)

ヘリ騒音問題 番外:「第5回をみての感想」が届きました

旭川市在住のNさんからブログを読んでの感想メールをいただきました。ヘリ騒音問題の第5回のデータを見ての感想です。Nさんの許可をえて、そのまま転載します。

---------------------

Nです。ブログ記事見て思ったので一言コメントです。東京にいたときのことです。

>訓練コース下の住民にとってはいかに昼間だろうと、うるさいと思うのも仕方ないはずです。実際に訓練コース直下(大町)の住人から、「ノイローゼになりそうだ」と飛行時間等を記録したメモが届いています。

実家が空港に近く、YS-11の飛行コースのほぼ真下にありました。空港が近いとは言っても5kmくらいは離れているし、短距離着陸のYS-11だから「ブーン」てな感じで音そのものはたいしたことないけど、テレビは朝の連続ドラマ最中に必ず乱れてけっこう「イラっ!!」としてました。
あと、市民プールがジャンボジェットの着陸コースの直下で、こちらは本気の爆音でしたよ。まあ、こちらについては埋め立て地の遊び場所でしたから飛行機がかっこよかったという記憶ですけど、音はすごかったです。
それから、職安に行ったときに丁度着陸するところに出会ったことがあります。年500回あれを聞きたくはないなぁ。ヘリとは言っても通常は飛行機と同じように徐々に高度を落として着陸するわけだし、発着陸は航空機にとってはもっとも危険な状態にあるわけだから、あんな街中に飛行場があるなんて異常以外の何者でもないと思います。
騒音レベルの測定とか、大町界隈で測定まで行かなくても体験してみるとかできないかなぁ。

にほんブログ村 平和

|

« ヘリ騒音問題 第5回:「年間504回890時間」―旭川駐屯地のヘリ訓練詳細が判明 | トップページ | ピースエッグ北海道2008が開かれます »

地方自治関係」カテゴリの記事

自衛隊」カテゴリの記事

コメント

ヘリの音くらいで騒がんでも・・・空港がある市に居住の住民なら毎日これ以上の爆音聞いてるのに、自衛隊のヘリをわざわざ叩かんでもさ〜

自衛隊のヘリをわざわざ叩くなら航空会社も同じように叩きなさい。

データを調べるとは暇人だね。

旭川大町のゲオ近くに親戚いるから行くけど、騒ぐようなヘリの爆音なんぞ聞かないよ。
これくらいで騒ぎ散らす前に他にやることあるでしょ

投稿: 通りすがり | 2008年9月16日 (火) 19時12分

通りすがりさん、コメントありがとうございます。

私はヘリコース下居住者ですから実感としてわかりますが、民間航空機とヘリでは全然騒音が違います。そこにいままさに住んでいる人の問題として問題提起させてもらっています。大町ゲオ近くのご親戚の家に、夏場1ヶ月とか滞在してみてはいかがでしょうか。何が問題になっているか、一端位はわかると思います。

投稿: 山田 | 2008年9月17日 (水) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/407471/22954586

この記事へのトラックバック一覧です: ヘリ騒音問題 番外:「第5回をみての感想」が届きました:

« ヘリ騒音問題 第5回:「年間504回890時間」―旭川駐屯地のヘリ訓練詳細が判明 | トップページ | ピースエッグ北海道2008が開かれます »