2018年11月14日 (水)

2018年11月14日 「街頭宣伝と表現の自由」学習会を開催

旭川共同行動実行委員会は11月14日、「街頭宣伝と表現の自由」と題した学習会を開催。旭川平和委員会からも複数名が参加しました。

この学習会は、旭川市中心部一条平和通付近での街頭宣伝を行う個人が広がるなか、「許可をとっているのか?」など根拠無く因縁をつける妨害者も現れており、この際、日本国憲法に立ち返り市民が取り組む街頭宣伝活動と憲法や諸法令とのかかわりをどう考えるか、イチから学ぶものです。

46096482_1856300327800842_730355076

講師には旭川弁護士会所属、あかつき法律事務所の畑地弁護士に依頼し引き受けていただきました。

Img_20181114_133402

学習会には市民ら30名が参加。

Img_20181114_133434

1時間の講演のあと、質疑応答を行ったら、たくさんの質問が出され予定時間を10分以上超過し盛況のなか学習会は終了。畑地弁護士には多忙な業務の中、憲法判例集など「線引いて読み込んでいました」(事務所事務員さんの話)と時間をとって準備して頂いたとのこと。充実かつ明快な講演&質疑応答に改めて感謝します。

|

2018年11月13日 (火)

[告知]12月11日(火)夜に「憲法を武器として」旭川講演会開催

旭川平和委員会は12月11日(火)夜6時30分から、「憲法を武器として」旭川講演会として恵庭事件・裁判を描いた映画「憲法を武器として」に出演し、恵庭・長沼裁判に弁護士として携わった内藤功さん(日本平和委員会代表理事)をお招きし、講演会を開催します。

20181211

20181211_2

■内藤功さん(87)

Photo

1931年3月2日生まれ。弁護士。自由法曹団本部常任幹事。日本平和委員会代表理事。元参議院議員(2期)。恵庭事件や砂川事件、長沼ナイキ基地訴訟など憲法裁判で弁護団に関わったほか、恵庭裁判の過程で統幕会議事務局長を法廷で証人喚問、自衛隊による有事研究(三矢研究)を明らかにしたことでも知られる(Wikipediaより引用)。

|

2018年9月 8日 (土)

日米共同訓練ノーザンヴァイパー2018の中止について

2018年9月6日早朝に発生した北海道胆振東部地震にあたり、亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、被災された方々にお見舞い申し上げ、一刻も早い復旧を願います。

また、人命救助および復旧のため昼夜をわかたず働かれている皆様に心から敬意と感謝を申し上げます。

私ども一同も6日以来、停電のなか右往左往し、昨夜旭川市内はようやくほぼ電気が復旧しました(旭川市の発表)。

さて、報道によれば9月10日から29日まで予定されていた日米共同訓練ノーザンヴァイパー2018が、地震の救命・救助活動に全力を挙げるため中止になったと6日に発表されました。緊急時において当然の決断とは思いますが、被災当日に即断された「中止決定」を歓迎します。

陸上自衛隊の「中止」決定プレスリリース
(上記、陸上自衛隊サイトにリンクしています)

いまだ深刻な被害の地域、停電・断水の地域、復旧作業に従事されている方々がおられるなか、国民が力をあわせて復旧に全力を尽くすべく私たちも頑張ります。

(以上、旭川平和委員会事務局)

|

«マクドナルドで「自衛官募集チラシ」を配布!?